9月27日主日のミサ(年間第26主日)

年間第26主日のミサ

〇9月27日(日)午前9時
〇カトリック兵庫教会
〇対象:地域グループ5班、6班、78班

密集・密接を避けるため、ミサに与る人数を制限しています。ご理解ご協力のほどお願いします。

主な注意事項
①必ずマスクを着用しましょう。
②入堂前に検温、お名前の記帳、手の消毒をお願いします。
③聖堂内は間隔をあけて着席しましょう。(緑のテープを背中にして座りましょう)

そのほかの注意事項は下記をご確認ください。

ダウンロード - e3839fe382b5e381abe4b88ee3828b

2020年9月23日 (水)

聖書と典礼(9月27日年間第26主日:使徒パウロのフィリピの教会への手紙)

使徒パウロのフィリピの教会への手紙(フィリピ21-11

〔皆さん、〕あなたがたに幾らかでも、キリストによる励まし、愛の慰め、“霊”による交わり、それに慈しみや憐れみの心があるなら、同じ思いとなり、同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして、わたしの喜びを満たしてください。何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。

《キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、すべての舌が、「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、父である神をたたえるのです。》

 (オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020927より)

2020年9月22日 (火)

聖書と典礼(9月27日年間第26主日:エゼキエルの預言)

エゼキエルの預言(エゼキエル1825-28

〔主は言われる。〕「お前たちは、『主の道は正しくない』と言う。聞け、イスラエルの家よ。わたしの道が正しくないのか。正しくないのは、お前たちの道ではないのか。正しい人がその正しさから離れて不正を行い、そのゆえに死ぬなら、それは彼が行った不正のゆえに死ぬのである。しかし、悪人が自分の行った悪から離れて正義と恵みの業を行うなら、彼は自分の命を救うことができる。彼は悔い改めて、自分の行ったすべての背きから離れたのだから、必ず生きる。死ぬことはない。」

 オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020927より)

2020年9月21日 (月)

カトリック新聞:今週の記事1本(9月20日)

カトリック新聞に掲載されている記事を、毎号につき1本紹介します。

今週の記事 2020年9月20日付(第4544号)

教皇の一般謁見講話
ワクチン開発は 共通善のために
【バチカン9月9日CNS】

以下ご参照ください。

http://www.cwjpn.com/cwjpn/article/index.htm

«9月27日主日のミサ(年間第26主日)