« 年間第2主日 | トップページ | 年間第3主日 »

2006年1月14日 (土)

教会の暦(年間主日について)

年間の教会の暦 (①~⑥のサイクル)

 

 

 

 

 

 

 

 

①待降節

②降誕節

 

 

 

 

⑥年間主日

③年間主日

 

 

 

 

⑤聖週間・

復活節

④四旬節

 

 

 

 

 

 

教会の暦(③年間主日)

1月10日(火)~2月26日(日)

教会の暦③の「年間主日」について

 年間の暦①の待降節に続いて

②降誕節が1月9日で終わり、

1月10日から2月26日の日曜日までの

期間を、「年間主日」と呼んでいます。

 この間の主日(日曜日のミサ)では、

ゆっくりとイエス・キリストの教えや、

愛の生活、わざを味わい、

今日も共にいて私たちに語りかけ、

私たちを支え、いやしてくださっている

この恵みを感謝し、

日々の生活にイエス・キリストを思い、

共に生きていく力を受ける

大切な主日です。

(女子パウロ会発行・

     「カトリックの信仰生活が分かる本」より)

« 年間第2主日 | トップページ | 年間第3主日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。