« 年間第7主日 | トップページ | 灰の水曜日 »

2006年2月24日 (金)

年間第8主日

2月26日に読まれる聖書

2006

解説はこちら

ホセアの預言 (旧約 ホセア2・16b、17b、21-22)

   〔主は言われる

   わたしは、彼女(イスラエル)を〕

16b荒れ野に導き、その心に語りかけよう。

17bそこで、彼女はわたしに答える。

   おとめであったとき

   エジプトの地から上ってきた日のように。

21 わたしは、あなたととこしえの契りを結ぶ。

   わたしは、あなたと契りを結び

   正義と公平を与え、慈しみを憐れむ。

22 わたしはあなたとまことの契りを結ぶ。

   あなたは主を知るようになる。

使徒パウロのコリントの教会への手紙

(新約 コリント3・1b-6)

1b 〔皆さん〕あなたがたへの推薦状、

   あるいはあなたがたからの推薦状が

   わたしたちに必要なのでしょうか。

2  わたしたちの推薦状はあなたがた自身です。

   それは、わたしたちの心に書かれており、

   すべての人々から知られ、読まれています。

3  あなたがたは、キリストがわたし達を用いて

   お書きになった手紙として公にされています。

   墨ではなく生ける神の霊によって、

   石の板ではなく人の心の板に、

   書きつけられた手紙です。

4  わたし達は、キリストによってこのような

   確信を神の前で抱いています。

5  もちろん、独りで何かできるなどと

   思う資格が、自分にあるということでは

   ありません。

   わたしたちの資格は神から与えられた

   ものです。

6  神はわたしたちに、新しい契約に

   仕える資格、文字ではなく

   霊に仕える資格を与えてくださいました。

   文字は殺しますが、霊は生かします。

マルコによる福 (新約 マルコ2.18-22)

18 〔そのとき〕ヨハネの弟子たちとファリサイ派の

   人々は、断食していた。

   そこで、人々はイエスのところに来て言った。

   「ヨハネの弟子達とファリサイ派の弟子達は

   断食しているのに、なぜ、あなたの弟子たちは

   断食しないのですか。」

19 イエスは、言われた。

   「花婿が一緒にいるのに、婚礼の客は

   断食できるだろうか。

   花婿が一緒にいる限り断食は出来ない。

20 しかし、花婿が奪い取られる時が来る。

   その日には、彼らは断食することになる。

21 だれも、織りたての布から布着れを取って、

   古い服に継ぎを当てたりしない。

   そんなことをすれば、新しい布切れが

   古い服を引き裂き、破れはいっそう

   ひどくなる。

22 また、だれも新しいぶどう酒を皮袋を

   破り、ぶどう酒も皮袋もだめになる。

   あたらしいぶどう酒は、新しい皮袋に

   いれるものだ。」  

« 年間第7主日 | トップページ | 灰の水曜日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。