« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月24日 (金)

四旬節第4主日

3月26日に読まれる聖書

2006

解説はこちら

歴代誌 (旧約 歴代誌 下36・14-16 19-23)

   〔その頃、ユダの王ゼデキヤは主の目に悪とされることを

    行った。〕

14 祭司長達のすべても民と共に諸国の民のあらゆる

   忌むべき行いに倣って罪に罪を重ね、

   主が聖別されたエルサレムの神殿を汚した。

15 先祖の神、主は御自分の民と御住まいを憐れみ

   繰り返し御使いを彼らに遣わされたが、

16 彼らは神の御使いを嘲笑い、その言葉を蔑み、

   預言者を愚弄した。

   それゆえ、ついにその民に向かって主の怒りが燃え上がり

   もはや手の施しようがなくなった。

19 神殿には火が放たれ、エルサレムの城壁は

   崩され、宮殿はすべて灰燼に帰し、貴重な品々は

   ことごとく破壊された。

20 剣を免れて生き残った者は捕らえられ、

   バビロンに連れ去られた。

   彼らは、ペルシア王国に覇権が移るまで

   バビロンの王とその王子達の僕となった。

21 こうして主がエレミヤの口を通して

   告げられた言葉が実現しこの地はついに

   安息を取り戻した。

   その荒廃の全期間を通じて地は安息を得、

   七十年の年月が満ちた。

22 ペルシアの王キュロスの第一年のことである。

   主はかつてエレミヤの口を通して約束されたことを

   成就するため、ペルシアのキュロスの心を

   動かされた。

   キュロスは、文書にも記して、国中に次のような

   布告を行き渡らせた。

23 「ペルシアの王キュロスはこう言う。

   天にいます神、主は地上のすべての国を

   私に賜った。

   この主が、ユダのエルサレムにご自分の

   神殿を建てることを私に命じられた。

   あなたたちの中で主の民に属する者は

   だれでも、上っていくがよい。

   神なる主がその物と共にいてくださるように。」

使徒パウロのエフェソの教会への手紙

(新約 エフェソ2・4ー10)

4 〔皆さん〕憐れみ豊かな神は

  わたしたちをこの上なく愛してくださり、

  その愛によって

5 罪のために死んでいた私たちをキリスト共に生かし

  -あなたがたの救われたのは恵みによるのですー。

6 キリスト・イエスによって共に復活させ、

  共に天の王座に着かせてくださいました。

7 こうして、神は、キリスト・イエスにおいて

  私たちにお示しになった慈しみにより、

  その限りなく豊かな恵みを、

  来るべき世に現そうとされたのです。

8 事実、あなたがたは恵みにより

  信仰によって救われました。

  このことは、自らの力によるのではなく、

  神の賜物です。

9 行いによるのではありません。

  それは、だれも誇ることがないためなのです。

10 なぜなら、わたしたちは、神に作られたものであり

   しかも、神が前をもって準備してくださった

   善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。

   わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。

ヨハネによる福音  (新約 ヨハネ3・14-21)

   〔そのとき、イエスはニコデモに言われた。〕

14 「モーセが荒れ野で蛇を上げたように

   人の子も上げられねばならない。

15 それは、信じる者が皆、人の子によって

   永遠の命を得るためである。

16 神は、その独り子をお与えになったほどに

   世を愛された。

   独り子を信じるものが、独りも滅びないで

   永遠の命を得るためである。

17 神が御子を世に遣わされたのは、

   世を裁くためではなく、御子によって

   世が救われるためである。

18 御子を信じる者は裁かれない。

   信じない者はすでに裁かれている。

   神の独り子の名を信じていないからである。

19 光が世に来たのに、人々はその行いが

   悪いので、光よりも闇のほうを好んだ。

   それが、もう裁きになっている。

20 悪を行う者は皆、光を憎み、

   その行いが明るみに出されるのを

   恐れて、光の方に来ないからである。

21 しかし、真理を行う者は

   光のほうに来る。その行いが

   神に導かれてなされたということが

   明らかになるために。」

2006年3月17日 (金)

四旬節第3主日

3月19日に読まれる聖書

2006

解説はこちら

出エジプト記 (旧約 出エジプト20・1-17)

1  〔その日〕神はこれらすべての言葉を

   告げられた。

2  「私は主、あなたの神、あなたをエジプトの

   国、奴隷の家から導き出した神である。

3  あなたには、私をおいてほかに神が

   あってはならない。

   《4 あなたはいかなる像も造ってはならない。

   上は天にあり、下は地にあり、

   また、地の下の水の中にある、

   いかなるものの形も作ってはならない。

5  あなたはそれらに向かってひれ伏したり、

   それらに仕えたりしてはならない。

   わたしは主、あなたの神。

   私は熱情の神である。

   私を否む者には、父祖の罪を子孫に

   三代、四代まで問うが、

6  私を愛し、わたしの戒めを守る者には

   幾千代にも及ぶ慈しみを与える。》

7  あなたの神、主の名をみだりに

   唱えてはならない。

   みだりに、その名を唱える者を主は

   罰せずにはおかれない。

8  安息日を心に留め、これを聖別せよ。

   《9 六日の間働いて、何であれあなたの仕事を

   し、

10 七日めは、あなたの神、主の安息日であるから

   いかなる仕事もしてはならない。

   あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、

   家畜も、あなたの町の門の中に

   寄留する人々も同様である。

11 六日の間に主は天と地と海と

   そこにあるすべてのものを造り、

   七日めに休まれたから、

   主は安息日を祝福して

   聖別されたのである。

12 あなたの父母を敬え。

   そうすればあなたは、あなたの神

   主が与えられる土地に長く生きることが

   できる。

13 殺してはならない。

14 姦淫してはならない。

15 盗んではならない。

16 隣人に関して、偽証してはならない。

17 隣人の家を欲してはならない。

   隣人の妻、男女の奴隷、牛、ろばなど

   隣人の物を一切欲してはならない。」

使徒パウロのコリントの教会への手紙

(新約 コリント1・22-25)

22 〔皆さん〕ユダヤ人はしるしを求め、

   ギリシア人は知恵を探しますが、

23 私たちは、十字架につけられた

   キリストを宣べ伝えています。

   すなわち、ユダヤ人には

   つまづかせるもの、

   異邦人には愚かなものですが

24 ユダヤ人であろうがギリシア人であろうが

   召されたものには、神の力、神の知恵である

   キリストを宣べ伝えているのです。

25 神の愚かさは人よりも賢く、

   神の弱さは人よりも強いからです。

ヨハネによる福音  (新約 ヨハネ2・13-25)

13 ユダヤ人の過越祭がちがづいたので、

   イエスはエルサレムへ上って行かれた。

14 そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている

   者たちと、座って両替している者たちを

   ご覧になった。

15 イエスは、縄でむちを作り、羊や牛をすべて

   境内から追い出し、両替人の金を

   撒き散らし、その台を倒し、

16 鳩を売る者たちに言われた。

   「このような物はここから運び出せ。

   わたしの父の家を商売の家としてはならない。」

17 弟子たちは、「あなたの家を思う熱意が私を

   食い尽くす」と、書いてあるのを

   思い出した。

18 ユダヤ人たちは、イエスに、

   「あなたは、こんなことをするからには、

   どんなしるしを私たちに見せるつもりか」

   と言った。

19 イエスは、答えて言われた。

   「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる」

20 それでユダヤ人たちは、

   「この神殿は建てるのに46年もかかったのに、

   あなたは、三日で建て直すのか。」

   と言った。

21 イエスの言われる神殿とは、御自分の体の

   ことだったのである。

22 イエスが死者の中から復活された時、

   弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、

   聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。

23 イエスは過越祭の間エルサレムにおられたが

   そのなさったしるしを見て、

   多くの人がイエスの名を信じた。

24 しかし、イエス自身は彼らを信用されなかった。

  それは、すべての人のことを知っておられ

25 人間について誰からも証ししてもらう必要が

   なかったからである。

   イエスは、何が人間の心の中にあるかをよく知って

   おられたのである。

2006年3月13日 (月)

四旬節

1年間の教会の暦 (①~⑥のサイクル)

 

 

 

 

 

 

 

 

①待降節

②降誕節

 

 

 

 

⑥年間主日

③年間主日

 

 

 

 

⑤聖週間・

復活節

④四旬節

 

 

 

 

 

 

教会の暦 ④ 四 旬 節

3月1日(水)   灰の水曜日

3月1日

 ~4月13日日没まで  四旬節

灰の水曜日と四旬節について

 教会の暦は、2月28日で年間主日

(前半)が終わり3月1日から四旬節

が始まりました。

 四旬節というのは、40日間という意

味で復活祭前40日をさします。(日曜

日は入れない)

この40という数字には聖書の中で

特別な意味がありますが、その中の

1つに“イエス・キリストが荒れ野で40

日間断食をした“という記述があり、

このことから40日間の断食という

習慣が生まれました。

 四旬節の始まりの3月1日は「灰の

水曜日」という特別な典礼が行われま

した。灰(前年の「枝の主日」という典礼

で祝別された枝で作ったもの)を回心の

しるしとして信者一人一人の頭か額に

かける「灰の式」という典礼です。また、

この日は、大斎・小斎(昼食は普通に

取り、朝ともう一回は少々。肉類は食

べない)といってキリストの断食を思い

起こし食事の犠牲をします。

 復活祭(イースター)は、「イエス・キリ

ストの復活」を記念する最も重要な祭日

です。復活祭前の40日間は古くから復

活祭に洗礼を受ける人々の準備の期間

です。また、すでに洗礼を受けた信者も

祈りや食事の節制などをして回心につと

め復活祭を迎える準備をします。

2006年3月11日 (土)

四旬節第2主日

3月12日に読まれる聖書

2006

解説はこちら

創世記 (旧約 創世記22・1-2 9a 10-13、15-18)

1  〔その日〕神はアブラハムを試された。

   神が、「アブラハムよ」と呼びかけ、

   彼が、「はい」と、答えると、

2  神は命じられた。

   「あなたの息子、あなたの愛する独り子

   イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。

   私が命じる山の一つに登り、彼を焼き尽くす

   献(ささ)げものとして、ささげなさい。」

9a 神が命じられた場所に着くと、

   アブラハムはそこに祭壇を築き、

   薪を並べた。

10 そしてアブラハムは、手を伸ばして刃物を

   取り、息子を屠(ほふ)ろうとした。

11 そのとき、天から主の御使いが、

   「アブラハム、アブラハム」と呼びかけた。

   彼が、「はい」と答えると、

12 御使いは言った。

   「その子に手を下すな。何もしてはならない。

   あなたが神を畏れる者であることが、

   今、分かったからだ。

   あなたは、自分の独り子である息子すら

   わたしにささげることを惜しまなかった。」

13 アブラハムは目を凝らして見回した。

   すると、後ろの木の茂みに一匹の

   雄羊が角をとられていた。

   アブラハムは行ってその雄羊を捕まえ、

   息子の代わりに焼き尽くすささげ物として

   ささげた。

15 主の御使いは、再び天からアブラハムに

   呼びかけた。

16 御使いは言った。

   「わたしは自らにかけて誓う、と主は言われる。

   あなたがこの事を行い、自分の独り子である

   息子すら惜しまなかったので、

17 あなたを豊かに祝福し、あなたの子孫を

   天の星のように、海辺の砂のように増やそう。

   あなたの子孫は敵の城門を勝ち取る。

18 地上の諸国民はすべて、あなたの子孫に

   よって祝福を得る。

   あなたの子孫によって祝福を得る。

   あなたがわたしの声に聞き従ったからである。

使徒パウロのローマの教会への手紙

(新約 ローマ8・31b-34)

31b 〔みなさん〕もし神がわたしたちの味方であるならば、

    だれがわたしたちに敵対できますか。

32  わたしたちすべてのために、その御子をさえ

    惜しまず死に渡された方は、

    御子と一緒にすべてのものをわたしたちに

    賜らないはずがありましょうか。

33  だれが神に選ばれた者たちを訴えるでしょう。

    人を義としてくださるのは神なのです。

34  だれがわたしたちを罪に定めることが

    できましょう。

    死んだ方、否、むしろ、復活させられた方である

    キリスト・イエスが、神の右の座に座っていて

    わたしたちのために取り成してくださるのです。

マルコによる福  

(新約 マルコ9・2-10)

2  〔そのとき〕イエスは、ただペトロ、ヤコブ、

   ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。

   イエスの姿が彼らの目の前で変わり、

3  服は真っ白に輝き、この世のどんな

   さらし職人の腕も及ばぬほど白くなった。

4 エリヤがモーセと共に現れて、

  イエスと語り合っていた。

5 ペトロが口をはさんでイエスに言った。

  「先生、わたしたちがここにいるのは、

  素晴らしいことです。

  仮小屋を三つ建てましょう。

  ひとつはあたなのため、

  一つはモーセのため

  一つはエリヤのためです。」

6 ペトロは、どう言えばよいのか、

  分からなかった。

  弟子たちは非常に恐れていたのである。

7 すると、雲が現れて彼らを覆い、

  雲の中から声がした。

  「これは、わたしの愛するいとし子。

  これに聞け。」

8 弟子たちは、急いで辺りを見回したが、

  もはやだれも見えず、ただイエスだけが

  彼らと一緒におられた。

9 一同が山を下りるとき、イエスは

  「人の子が死者の中から復活するまでは、

  今見たことを誰にも話してはいけない」

  と弟子たちに命じられた。

10 彼らは、この言葉を心に留めて、

   死者の中から復活するとはどういうことか

   と論じ合った。

3月のミサの予定

ミサ

の時間

典礼・暦

1

19:00~

灰の水曜日(大斎・小斎)

2

7:00~

3

19:00~

4

7:00~

5

9:30~

四旬節第1主日

6 

7:00~

7

7:00~

8

7:00~

9

7:00~

10

19:00~

11

7:00~

12

9:30~

15:00~

四旬節第2主日

ポルトガル語ミサ

13

7:00~

14

7:00~

15

7:00~

16

7:00~

17

19:00~

18

7:00~

 19

9:30~

四旬節第3主日

20

7:00~

聖ヨセフ 祭

21

7:00~

教区召命の日

22

7:00~

23

7:00~

24

19:00~

ベトナム語ミサ

25

7:00~

神のお告げ 祭

26

9:30~

四旬節第4主日

こどもと共に捧げるミサ

27

7:00~

    28

7:00~

29

7:00~

30

7:00~

31

19:00~

*平日のミサは、神父の都合により変更される場合があります。

3月の行事予定(ミサ以外)

行事・其の他      

1

18:00~ 詩吟教室(地域)

2

10:00~ 聖書を楽しむ会  

19:00~「A.A」会合

3

19:30~聖書を楽しむ会

4

教会掃除

13:30~のばらコーラス

19:00~BPダンス

15:00~「祈りと生活の作業場」

5

小教区評議会

6 

13:30~「A.A」会合

18:00~書道教室(地域)

7

9:30~ふれあい喫茶

17:30~「アラノン」会合

8

18:00~ 詩吟教室(地域)

9

10:00~ 聖書を楽しむ会

19:00~「A.A」会合

10

14:00~夜回り「おにぎり作り」

19:30~聖書を楽しむ会

11

教会掃除

13:30~のばらコーラス

15:00~「祈りと生活の作業場」

12

黙想会

13

13:30~「A.A」会合

18:00~書道教室(地域)

14

9:30~ふれあい喫茶

17:30~「アラノン」会合

15

18:00~ 詩吟教室(地域)

16

10:00~ 聖書を楽しむ会

19:00~「A.A」会合

17

19:30~聖書を楽しむ会

18

教会掃除

13:30~のばらコーラス

19:00~BPダンス

15:00~「祈りと生活の作業場」

9

「お米一握り運動・5円ランチ募金」の日

初聖体の勉強会 / 信仰育成の集まり

14:00~囲碁同好会

20

13:30~「A.A」会合

18:00~書道教室(地域)

21

ふれあい喫茶は休み

17:30~「アラノン」会合

22

18:00~ 詩吟教室(地域)

23

10:00~ 聖書を楽しむ会

19:00~「A.A」会合

24

19:30~聖書を楽しむ会

25

教会掃除

13:30~のばらコーラス

15:15~「祈りと生活の作業場」

26

「子ども会保護者会」

典礼の集まり

27

13:30~「A.A」会合

18:00~書道教室(地域)

 28

9:30~ふれあい喫茶

17:30~「アラノン」会合

29

18:00~ 詩吟教室(地域)

30

10:00~ 聖書を楽しむ会

19:00~「A.A」会合

31

19:30~聖書を楽しむ会

2006年3月 4日 (土)

四旬節第1主日

3月5日によまれる聖書

2006

解説はこちら

創世記  (旧約 創世記 9・8-15)

8  神はノアと彼の息子たちに言われた。

9  「わたしは、あなたたちと、

そして後に続く子孫と、

契約を立てる。

あなたたちと共にいる

   すべての生き物、またあなたたちと

   共にいる鳥や家畜や地のすべての獣など、

   箱舟から出たすべてのもののみならず、

   地のすべての獣と契約を立てる。

11 私があなたたちと契約を立てたならば、

   二度と洪水によって肉なるものがことごとく

   滅ぼされることはなく、洪水が起こって

   地を滅ぼされることもけっしてない。」

12 更に神は言われた。

   「あなたたちならびにあなたたちと共に

   いるすべての生き物と、代々とこしえに

   私が立てる契約のしるしはこれである。

13 すなわち、わたしは雲の中にわたしの

   虹を置く。

   これは、私と大地の間に立てた契約のしるしとなる。

14 わたしが地の上に雲を沸き起こらせ、

   雲の中に虹が現れると、

15 わたしは、わたしとあなたたちならびに

   すべての生き物、すべて肉なるものとの間に立てた

   契約に心を留める。

   水が洪水となって、肉なるものすべて

   滅ぼすことは決してない。」

使徒ペトロの手紙  (新約 ペトロ3・18-22)

18 〔愛するみなさん、キリストは〕

   罪のためにただ一度苦しまれました。

   正しい方が、正しくない者たちのために

   苦しまれたのです。

   あなたがたを神のもとへ導くためです。

   キリストは、肉では死に渡されましたが、

   霊では生きるものとされたのです。

19 そして、霊においてキリストは

   捕らわれていた霊たちの所へ

   行って宣教されました。

20 この霊たちは、ノアの時代に箱舟が

   作られていた間、神が忍耐して

   待っておられたのに従わなかった者です。

   この箱舟に乗り込んだ数人、

   すなわち八人だけが水の中を通って

   救われました。

21 この水で前もって表された洗礼は、

   今やイエス・キリストの復活によって

   あなたがたをも救うのです。

   洗礼は、肉の汚れを取り除くことでは

   なくて、神に正しい良心を願い求める

   ことです。

22 キリストは、天に上って神の右におられます。

   天使、また権威や勢力キリストの支配に服して

   いるのです。

マルコによる福音  (新約 マルコ1・12-15)

12 〔その時〕”霊”はイエスを荒れ野に

   送り出した。

13 イエスは四十日間そこにとどまり、

   サタンから誘惑を受けられた。

   その間、野獣と一緒におられたが、

   天使たちが仕えていた。

14 ヨハネが捕らえられた後、

   イエスはガリラヤへ行き、

   神の福音を宣べ伝えて、

15 「時は満ち、神の国は近づいた。

   悔い改めて福音を信じなさい」

   と言われた。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »