« 四旬節 | トップページ | 四旬節第4主日 »

2006年3月17日 (金)

四旬節第3主日

3月19日に読まれる聖書

2006

解説はこちら

出エジプト記 (旧約 出エジプト20・1-17)

1  〔その日〕神はこれらすべての言葉を

   告げられた。

2  「私は主、あなたの神、あなたをエジプトの

   国、奴隷の家から導き出した神である。

3  あなたには、私をおいてほかに神が

   あってはならない。

   《4 あなたはいかなる像も造ってはならない。

   上は天にあり、下は地にあり、

   また、地の下の水の中にある、

   いかなるものの形も作ってはならない。

5  あなたはそれらに向かってひれ伏したり、

   それらに仕えたりしてはならない。

   わたしは主、あなたの神。

   私は熱情の神である。

   私を否む者には、父祖の罪を子孫に

   三代、四代まで問うが、

6  私を愛し、わたしの戒めを守る者には

   幾千代にも及ぶ慈しみを与える。》

7  あなたの神、主の名をみだりに

   唱えてはならない。

   みだりに、その名を唱える者を主は

   罰せずにはおかれない。

8  安息日を心に留め、これを聖別せよ。

   《9 六日の間働いて、何であれあなたの仕事を

   し、

10 七日めは、あなたの神、主の安息日であるから

   いかなる仕事もしてはならない。

   あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、

   家畜も、あなたの町の門の中に

   寄留する人々も同様である。

11 六日の間に主は天と地と海と

   そこにあるすべてのものを造り、

   七日めに休まれたから、

   主は安息日を祝福して

   聖別されたのである。

12 あなたの父母を敬え。

   そうすればあなたは、あなたの神

   主が与えられる土地に長く生きることが

   できる。

13 殺してはならない。

14 姦淫してはならない。

15 盗んではならない。

16 隣人に関して、偽証してはならない。

17 隣人の家を欲してはならない。

   隣人の妻、男女の奴隷、牛、ろばなど

   隣人の物を一切欲してはならない。」

使徒パウロのコリントの教会への手紙

(新約 コリント1・22-25)

22 〔皆さん〕ユダヤ人はしるしを求め、

   ギリシア人は知恵を探しますが、

23 私たちは、十字架につけられた

   キリストを宣べ伝えています。

   すなわち、ユダヤ人には

   つまづかせるもの、

   異邦人には愚かなものですが

24 ユダヤ人であろうがギリシア人であろうが

   召されたものには、神の力、神の知恵である

   キリストを宣べ伝えているのです。

25 神の愚かさは人よりも賢く、

   神の弱さは人よりも強いからです。

ヨハネによる福音  (新約 ヨハネ2・13-25)

13 ユダヤ人の過越祭がちがづいたので、

   イエスはエルサレムへ上って行かれた。

14 そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている

   者たちと、座って両替している者たちを

   ご覧になった。

15 イエスは、縄でむちを作り、羊や牛をすべて

   境内から追い出し、両替人の金を

   撒き散らし、その台を倒し、

16 鳩を売る者たちに言われた。

   「このような物はここから運び出せ。

   わたしの父の家を商売の家としてはならない。」

17 弟子たちは、「あなたの家を思う熱意が私を

   食い尽くす」と、書いてあるのを

   思い出した。

18 ユダヤ人たちは、イエスに、

   「あなたは、こんなことをするからには、

   どんなしるしを私たちに見せるつもりか」

   と言った。

19 イエスは、答えて言われた。

   「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる」

20 それでユダヤ人たちは、

   「この神殿は建てるのに46年もかかったのに、

   あなたは、三日で建て直すのか。」

   と言った。

21 イエスの言われる神殿とは、御自分の体の

   ことだったのである。

22 イエスが死者の中から復活された時、

   弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、

   聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。

23 イエスは過越祭の間エルサレムにおられたが

   そのなさったしるしを見て、

   多くの人がイエスの名を信じた。

24 しかし、イエス自身は彼らを信用されなかった。

  それは、すべての人のことを知っておられ

25 人間について誰からも証ししてもらう必要が

   なかったからである。

   イエスは、何が人間の心の中にあるかをよく知って

   おられたのである。

« 四旬節 | トップページ | 四旬節第4主日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。