« 年間第33主日 | トップページ | 12月の行事予定(ミサ以外) »

2006年11月25日 (土)

王であるキリスト

200611261_3 11月26日に読まれる聖書

ダニエルの預言 (旧約 7・13-14)

13 夜の幻をなお見ていると、

   見よ、「人の子」のような者が天の

   雲に乗り

   「日の老いたる者」の前に来て、

   そのもとに進み、

14 権威、威光、王権を受けた。

   諸国、諸族、諸言語の民は皆

   彼に仕え

   彼の支配はとこしえに続き

   その統治は滅びることがない。

ヨハネの黙示 (新約 黙示録 1・5-8)

5 証人〔であり〕誠実な方、死者の中から、

  最初に復活した方、地上の王たちの

  支配者、イエス・キリストから恵みと

  平和があなたがたにあるように。

  わたしたちを愛し、御自分の血によって

  罪から解放してくださった方に、

6 わたしたちを王とし、ご自身の父である

  神に仕える祭司としてくださった方に、

  栄光と力が世々限りなくありますように、

  アーメン。

7 みよ、その方が雲に乗ってこられる。

  すべての人の目が彼を仰ぎ見る、

  ことに、彼を突き刺した者どもは

  地上の諸民族は皆、彼のために嘆き悲しむ。

  然り、アーメン。

8 神である主、今おられ、かつておられ、

  やがて来られる方、全能者がこう言われる。

  「わたしはアルファであり、オメガである。」

ヨハネによる福音 (新約 ヨハネ 18・33b-37)

33b〔その時ピラトはイエスに〕

   「お前がユダヤ人の王なのか」

   と言った。

34 イエスはお答えになった。

   「あなたは自分の考えで、

   そういうのですか。それとも、ほかの者が

   私についてそう言ったのですか。」

35 ピラトは、言い返した。

   「わたしはユダヤ人なのか。お前の同胞や

   祭司長たちが、お前を引き渡したのだ。

   いったい何をしたのか。」

36 イエスはお答えになった。

   「わたしの国は、この世には属していない。

   もし、わたしの国がこの世に属していれば、

   わたしがユダヤ人に引き渡されないように、

   部下が戦ったことだろう。

   しかし、実際、わたしの国はこの世には

   属していない。」

37 そこでピラトが、「それでは、やはり王なのか」

   と言うと、イエスはお答えになった。

   「わたしが王だとはあなたが言っていることです。

   わたしは真理について証しをするために生まれ、

   そのためにこの世に来た。

   真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」

« 年間第33主日 | トップページ | 12月の行事予定(ミサ以外) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。