« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月26日 (木)

復活節第4主日

4月29日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

使徒たちの宣教 (使徒言行録 13・14、43-52)

14 〔その日〕パウロとバルバナは

   ペルゲから進んで、ピシディア州の

   アンティオキアに到着した。

   そして、安息日に会堂に入って

   席に着いた。

43 集会が終わってからも、多くのユダヤ人と

   神をあがめる改宗者とがついて来たので、

   二人は彼らと語り合い、神の恵みの下に

   生き続けるように勧めた。

44 次の安息日になると、ほとんどの町中の

   人が主の言葉を聞こうとして集まってきた。

45 しかし、ユダヤ人はこの群衆を見てひどくねたみ、

   口汚くののしって、パウロの話すことに

   反対した。

46 そこで、パウロとバルバナは勇敢に語った。

   「神の言葉は、まずあなたがたに語られるはずでした。

   だが、あなたはそれを拒み、自分自身を

   永遠の命を得るに値しない者にしている。

   見なさい、わたしたちは異邦人の方に行く。

47 主はわたしたちにこう命じられておられるからです。

   『わたしは、あなたを異邦人の光と定めた。

   あなたが、地の果てにまでも救いをもたらすために』」

48 異邦人達はこれを聞いて喜び、

   主の言葉を賛美した。

   そして、永遠の命を得るように定められている

   人は皆、信仰に入った。

49 こうして、主の言葉はその地方全体に広まった。

50 ところが、ユダヤ人は、神をあがめる貴婦人達や

   町の主だった人々を扇動して、

   パウロとバルナバを迫害させ、

   その地方から二人を追い出した。

51 それで、二人は彼らに対して、足の塵を払い

   落とし、イコニオンに行った。

52 他方、弟子たちは喜びと聖霊に満たされていた。

ヨハネの黙示 (新約 黙示録 7・9、14-17)

9 わたし(ヨハネ)が見ていると、見よ、あらゆる国民、

  種族、民族言葉の違う民の中から集まった、

  誰にも数え切れないほどの大群衆が、

  白い衣を身につけ、手になつめやしの枝を

  持ち、玉座の前と子羊の前に立っていた。

14 〔長老一人が〕わたしに言った。

   「彼らは大きな苦難を通ってきた者で、

   その衣を子羊の血で洗って白くしたのである。

15 それゆえ、彼らは神の玉座の前にいて、

   昼も夜もその神殿で神に仕える。

   玉座に座っておられる方が、この者達の

   上に幕屋を張る。

16 彼らは、もはや飢えることも渇くこともなく、

   太陽も、どのような暑さも、彼らを襲うことはない。

17 玉座の中央におられる、子羊が彼らの牧者となり、

   命の水へ導き、神が彼らの目から涙をことごとく

   ぬぐわれるからである。」

ヨハネによる福音 (新約ヨハネ10・27-30)

  〔そのとき、イエスは言われた。〕

27 「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。

   わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに

   従う。

28 わたしは彼らに永遠の命を与える。

   彼らは決して滅びず、だれも彼らを

   わたしの手から奪うことはできない。

29 わたしの父がわたしにくださったものは、

   すべてのものより偉大であり、

   だれも父の手から奪うことはできない。

30 わたしと父は一つである。」

2007年4月19日 (木)

復活節第3主日

4月22日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

使徒たちの宣教 (使徒言行録 5・27-32、40-41)

27 〔その日、大祭司は使徒たちに〕

   尋問した。

28 「あの名によって教えてならないと、

   厳しく命じておいたではないか。

   それなのに、お前たちは

   エルサレム中に自分の教えを

   広め、あの男の血を流した責任を我々に

   負わせようとしている。」

29 ペトロとほかの使徒たちは答えた。

   「人間に従うよりも、神に従わなくては

   なりません。

30 わたしたちの先祖の神は、あなたがたが

   木につけて殺したイエスを復活させられました。

31 神はイスラエルを悔い改めさせ、

   その罪を赦すために、この方を導き手とし、

   救い主として、御自分の右に上げられました。

32 わたしたちはこの事実の証人であり、

   また、神がご自分に従う人々にお与えになった

   聖霊も、このことを証ししておられます。」

40 〔議員たちは、〕イエスの名によって

   話してはならないと、命じたうえ、

   〔使徒たちを〕釈放した。

41 それで使徒たちは、イエスの名のために

   辱められるほどの者にされたことを

   喜び、最高法院から出て行った。

ヨハネの黙示 (新約 ヨハネ 5・11-14)

11 わたし〔ヨハネ〕は見た。

   そして、玉座と生き物と長老たちとの周りに、

   多くに天使を聞いた。

   その数は万の数万倍、千の数千倍であった。

12 天使たちは、大声でこう言った。

   「屠られた子羊は、力、富、知恵、威力

   誉れ、栄光、そして賛美を受けるに

   ふさわしい方です。」

13 また、わたしは、天と地の下と海にいる

   すべての被造物、そして、そこにいる

   あらゆるものがこう言うのを聞いた。

   「玉座に座っておられる方と、

   子羊とに、賛美、誉れ、栄光、

   そして権力が、世々限りなくありますように。」

14 四つの生き物は「アーメン」と言い、長老たちは

   ひれ伏して礼拝した。

ヨハネによる福音 (新約 ヨハネ21・1-19)

1 その後、イエスはティベリウス湖畔で、

  また弟子たちにご自身を現された。

  その次第はこうである。

2 シモン・ペトロ・ディディモと呼ばれるトマス、

  ガリラヤのカナ出身のナタナエル・ゼベダイの子たち、

  それにほかの二人の弟子が一緒にいた。

3 シモン・ペトロが、「わたしは漁に行く」

  と、言うと、彼らは、

  「わたしたちも一緒に行こう」

  と言った。

  彼らは出て行って、舟に乗り込んだ。

  しかし、その夜は何もとれなかった。

4 既に夜が明けた頃、イエスが岸に立っておられた。

  だが、弟子たちは、それがイエスだとは分からなかった。

5 イエスが「子たちよ、何か食べるものがあるか」

  と言われると、彼らは、「ありません」

  と答えた。

6 イエスは言われた。

  「舟の右側に網を打ちなさい。

  そうすればとれるはずだ。」

  そこで、網を打ってみると、魚があまり多くて、

  もはや網を引き上げることが出来なかった。

7 イエスの愛しておられたあの弟子ペトロに、

  「主だ」と言った。

  シモン・ペトロは「主だ」と聞くと、

  裸同然だったので、上着をまとって

  湖に飛び込んだ。

8 ほかの弟子たちは、魚のかかった網を引いて、

  舟で戻って来た。

  陸から200ペキスばかりしか離れて

  いなかったのである。

9 さて、陸から上がってみると、炭火がおこしてあった。

  その上に魚がのせてあり、パンもあった。

10 イエスが「今とった魚を何匹か持ってきなさい。」

   と言われた。

11 シモン・ペトロが舟に乗り込んで網を陸に

   引き上げると、153匹もの大きな魚でいっぱいであった。

   それほど多く取れたのに、網は破れていなかった。

12 イエスは「さあ、来て、朝の食事をしなさい」

   と言われた。

   弟子たちは、だれも、、「あなたはどなたですか」

   と問いただそうとはしなかった。

   主であることを知っていたからである。

13 イエスは来て、パンの取って、弟子たちに与えられた。

   魚も同じようにされた。

14 イエスが死者の中から復活した後、弟子たちに

   現れたのはこれでもう三度目である。

  《15 食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに

  「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを

  愛しているか」と言われた。

  ペトロが「はい、主よわたしがあなたを愛していることは

  あなたがご存知です。」というと、

  イエスは、「わたしの子羊を飼いなさい」

  と言われた。

16 二度目にイエスは言われた。

   「ヨハネの子シモン、私を愛しているか。」

   ペトロが、「はい、主よわたしがあなたを

   愛していることは、あなたがご存知です。」

   と言うと、イエスは、

   「わたしの羊を世話しなさい」と言われた。

17 三度目にイエスは言われた。

   「ヨハネのシモン、わたしを愛しているか。」

   ペトロは、イエスが三度も、

   「私を愛しているかと」言われたので、

   悲しくなった。

   そして、言った。

   主よ、あなたは何もかもご存知です。

   わたしがあなたをあいしていることを、

   あなたはよく知っておられます。」

   イエスは言われた。

   「わたしの羊を飼いなさい。

18 はっきり言っておく。

   あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、

   行きたいところへ行っていた。

   しかし、年をとると、両手を伸ばして、

   他の人に帯を締められ、行きたくないところへ

   連れて行かれる。

19 ペトロが、どのような死に方で、神の栄光を

   現すようになるかを示そうとして、

   イエスはこう言われたのである。

   このように話してから、

   ペトロに、「わたしに従いなさい」

   と言われた。》

2007年4月12日 (木)

復活節第2主日

4月15日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

使徒たちの宣教 (旧約 使徒言行録 5・12-16)

12 使徒たちの手によって、多くのしるしと

   不思議な業とが民衆の間で行われた。

   一同は心を一つにしてソロモンの回廊に

   集まっていたが、

13 ほかの者は誰一人、あえて仲間に

   加わろうとはしなかった。

   しかし、民衆は彼らを称賛していた。

14 そして、多くの男女が主を信じ、

   その数はますます増えていった。

15 人々は病人を大通りに運び出し、

   担架や床に寝かせた。

   ペトロが通りかかるとき、せめて

   その影だけでも病人のだれかに

   かかるようにした。

16 また、エルサレム付近の町からも、群衆が

   病人の汚れた霊に悩まされている人々を

   連れて集まって来たが、一人も残らず

   いやしてもらった。

ヨハネの黙示 

(新約 黙示録1・9-11、12-13、17-19)

9 わたし〔ヨハネ〕は、あなたがたの兄弟であり、

  共にイエスと結ばれて、その苦難、支配、

  忍耐にあずかっている〔者〕である。

  わたしは、神の言葉とイエスの証のゆえに

  パトモスと呼ばれる島にいた。

10 ある主の日のこと、わたしは”霊”にみたされて

   いたが、後ろの方でラッパのように

   響く大声を聞いた。

11 その声は、こう言った。

   「あなたの見ていることを巻物に

   書いて、〔アジア州にある〕七つの

   教会に送れ。」

12 わたしは、語りかける声の主を

   見ようと振り向いた。

   振り向くと、七つの金の燭台が見え、

13 燭台の中央には、人の子のような方がおり、

   足まで届く衣を着て、胸には金の帯を締めて

   おられた。

17 わたしは、その方を見ると、その足もとに

   倒れて、死んだようになった。

   すると、その方は、右手をわたしの

   上において言われた。

   「恐れるな。わたしは最初の者にして、

   最後の者、

18 また、生きている者である。

   一度は死んだが、見よ、世々限りなく

   生きて、死と陰府の鍵を持っている。

19 さあ、見たことを、今あることを、

   今後起ころうとしていることを

   書き留めよ。」

ヨハネによる福音 (新約 ヨハネ20・19-31)

19 その日、すなわち週の初めの日の夕方、

   弟子たちはユダヤ人を恐れて、

   自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。

   そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、

   「あなたがたに平和があるように」

   と言われた。

20 そう言って、手とわき腹をお見せになった。

   弟子たちは、主を見て喜んだ。

21 イエスは重ねて言われた。

   「あなたがたに平和があるように。

   父がお遣わしになったように、

   わたしもあなたがたを遣わす。」

22 そう言ってから、彼らに息を吹きかけて

   言われた。

   「聖霊を受けなさい。

23 だれの罪でも、あなたがたが赦せば、

   その罪は赦される。

   だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、

   赦されないまま残る。」

24 十二人の一人で、ディディモと呼ばれる

   トマスは、イエスが来られたとき、

   彼らと一緒にいなかった。

25 そこで、ほかの弟子達が、

   「わたしたちは主を見た」

   と言うと、トマスは言った。

   「あのかたの手に釘の跡を見、

   この指を釘跡に入れてみなければ、

   また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、

   わたしは、決して信じない。」

26 さて、八日の後、弟子たちはまた、家の中におり、

   トマスも一緒にいた。

   戸にはみな鍵がかけてあったのに、

   イエスが来て真ん中に立ち、

   「あなたがたに平和があるように」

   と言われた。

27 それから、トマスに言われた。

   「あなたの指をここに当てて、

   わたしの手を見なさい。

   また、あなたの手を伸ばし、

   わたしのわき腹に入れなさい。

   信じないものではなく、

   信じるものになりなさい。」

28 トマスは答えて、

   「わたしの主、わたしの神よ」

   と言った。

29 イエスはトマスに言われた。

   「わたしを見たから信じたのか、

   見ないのに信じる人は幸いである。」

30 このほかにも、イエスは弟子達の前で

   多くのしるしをなさったが、

   それはこの書物に書かれていない。

   これらのことがかかれたのは、

   あなたがたが、イエスは神の子メシア

   であると信じるためであり、また、

   信じてイエスの名により、命を受けるためである。

  

2007年4月10日 (火)

今年も「新しく」なりました♪

深刻な問題をぎょうさんかかえながらも、世界が突然壊滅するというようなコトもなく、今のところ順調に!?一夜明ければ新しい日がやってくる。同ンじような毎日の繰り返しでも、まったく同じ日ィはない、絶えずわれわれはイヤでも「新しくされて」る…。

今年も復活祭が巡っきたンやけど、それまでに実にたくさんの新しくされる体験があった。毎年のことでも、やっぱり「新しい」…。

待ちに待った たかとり教会の建物が完成したけど、それに伴って、しばらく兵庫教会で行われていたベトナム語ミサが、また主日ミサに参列してはったたかとりの信者さんたちも帰っていかはった。近くワタシも住まいをたかとりに移すことになってるネンけど、あざやかにお色直し?しはったあのキリスト像も「ほな、お先に!!」という感じで帰っていかはった…。寂しナイ言うたらウソやけど、同じところにとどまってても前には進めへん、絶えず新しくされてるなら、それに応えていきたいナァ…。

以前、ワタシが修道会にとどまるか、大阪教区に移るかで悩んでいた時に、ホンマに誠意をもって接してくれた同僚の司祭に薦められた『ロメロ エルサルバドルの殉教者』という実話をもとにした映画をようやく観た。ビデオは2年前から手もとにあったのにネ(;^_^A 政治的抑圧が人々の自由を踏みにじっていた1970年代のエルサルバドル…民衆の目を社会から「宗教」に逸らさせるのが20070318_1 教会の役割というイエスの福音からは遠く離れてしまった状況で、「現実に疎く、政治や社会問題に波風を立てそうにない保守的人物」という絶望的な理由!?で大司教に選ばれたロメロ、しかし自由の実現のために社会に立ち向かう神父や知人が相次いで誘拐され、拷問のすえに殺されていく現実を突きつけられて、彼はイエスの福音を生きる者として、抑圧された人々の「声」となる使命に目覚めていく。ロメロ大司教は1980324日、ワタシがこの映画を観たちょうど27年前、ミサのさなかに暗殺された…。

現実と向き合うことへの大きな葛藤、そして最終的にはいのちを奪われたワケややけど、やはりロメロ司教は新しくされたのやと感じる。彼が英雄なのではなく、彼の生き方に触れた今を生きるわたしたちも新しくされる…新しいいのちをもたらしたイエスの復活もわたしたちすべてが日々新たにされて前進していくために実現したことと受けとめる「新しい」復活節にしたいですネェ…ということを今やから感じられる気がする…。

この映画、やっぱり2年間寝かしとってヨカッタわ…!!

41日付で大阪教区に正式に入籍させていただき、これまたワタシの新たなスタートです。これからもよろしくお願いいたします…m(_ _)m

2007年4月 8日 (日)

教会の桜

20070408101

地面に広がる花びら

20070408102_2

20070408103

20070408104

桜が影になっています。

2007年4月 5日 (木)

復活の主日

4月8日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

使徒たちの宣教 (新約 使徒言行録10・34、37-43)

34 〔その日〕ペトロは口を開きこう言った。

37 「あなたがたは、〔このことを〕ご存知でしょう。

   ヨハネが洗礼を宣べ伝えた後に、

   ガリラヤからはじまってユダヤ全土に起きた

   出来事です。

38 つまり、ナザレのイエスのことです。

   神は、聖霊と力によってこの方を

   油注がれた者となさいました。

   イエスは、方々を巡り歩いて人々を

   助け、悪魔に苦しめられている人たちを

   すべていやされたのですが、それは、

   神がご一緒だったからです。

39 わたしたちは、イエスがユダヤ人の住む地方、

   特にエルサレムでなさったことすべての証人です。

   人々は、イエスを木にかけて殺してしまいましたが、

40 神はこのイエスを三日目に復活させ、

   人々の前に現してくださいました。

41 しかし、それは民全体に対してではなく、

   前もって、神に選ばれた証人、

   つまり、イエスが死者の中から復活した後、

   ご一緒に食事をしたわたしたちに対してです。

42 そして、イエスはご自分が生きている者と、

   死んだ者との審判者として神から

   定められた者であることを、民に宣べつたえ、

   力強く、証しするようにと、わたしたちに

   お命じになりました。

43 また、預言者も皆、イエスについて、

   この方を信じる者は誰でもその名によって、

   罪の赦しが受けられる、と証ししています。」

使徒パウロのコロサイの教会への手紙

(新約 コロサイ 3・1-4)

1 〔皆さん、〕あなたがたは、キリストと共に

  復活させられたのですから、

  上にあるものを求めなさい。

  そこでは、キリストが神の右の座に

  ついておられます。

2 上にあるものに心を留め、地上のものに

  心を引かれないようにしなさい。

3 あなたがたは死んだのであって、

  あなたがたの命は、キリストと共に

  神の内に隠されているのです。

4 あなたがたの命であるキリストが現れるとき、

  あなたがたも、キリスト共に栄光に包まれて

  現れるでしょう。

ヨハネによる福音 (新約 ヨハネ20・1-9)

1 週の初めの日、朝早くまだ暗いうちに、

  マグダラのマリアは墓に行った。

  そして、墓から石が取りのけて

  あるのを見た。

2 そこで、シモン・ペドロのところへ

  また、イエスが愛しておられたもう一人の弟子

  のところへ走って行って彼らに告げた。

  「主が墓から取り去られました。

  どこに置かれているのか、わたしたちには

  分かりません。」

3 そこで、ペドロとそのもう一人の弟子は、

  外に出て墓へ行った。

4 二人は一緒に走ったが、もう一人の弟子のほうが、

  ペドロより、速く走って、先に墓についた。

5 身をかがめて中をのぞくと、亜麻布が置いて

  あった。しかし、彼は中には入らなかった。

6 続いて、シモン・ペトロも着いた。

  彼は、墓に入り、亜麻布が置いてあるのを

  見た。

7 イエスの頭を包んでいた覆いは、

  亜麻布と同じところには置いてなく、

  離れたところに丸めてあった。

8 それから、先に墓に着いたもう一人の

  弟子も入って来て、見て、信じた。

9 イエスは必ず死者の中から復活されることに

  なっているという聖書の言葉を、

  二人はまだ理解していなかったのである。

2007年4月 2日 (月)

4月のミサの予定

ミサ時間

典礼・暦

9:30~

枝の主日

7:00~

7:00~

7:00~

19:00~

聖木曜日(主の晩さん)

19:00~

聖金曜日(主の受難)

(大斎・小斎)

19:00~

聖土曜日(復活徹祭)

入信式

9:30~

復活の主日

7:00~

復活の月曜日

10

7:00~

復活の火曜日

11

7:00~

復活の水曜日

12

7:00~

復活の木曜日

13

19:00~

復活の金曜日

14

7:00~

復活の土曜日

15

9:30~

復活節第2主日

(神の慈しみの主日)

16

7:00~

17

7:00~

18

7:00~

19

7:00~

20

19:00~

21

7:00~

22

9:30~

復活節第3主日

子供と共に捧げるミサ

23

7:00~

24

7:00~

25

7:00~

聖マルコ福音記者(祝)

26

7:00~

27

19:00~

28

7:00~

29

9:30~

復活節第4主日

30

月    

7:00~

昭和の日振替休日

※平日のミサは、司祭の都合により変更される場合があります。 

4月の行事予定

行事予定

17:00~「A・A」の集まり

18:00~『書道教室』(地域)

9:30~ふれあい喫茶『おりーぶ』

18:00~『詩吟教室』(地域)

教会掃除 

13:30~「のばらコーラス」(児童館)

14:00~「たかとり土曜学校」(児童館)

初聖体の準備の集い

17:00~「A・A」の集まり

18:00~『書道教室』(地域)

10

9:30~ふれあい喫茶『おりーぶ』

11

18:00~『詩吟教室』(地域)

12

10:00~聖書を楽しむ会

13

14:00~夜回り「おにぎり作り」

19:30~聖書を楽しむ会

14

教会掃除 

13:30~「のばらコーラス」(児童館)

14:00~「たかとり土曜学校」(児童館)

15

お米一握り運動・5円ランチ募金の日 

典礼の集まり

14:00~囲碁同好会 

17:00~「A・A」の集まり

16

18:00~『書道教室』(地域)

17

9:30~ふれあい喫茶『おりーぶ』

18

18:00~『詩吟教室』(地域)

19

10:00~聖書を楽しむ会

20

19:30~聖書を楽しむ会

21

教会掃除

10:00~「知的障害者余暇のエアロビクス」

(児童館)

13:30~「のばらコーラス」(児童館) 

14:00~「たかとり土曜学校」(児童館)

22

中庭の手入れ(施設管理)

17:00~「A・A」の集まり

23

18:00~『書道教室』(地域)

24

9:30~ふれあい喫茶『おりーぶ』

25

18:00~『詩吟教室』(地域)

26

10:00~聖書を楽しむ会

27

19:30~聖書を楽しむ会

28

教会掃除 

13:30~「のばらコーラス」(児童館)

14:00~「たかとり土曜学校」(児童館)

29

広報の集まり

17:00~「A・A」の集まり

30

月    

18:00~『書道教室』(地域)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »