« カトリック神戸地区大会 | トップページ | 2007年カトリック神戸地区大会 »

2007年6月14日 (木)

年間第11主日

6月17日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

サムエル記 (旧約 サムエル 下12・7-10、13)

7 〔その日〕ナタンは、ダビデに向って言った。

  「イスラエルの神、主はこう言われる。

  『あなたに油を注いでイスラエルの王としたのは

  私である。わたしがあなたをサウルの手から

  救い出し、

8 あなたの主君であった者の家をあなたに与え、

  その妻たちをあなたのふところに置き、

  イスラエルとユダの家をあなたに与えたのだ。

  不足なら、何であれ加えたであろう。

9 なぜ、主の言葉を侮り、わたしの意に背く

  ことをしたのか。

  あなたはヘト人ウリヤを剣にかけ、

  その妻を奪って自分の妻とした。

  ウリヤをアンモン人の剣でころしたのは

  あなただ。

10 それゆえ、剣はとこしえにあなたの

   家から去らないであろう。

   あなたがわたしを侮り、ヘト人ウリヤの妻を

   奪って自分の妻としたからだ。』」

13 ダビデはナタンに言った。

   「わたしは主に罪を犯した。」

   ナタンはダビデに言った。

  「その主があなたの罪を取り除かれる。

  あなたは死の罰を免れる。」

使徒パウロのガラテヤの教会への手紙

(新約 ガラテヤ 2・16、19-21)

16 〔みなさん〕人は律法の実行ではなく、

   ただイエス・キリストへの信仰によって

   義とされると知って、わたしたち〔は〕

   キリスト・イエスを信じました。

   これは、律法の実行ではなく、キリストへの

   信仰によって義としていただくためでした。

   なぜなら、律法の実行によっては、だれ一人

   として義とされないからです。

19 わたしは神に対して生きるために、

   律法によって死んだのです。

   わたしは、キリスト共に十字架につけられています。

20 生きているのは、もはやわたしではありません。

   キリストが、わたしの内に生きておられるのです。

   わたしが今、肉において生きているのは、

   私を愛し、わたしのために身をささげられた

   神の子に対する信仰によるものです。

21 わたしは、神の恵みを無にはしません。

   もし、人が律法のお陰で義とされると

   すれば、それこそ、キリストの死は

   無意味になってしまいます。

ルカによる福音 (新約 ルカ 7・36~8・3)

36 〔そのとき〕あるファリサイ派の人が、

   一緒に食事をしてほしいと願ったので、

   イエスはその家に入って、食事の席に

   つかれた。

37 この町に、一人の罪深い女がいた。

   イエスがファリサイ派の人の家に

   入って食事の席に着いておられるのを

   知り、香油の入った石膏の壺を

   持って来て、

38 後ろからイエスの足もとに近寄り、

   泣きながらその足を涙でぬらし始め、

   自分の髪の毛でぬぐい、イエスの足に

   接吻して香油を塗った。

39 イエスを招待したファリサイ派の人は

   これを見て、「この人が預言者なら、

   自分に触れている女がだれで、

   どんな人か分かるはずだ。

   罪深い女なのに」

   と思った。

40 そこで、イエスがその人に向って、

   「シモンあなたに言いたいことがある」

   と言われると、シモンは

   「先生おっしゃってください」

   と言った。

41 イエスは、お話になった。

   「ある金貸しから、二人の人が金を借りていた。

   一人は500デナリオン、もう一人は50デナリオン

   である。

42 二人には、返す金がなかったので、

   金貸しは両方の借金を帳消しにしてやった。

   二人のうち、どちらが多くその金貸しを

   愛するだろうか」

43 シモンは、「帳消しにして貰った額の多いほうだと

   思います。」と答えた。

   イエスは「そのとおりだ」と言われた。

44 そして、女のほうを振り向いて、シモンに

   言われた。

   「この人を見ないか。わたしがあなたの家に入ったとき、

   あなたは足を洗う水もくれなかったが、この人は

   涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でぬぐって

   くれた。

45 あなたはわたしに接吻の挨拶もしなかったが、

   この人は、私が入って来てから、

   わたしの足に接吻してやまなかった。

46 あなたは頭にオリーブ油を塗ってくれなかったが、

   この人は足に香油を塗ってくれた。

47 だから、言っておく。

   この人が多くの罪を赦されたことは、

   わたしに示した愛の大きさで分かる。

   赦されることの少ない者は、愛することも

   少ない。

48 そして、イエスは女に「あなたの罪は

   赦された」と言われた。

49 同席の人たちは、

   「罪まで赦すこの人は、いったい何者だろう」

   と考え始めた。

50 イエスは女に、「あなたの信仰があなたを

   救った。安心して行きなさい」

   と言われた。

   

   

« カトリック神戸地区大会 | トップページ | 2007年カトリック神戸地区大会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。