« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

8月のミサの予定

ミサ時間

典礼・暦

聖アルフォンソ(リゴリ)司教教会博士(記)

 19:00~

聖ヨハネ・マリア・ビアンネ司祭(記)

9:30~

年間第18主日

集会祭儀

主の変容(記)

聖ドミニコ司祭(記)

10

19:00~

聖ラウレンチオ助祭殉教者(記)

11

聖クララおとめ(記)

12

9:30~

年間第19主日

13

14

聖マキシミリアノ・マリア・コルベ司祭殉教者(記)

15

19:00~

聖母の被昇天(祭)

16

17

19:00~

18

19

9:30~

年間第20主日

子どもと共に捧げるミサ

20

聖ベルナルド修道院長教会博士(記)

21

聖ピオ10世教皇(記)

22

天の元后聖マリア(記)

23

24

19:00~

聖バルトロマイ使徒(祝)

25

26

9:30~

年間第21日

27

聖モニカ(記)

28

聖アウグスチヌス司教教会博士(記)

29

洗礼者聖ヨハネの殉教(記)

30

31

19:00~

※平日のミサは、司祭の都合により変更される場合があります。

8月の行事予定

行事・その他

18:00~『詩吟教室』(地域)

10:00~聖書を楽しむ会

教会の掃除 

14:00~たかとり土曜学校(児童館)

子ども会:絵本(聖書ものがたり)の読み聞かせ

14:00~「神戸GA・ギャマノン」の集まり

17:00~「A・A」の集まり

18:00~『書道教室』(地域)

18:00~『詩吟教室』(地域)

10:00~聖書を楽しむ会

10

14:00~夜回り「おにぎり作り」

19:30~聖書を楽しむ会

11

教会の掃除 

14:00~たかとり土曜学校(児童館)

12

17:00~「A・A」の集まり

13

18:00~『書道教室』(地域)

14

15

ミサ後被昇天お祝いパーティ 

18:00~『詩吟教室』(地域)

16

10:00~聖書を楽しむ会

17

19:30~聖書を楽しむ会

18

教会の掃除 

9:30~炊き出し

10:00~「知的障害者余暇のエアロビクス」

(児童館)

14:00~たかとり土曜学校(児童館)

19

お米一握り運動・5円ランチ募金の日

典礼「聖体奉仕者の勉強会」

子ども会・中高生会・青年会の集い

14:00~囲碁同好会 

17:00~「A・A」の集まり

20

18:00~『書道教室』(地域)

21

22

18:00~『詩吟教室』(地域)

23

10:00~聖書を楽しむ会

24

19:30~聖書を楽しむ会

25

教会の掃除 

14:00~たかとり土曜学校(児童館)

26

広報の集まり 

17:00~「A・A」の集まり

27

18:00~『書道教室』(地域)

28

29

18:00~『詩吟教室』(地域)

30

10:00~聖書を楽しむ会

31

19:30~聖書を楽しむ会

※平日のミサは、司祭の都合により変更される場合があります。

2007年7月28日 (土)

年間第17主日

7月29日に読まれる聖書

聖書と典礼はこちら

創世記 (旧約 創世記 18・20-32)

20 〔その日〕主は言われた。

   「ソドムとゴモラの罪は非常に重い、

   と訴える叫びが実に大きい。

21 わたしは、降って行き、彼らの行跡が

   果たして、わたしに届いた叫びの

   とおりかどうか見て見よう。」

22 その人たちは、更にソドムの方へ向ったが

   アブラハムはなお、主のみ前にいた。

23 アブラハムは進み出て言った。

   「まことにあなたは正しい者を

   悪い者と一緒に滅ぼされるのですか。

24 あの町に正しい者が五十人いるとしても、

   それでも滅ぼし、その五十人のために、

   町をお赦しにならないのですか。

25 正しい者を悪い者と一緒に殺し、

   正しい者を悪い者と同じ目に遭わせるようなことを、

   あなたがなさるはずはございません。

   全くありえないことです。

   全世界を裁くお方は、正義を行われるべきでは

   ありませんか。」

26 主は言われた。

   「もしソドムの町に正しい者が五十人いるならば、

   そのものたちのために、町全部を赦そう。」

27 アブラハムは答えた。

   「塵あくたにすぎないわたしですが、あえて、

   わが主に申し上げます。

28 もしかすると、五十人の正しい者に五人足りないかも

   しれません。

   それでも、あなたは、五人足りないために、町の

   すべてを滅ぼされますか。」

   主は言われた。

   「もし四十五人いれば滅ぼさない。」

29 アブラハムは、重ねて言った。

   「もしかしたら四十人しかいないかもしれません」

   主は言われた。

   「その四十人にためにわたしはそれをしない」

30 アブラハムは言った。

   「主よ、どうかお怒りにならずに、もう少し

   言わせてください。もしかすると、

   そこには三十人しかいないかもしれません。」

   主は言われた。

   「もし三十人いるならわたしはそれをしない。」

31 アブラハムは、言った。

   「あえて、わが主に申し上げます。もしかすると、

   二十人しかいないかもしれません。」

   主は言われた。

   「その二十人のためにわたしは滅ぼさない。」

32 アブラハムは言った。

   「主よどうかお怒りにならずに、もう一度だけ

   言わせてください。

   もしかすると、十人しかいないかもしれません。」

   主は言われた。「その十人のためにわたしは

   滅ぼさない。」

使徒パウロのコロサイの教会への手紙

(新約 コロサイ 2・12-14)

12 〔皆さん、あなたがたは〕洗礼によって、

   キリスト共に葬られ、また、キリストを

   死者の中から復活させた神の力を

   信じて、キリスト共に復活させられたのです。

13 肉に割礼を受けず、罪の中にいて

   死んでいたあなたがたを、神はキリスト共に

   いかして下さったのです。

   神は、わたしたちの一切の罪を赦し、

14 規則によってわたしたちを訴えて、

   不利に陥れていた証書を破棄し、

   これを十字架に釘付けにして

   取り除いてくださいました。

ルカによる福音 (新約ルカ 11・1-13)

1 イエスは、あるところで祈っておられた。

  祈りが終わると弟子の一人がイエスに

  「主よ、ヨハネが弟子たちに教えたように、

  わたしたちにも祈りを教えてください。」

  と言った。

2 そこで、イエスは言われた。

  「祈るときは、こう言いなさい。

  『父よ、御名が崇められますように。

  御国が来ますように。

3 わたしたちに必要な糧を毎日与えてください。

4 わたしたちの罪を赦してください。

  わたしたちも自分に負い目のある人を皆

  赦しますから。

  わたしたちを誘惑に遭わせないでください。』」

5 また、弟子たちに言われた。

  「あなたがたのうちのだれかに友達がいて、

  真夜中にその人のところに行き、

  次のように言ったとしよう。

  『友よ、パンを三つ貸してください。

  旅行中の友達がわたしのところに立ち寄ったが、

  何も出すものがないのです。』

7 すると、その人は家の中から答えるに違いない。

  『面倒をかけないでください。

  もう戸は閉めたし、子供たちは

  わたしのそばで寝ています。

  起きてあなたに何かをあげるわけには

  生きません』

8 しかし、言っておく。

  その人は、友達だからということでは

  起きて何か与えるようなことはなくても、

  しつように頼めば、起きてきて、

  必要なものは何でも与えるであろう。

9 そこで、わたしは言っておく。

  求めなさい。そうすれば、与えられる。

  探しなさい。そうすれば、見つかる。

  門をたたきなさい。

  そうすれば、開かれる。

  あなたがたの中に魚を欲しがる子供に、

  肴の変わりに蛇を与える父親がいるだろうか。

12 また、卵を欲しがるのに、さそりを与える

   父親がいるだろうか。

13 このように、あなたがたは悪い者でありながらも、

   自分の子供には良いものを与えることを知っている。

   まして、天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。」

2007年7月27日 (金)

立ち止まって…GO!

最も苦手な暑い季節…。温暖化など見過ごせへん問題もあるとはいえ、元来暑いのが夏というモンやし、あまり文句も言われへん。

 毎度持病のことばっかりで恐縮やけど…昨秋の入院以来、健康管理のためにウォーキングを始めてから最初の夏。「暑い暑い…」とは思いつつ表 歩いとって、ふと立ち止まると汗がブワ~ッと噴き出してくる、で、今さらながら改めて自分がどんな状況の中を歩いてたんかに気づかされるワケや。

 驚いたコトに退院から半年後には30kg近う目方が減っとった!べつにガムシャラにやっとったつもりはないネンけど、正直、根性ナシのワタシがなにゆえココまで!という感じ…むしろマニア気質が働いてるンやろか!?2ヶ月ごとの診察と栄養指導では思いがけず「もっと油を摂って、運動量を減らすように!」と告げられる始末…それでも当人は「痩せとったらエェんやろ」てなモンで、先月の診察で「コレステロール値が低過ぎ、今の数値やったら死亡率3倍。免疫系の病気になる」と言われてしもて…今度ばかりは「チョッと肥えんとヤバイやん!(>_<)」と背筋がゾゾ~ッと冷となった…憑かれたように歩き続けてきて、ようやく立ち止まってみたらエライことになっとった!!というワケで…こわいコワイ!!

 時間は決して遡ることはあれへんねんから、常にわたしたちは新しくされてる、だから教会も前進していく…そのとおりなんやけど、この頃、ふと立ち止まって今の立ち位置をシッカリと見つめることの大切さを痛感する…。

 平和について考え、分かち合っている仲間が紹介してくれた『戦争のつくりかた』という本(←エェ本やから読んでや~!!)…その中に添えられた「立ち止まって考える」という文章が響いた。今どこにいてるんやろう?何が起こってるんやろう?「まさかそんなコト!」→ホンマにそうなんやろか?「戦争は戦争の顔をしていません」その文章で引用されていたことば。

 新しい一歩を踏み出すために、立ち止まって考えて、そしてイエスが共にいてくれてはることを思い起こして…。85日、昨年比=約3/5の体重で再び広島を訪れる…。

2007年7月19日 (木)

キリスト教美術文化探求の旅

神戸バイブルハウスの

キリスト教美術文化探求の旅

大塚国際美術館

2007年7月16日

プログラム

1. システィーナ07716_057_1礼拝堂天井07716_075_1画完全復元祝別式

システィーナ礼拝堂の天井画を陶板による復元が完成し、カトリック大阪大司教区池長潤大司教の司式による祝別式が行われました。


2. ミニコンサート 

「コールグランツ」……指揮:松原 千振

 07716_112_1             07716_116_1 伴奏:木島 美紗子

復元されたシスティーナ礼拝堂の圧倒されるような雰囲気の中、コールグランツの洗練されたハーモニィが溶け込み素晴らしい演奏でした。特にアヴェ・マリア(バッハ・グノー)を独唱された飯沼京子さんの澄んだ美しい声に会場もうっとり…。


3. 美術講座

    講師:ジェラール・グイノ神父(カトリック洲本教会)

    午前:「2000年の十字架の美術」

    午後:「シ07716_130_1スティーナ礼拝堂・ミケランジェロのメッセージとは」


大塚国際美術館・・・環境展示の紹介

古代遺跡や教会などの壁画を環境空間ごとそのまま再現された展示場で今回は特に教会の展示をご紹介します。

07716_010_1システィーナ礼拝堂


07716_021_1スクロヴェーニ礼拝堂07716_023_1


・聖テオドール聖堂

07716_152_1

07716_156_1


・聖マ07716_148_1ルタン聖堂07716_145

 

 

 

 

 

 

 

年間第16主日

7月22日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

創世記 (旧約 創世記 18・1-10)

1 〔その日〕主はマムレの樫の木の所で

  アブラハムに現れた。

  暑い真昼に、アブラハムは天幕の

  入り口に座っていた。

2 目を上げてみると、三人の人が

  彼に向って立っていた。

  アブラハムは、すぐに天幕の入り口から

  走り出迎え、地にひれ伏して、

3 言った。

  「お客様、よろしければ、どうか、僕の

  もとを通り過ぎないでください。

4 水を少々持って来させますから、

  足を洗って、木陰でどうぞ一休み

  なさってください。

5 何か召し上がるものを整えますので、

  疲れをいやしてから、お出かけください。

  せっかく、僕の所の近くをお通りに

  なったのですから。」

  その人たちは言った。

  「では、言葉通りにしましょう」

6 アブラハムは、急いで天幕に

  戻り、サラのところに来て言った。

  「早く、上等の小麦粉を三セアほどこねて、

  パン菓子をこしらえなさい。」

7 アブラハムは牛の群れのところへ

  走って行き、柔らかくておいしそうな

  子牛を選び、召し使いに渡し、急いで

  料理させた。

8 アブラハムは、凝乳、乳、出来立ての

  子牛の料理などを運び、彼らの前に

  並べた。

  そして、彼らが木陰で食事をしている間、

  そばに立って給仕をした。

9 彼らは、アブラハムに尋ねた。

  「あなたの妻のサラはどこにいますか」

  「はい、天幕におります」

  とアブラハムが答えると、

10 彼らの一人が言った。

   「私は来年の今頃、必ずここにまた来ますが、

   そのころには、あなたの妻のサラに男の子

   が生まれているでしょう。」

使徒パウロのコロサイの教会への手紙

(新約 コロサイ1・24-28)

24 〔皆さん〕今やわたしは、あなたがたの

   ために苦しむことを喜びとし、キリストの体である

   教会のために、キリストの苦しみの欠けたところを

   身をもって満たしています。

25 神は御言葉をあなたがたに余すところなく

   伝えるという務めをわたしにお与えになり、

   この務めのために、わたしは教会に仕えるものと

   なりました。

26 世の初めから代々にわたって隠されていた、

   秘められた計画が、今や、神の聖なる者たちに

   明かにされたのです。

27 この秘められた計画が異邦人にとってどれほど

   栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに

   知らせようとされました。

   その計画とは、あなたがたの内におられる

   キリスト、栄光の希望です。

28 このキリストを、私たちは宣べ伝えており、

   すべての人がキリストに結ばれて

   完全な者となるように、知恵を尽くして

   すべての人を諭し、教えています。

ルカによる福音 (新約ルカ 10・38-42)

38 〔そのとき、〕イエスはある村にお入りになった。

   すると、マルタという女が、イエスを家に

   迎え入れた。

39 彼女にはマリアという姉妹がいた。

   マリアは主の足もとに座って、その話に

   聞き入っていた。

40 マルタは、いろいろのもてなしのために

   せわしく立ち働いていたが、

   そばに近寄って言った。

   「主よ、わたしの姉妹はわたしだけに

   もてなしをさせていますが、なんとも

   お思いになりませんか。

   手伝ってくれるようにおっしゃってください。」

41 主はお答えになった。

   「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに

   思い悩み、心を乱している。

42 しかし、必要なことはただ一つだけである。

   マリアは良い方を選んだ。それを取り上げては

   ならない。」 

2007年7月12日 (木)

年間第15主日

7月15日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

申命記 (旧約 申命記 30・10-14)

〔モーセは民に言った。

10 あなたは、〕あなたの神、主の御声に

   従って、この律法書に記されている

   戒めと掟を守り、心を尽くし、

   魂を尽くして、あなたの神、

   主に立ち〔帰りなさい〕

11 わたしが今日あなたに命じる戒めは

   難しすぎるものでもなく、

   遠く及ばぬものでもない。

12 それは天にあるものではないから、

   「だれかが天に昇り、わたしたちのために

   それを取って聞かせてくれれば、

   それを行うことができるのだが」

   と言うには及ばない。

13 海のかなたにあるものでもないから、

   「だれかが海のかなたに渡り、

   わたしたちのためにそれを取って来て

   聞かせてくれれば、それを行うことが

   できるのだが」

   と言うには及ばない。

14 御言葉はあなたのごく近くにあり、

   あなたの口と心にあるのだから、

   それを行うことができる。

使徒パウロのコロサイの教会への手紙

(新約 コロサイ 1・15-20)

15 御子は、見えない神の姿であり、

   すべてのものが造られる前に

   生まれた方です。

16 天にあるものも地にあるものも、

   見えるものも見えないものも、

   王座も主権も、支配も権威も、

   万物は御子において造られたからです。

   つまり、万物は御子によって、

   御子のために造られました。

17 御子はすべてのものよりも先におられ、

   すべてのものは御子によって支えられています。

18 また、御子はその体である教会の頭です。

   御子は、初めの者、死者の中から最初に

   生まれた方です。

   こうして、すべてのことにおいて第一の者と

   なられたのです。

19 神は、御心のままに、満ち溢れるものをあますところなく

   御子の内に宿らせ、

20 その十字架の血によって平和を打ち立て、

   地にあるものであれ、天にあるものであれ、

   万物をただ、御子によって、ご自分と

   和解させられました。

ルカによる福音 (新約 ルカ 10・25-37)

25 〔そのとき〕ある律法の専門家が

   立ち上がり、イエスを試そうとして

   言った。

   「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことが

   できるでしょうか。」

26 イエスが、「律法には、何と書いてあるか。

   あなたはそれをどう読んでいるか」

   と言われると、

27 彼は答えた。

   「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、

   思いを尽くして、あなたの神である主を

   愛しなさい、また、隣人を自分のように

   愛しなさい』とあります。」

28 イエスは言われた。

   「正しい答えだ。それを実行しなさい。

   そうすれば命が得られる。」

29 しかし、彼は自分を正当化しようとして、

   「では、わたしの隣人とはだれですか」

   と言った。

30 イエスは、お答えになった。

   「ある人がエルサレムからエリコへ

   下っていく途中、追いはぎに襲われた。

   追いはぎはその人の服をはぎ取り、

   殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。

31 ある祭司がたまたまその道を下ってきたが、

   その人を見ると、道の向こう側を通って行った。

32 同じように、レビ人もその場所にやって来たが、

   その人を見ると、道の向こうがわを通って行った。

33 ところが、旅をしていたあるサマリア人は

   そばに来ると、その人を見て憐れに思い、

34 近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、

   自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って

   介抱した。

35 そして、翌日になると、デナりオン銀貨を2枚

   取り出し、宿屋の主人に渡して言った。

   『この人を介抱してください。費用がもっと

   かかったら、帰りがけに払います。』

36 さて、あなたはこの三人のなかで、

   だれが追いはぎに襲われた人の

   隣人となったとおもうか。」

37 律法の専門家は言った。

   「そのひとを助けた人です。」

   そこで、イエスは言われた。

   「行って、あなたも同じように

   しなさい。」

2007年7月 8日 (日)

7月のミサ(お祈り)の予定

ミサ時間

典礼・暦

9:30~

年間第13主日

聖トマ使徒(祝)

聖エリザベト(ポルトガル)

聖アントニオ・マリア・ザカリア司祭

19:00~

聖マリア・ゴレッティおとめ殉教者

聖母の土曜日

9:30~

年間第14主日

聖アウグスチノ・チャオ・ロン司祭と

同士殉教者

10

11

聖ベネディクト修道院長(記)

12

13

19:00~

聖ハインリッヒ

14

聖カミロ(レリス)司祭

聖母の土曜日 

15

9:30~

年間第15主日

子どもと共に捧げるミサ

16

カルメル山の聖母

17

18

19

20

19:00~

聖アポリナーリス司教殉教者

21

聖ラウレンチオ(ブリンデイジ)司祭教会博士  

聖母の土曜日

22

9:30~

年間第16主日

23

聖ビルジッタ修道女

24

聖シャーベル・マクルーフ司祭

25

聖ヤコブ使徒(祝)

26

聖マリアの両親 聖ヨアキムと聖アンナ(記)

27

19:00~

28

聖母の土曜日

29

9:30~

年間第17主日

30

聖ペトロ・クリソロゴ司祭教会博士

31

聖イグナチオ(ロヨラ)司祭(記)

※平日のミサは、司祭の都合により変更される場合があります。

7月の行事予定

行事・その他

小教区評議会

14:00~「神戸GA・ギャマノン」の集まり 

17:00~「A・A」の集まり

18:00~『書道教室』(地域)

9:30~ふれあい喫茶『おりーぶ』

18:00~『詩吟教室』(地域)

10:00~聖書を楽しむ会

19:30~聖書を楽しむ会

教会の掃除 

13:30~「のばらコーラス」

14:00~たかとり土曜学校(児童館)

17:00~「A・A」の集まり

18:00~『書道教室』(地域)

10

9:30~ふれあい喫茶『おりーぶ』

11

18:00~『詩吟教室』(地域)

12

10:00~聖書を楽しむ会

13

14:00~夜回りおにぎり作り 

19:30~聖書を楽しむ会

14

教会の掃除 

13:30~「のばらコーラス」

14:00~たかとり土曜学校(児童館)

15

お米一握り運動・5円ランチ募金の日

14:00 囲碁同好会 

17:00~「A・A」の集まり

16

18:00~『書道教室』(地域)

17

9:30~ふれあい喫茶『おりーぶ』

18

18:00~『詩吟教室』(地域)

19

10:00~聖書を楽しむ会

20

19:30~聖書を楽しむ会

21

教会の掃除 / 9:30~炊き出し 

13:30~「のばらコーラス」

10:00~「知的障害者余暇のエアロビクス」(児童館)

14:00~たかとり土曜学校(児童館)

22

17:00~「A・A」の集まり

23

18:00~『書道教室』(地域)

24

9:30~ふれあい喫茶『おりーぶ』

25

18:00~『詩吟教室』(地域)

26

10:00~聖書を楽しむ会

27

19:30~聖書を楽しむ会

28

教会の掃除 

「のばらコーラス」はお休み。

14:00~たかとり土曜学校(児童館)

29

広報の集まり

17:00~「A・A」の集まり

30

18:00~『書道教室』(地域)

31

9:30~ふれあい喫茶『おりーぶ』

2007年7月 5日 (木)

年間第14主日

7月8日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

イザヤの預言 (旧約 イザヤ 66・10-14c)

10 エルサレムと共に喜び祝い

   彼女のゆえに喜び踊れ、

   彼女を愛するすべての人よ。

   彼女と共に喜び楽しめ、

   彼女のために喪に服していた

   すべての人よ。

11 彼女の慰めの乳房から飲んで、

   飽き足り

   豊かな乳房に養われ、喜びを得よ。

12 主はこう言われる。

   見よ、わたしは彼女に向けよう

   平和を大河のように、国々の栄を

   洪水の流れのように。

   あなたたちは乳房に養われ、

   わたしはあなたたちを慰める。

   エルサレムであなたたちは慰めを受ける。

14 これを見て、あなたたちの心は喜び楽しみ

   あなたたちの骨は青草のように育つ。

   主の御手は僕たちと共にあ〔る〕ことが、

   こうして示される。

使徒パウロのガラテヤの教会への手紙

(新約 ガラテヤ6・14-18)

14 〔皆さん、〕このわたしには、私たちの主イエス・

   キリストの十字架のほかに、誇るものが

   決してあってはなりません。

   この十字架によって、世は私に対し、わたしは

   世に対しはりつけにされているのです。

15 割礼の有無は問題ではなく、大切なのは、

   新しく創造されることです。

16 このような原理に従って生きていく人の上に

   つまり、神のイスラエルの上に平和と憐れみが

   あるように。

17 これからは、だれもわたしを煩わさないでほしい。

   わたしは、イエスの焼印を身に受けているのです。

18 兄弟たち、わたしたちの主イエス・キリストの

   恵みがあなたがたの霊と共にあるように、アーメン。

ルカによる福音 (新約 ルカ10・1-20)

1 〔そのとき〕主は、ほかに72人を任命し、

  ご自分が行くつもりのすべての町や

  村に二人ずつ先に遣わされた。

2 そして、彼らに言われた。

  「収穫は多いが、働き手は少ない。

  だから、収穫のために働き手を

  送ってくださるように、収穫の主に

  願いなさい。

3 行きなさい。わたしはあなたがたを

  遣わす。それは、狼の群れに

  子羊を送り込むようなものだ。

4 財布も袋も履物も持って行くな。

  途中でだれにも挨拶するな。

5 どこかの家に入ったら、まず、

  『この家に平和があるように』

  と言いなさい。

6 平和の子がそこにいるなら、

  あなたがたの願う平和はその人に

  とどまる。

  もし、いなければ、その平和は、

  あなたがたに戻ってくる。

7 その家に泊まって、そこで出されるものを

  食べ、また、飲みなさい。

  働く者が報酬を受けるのは当然だからである。

  家から家へと渡り歩くな。

8 どこかの町に入り、迎え入れられたら

  出される物を食べ、その町の病人をいやし

  また、『神の国はあなたがたに近づいた』

  と言いなさい。

《10 「しかし、町に入っても、迎え入れられなければ

   広場に出てこう言いなさい。

11 『足についたこの町の埃さえも払い落として

   あなたがたに返す。

   しかし、神の国が近づいたことを知れ』と。

12 言っておくが、かの日には、その町より

   まだソドムのほうが軽い罰で済む。」

17 72人は喜んで帰ってきて、こう言った。

   「主よ、お名前を使うと、悪霊さえも

   わたしたちに屈服します。」

18 イエスは言われた。

   「わたしは、サタンが稲妻のように

   天から落ちるのを見ていた。

19 蛇やさそりを踏みつけ、敵に

   あらゆる力に打ち勝つ権威を、

   わたしはあなたがたに授けた。

   だから、あなたがたに害を

   加えるものは何一つない。

20 しかし、悪霊があなたがたに

   服従するからといって、

   よろこんではならない。

   むしろ、あなたがたの名が天に

   書き記されていることを

   喜びなさい」》

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »