« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

待降節第1主日

12月2日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

イザヤの預言 (旧約 イザヤ2・1-5)

1 アモツの子イザヤが、ユダとエルサレムに

  ついて幻に見たこと。

2 終りに日に

  主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち

  どの峰よりも高くそびえる。

  国々はこぞって大河のようにそこに向かい

3 多くの民が来て言う。

  「主の山に登り、ヤコブの神の家に行こう。

  主はわたしたちに道を示される。

  わたしたちはその道を歩もう」と。

  主の教えはシオンから

  御言葉はエルサレムから出る。

4 主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。

  彼は剣を打ち直して鋤とし

  槍を打ち直して鎌とする。

  国は国に向って剣を上げず。

  もはや戦うことを学ばない。

5 ヤコブの家よ、主の光の中を歩もう。 

使徒パウロのローマの教会への手紙

(新約 ローマ 13・11-14)

11 〔皆さん〕あなたがたは今がどんな時で

   あるかを知っています。

   あなたがたが眠りから覚めるべき時が

   既に来ています。

   今や、わたしたちが信仰に入ったころよりも

   救いは近づいているからです。

12 夜は更け、日は近づいた。

   だから、闇の行いを脱ぎ捨てて

   光の武具を身に着けましょう。

13 日中歩むように、品位をもって歩もうでは

   ありませんか。

   酒宴と酩酊、淫乱と好色、争いとねたみを

   捨て、

14 主イエス・キリストを身にまといなさい。

マタイによる福音

(新約 マタイ24・37-44)

  〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた〕

37 「人の子が来るのは、ノアのときと同じである。

38 洪水になる前は、ノアは箱舟に入るその日まで、

   人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていた。

39 そして、洪水が襲って来て一人残らずさらうまで、

   何も気がつかなかった。

   人の子がくる場合も、このようである。

40 そのとき、畑に二人の男がいれば、

   一人は連れて行かれ、もう一人は、残される。

41 二人の女が臼をひいていれば、一人は

   連れて行かれ、もう一人は残される。

42 だから、目を覚ましていなさい。

   いつの日、自分の主が帰って来られるのか、

   あなたがたには分からないからである。

43 このことをわきまえていなさい。

   家の主人は泥棒が夜いつごろやって来るか

   知っていたら、目を覚ましていて、

   みすみす自分の家に押し入らせないだろう。

44 だから、あなたがたも用意していなさい。

   人の子は思いがけない時に来るからである。」

2007年11月22日 (木)

王であるキリスト

11月25日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

サムエル記 (旧約サムエル下 5・1-3)

1 〔その日〕イスラエル全部族はヘブロンの

  ダビデのもとに来てこう言った。

  「御覧ください。わたしたちはあなたの骨肉です。

2 これまで、サウルがわたしたちの王であったときにも

  イスラエルの進退の指揮をとっておられたのは

  あなたでした。

  主は、あなたに仰せになりました。

  『わが民イスラエルを牧するのはあなただ。

  あなたがイスラエルの指導者になる』と。」

3 シラエルの長老たちは全員、ヘブロンの王の

  もとに来た。

  ダビデ王はヘブロンで主の御前に彼らと

  契約を結んだ。

  長老たちはダビデに油を注ぎ、イスラエルの

  王とした。

使徒パウロのコロサイの教会への手紙

(新約 コロサイ 1・12-20)

12 〔皆さん、わたしたちは、〕光の中にある

   聖なる者たちの相続分にあなたがたが

   あずかれるようにしてくださった御父に感謝

   〔しています〕

13 御父は、私たちを闇の力から救い出して、

   その愛する御子の支配下に

   移してくださいました。

14 わたしたちは、この御子によって、贖い

   すなわち罪の許しを得ているのです。

15 御子は、見えない神の姿であり、

   すべてのものが造られる前に

   生まれた方です。

16 天にあるものも地にあるものも、

   見えるものも見えないものも、

   王座も主権も、支配も権威も、

   万物は御子において造られたからです。

   つまり万物は御子によって、御子の

   ために造られました。

17 御子はすべてのものよりも先におられ、

   すべてのものは御子によって支えられています。

18 また、御子はその体である教会の頭です。

   御子は初めの者、死者の中から

   最初に生まれた方です。

   こうして、すべてのことにおいて

   第一の者となられたのです。

19 神は、御心のままに、満ち溢れるものを

   余すことなく御子の内に宿らせ、

20 その十字架の血によって平和を

   打ち立て、地にあるものであれ、

   天にあるものであれ、万物をただ御子に

   よって、ご自分と和解させられました。

ルカによる福音 (新約 ルカ 23・35-43)

35 〔そのとき、議員たちはイエスを〕

   あざ笑って言った。

   「他人を救ったのだ。もし神からのメシアで

   選ばれた者なら、自分を救うがよい。」

36 兵士たちもイエスに近寄り、酸いぶどう酒を

   突きつけながら侮辱して、

37 言った。「おまえがユダヤ人の王なら、

   自分を救ってみろ。」

38 イエスの頭のの上には、「これはユダヤ人

   王」と書いた札も掲げてあった。

39 十字架にかけられていた犯罪人の一人が

   イエスをののしった。

   「おまえは、メシアではないか。

   自分自身と我々を救ってみろ。」

40 すると、もう一方がたしなめた。

   「おまえは神をも恐れないのか、

   同じ刑罰を受けているのに。

41 我々は、自分のやったことの報いを

   受けているのだから、当然だ。

   しかし、この方は何も悪いことは

   していない。」

42 「そして、イエスよ、あなたの御国に

   おいでるなるときには、わたしを

   思い出してください。」

   と、言った。

43 するとイエスは、

   「はっきり言っておくが、あなたは

   今日わたしと一緒に楽園にいる」

   と言われた。

2007年11月19日 (月)

いつも思てるコト…。

 内容的にはよそでも書かしてもろたコトやねんけど、いつも思てるコトなんでボヤかしてもらいます…。

 教会に若い人たち、子どもたちが少ない!!ということがしばしば話題にされるようになって久しいけど、“特効薬”はないみたい…せやけど、それはむしろ「自分たちが慣れ親しんだ教会を若者にそのまま引き継いでもらって維持継続してほしい」という教会共同体の姿勢に問題があるんとちゃうかナァ?

 もし、今、たくさんの若者が教会に集ってたら、果たして教会は今ほど若い人々や子どもたちについて話し合ったり、考えたりしてたやろか?実際に若い人たちと話してみると、“教会では比較的若い”と見られることの多いワタシの世代が同じ歳くらいやった頃よりもシビアな日常に彼らが立ち向かって生きてることに驚かされる。
「教会は若い人たちのことを思っている、考えている」て言うんやったら、“若者が教会に集う様=古い世代が見たい光景”の実現よりも、今、若い人々や子どもたちが学校や職場、日常でどんな悩みや苦しみ、厳しい現実に直面しているのか…もっと生活に根ざした社会的な視点で、そしてひとりひとりを大切にする姿勢こそ必要なんやと思う。

 “青年、子どもたち”といった個々の顔が見えないひとくくりの“一構成集団”ではなく、同じ人間としてひとりひとりに向き合っていく…それがイエスが示してくださった“福音=共に生きる人の在り方”やと思うんやけどナァ…。

 イエスは、自分の内から力が出て行ったことに気づいて、群衆の中で振り返り、「わたしの服に触れたのはだれか」と言われた。そこで、弟子たちは言った。「群衆があなたに押し迫っているのがお分かりでしょう。それなのに、『だれがわたしに触れたのか』とおっしゃるのですか。」しかし、イエスは、触れた者を見つけようと、辺りを見回しておられた。(マルコ5.30-32)

 やっぱりイエスはここまでしてひとりひとりと向き合おうとしてはるんやし…ネ。

2007年11月15日 (木)

年間第33主日

11月18日に読まれる聖書

聖書と典礼はこちら

マラキの預言 (旧約 マラキ 3・19-20)

19 見よ、その日が来る

   炉のように燃える日が。

   高慢な者、悪を行う者は

   すべてわらのようになる。

   到来するその日は、と万軍の主は言われる。

   彼らを燃え上がらせ、根も枝も残さない。

20 しかし、わが名を畏れ敬うあなたたちには

   義の太陽が昇る。

   その翼にはいやす力がある。

使徒パウロのテサロニケの教会へ手紙

(新約 テサロニケ 3・7-12)

7 〔皆さん、あなたがたは〕わたしたちに

  どのように倣えばよいか、よく知っています。

  わたしたちは、そちらにいたとき、

  怠惰な生活をしませんでした。

8 また、だれからもパンをただでもらって

  食べたりしませんでした。

  むしろ、だれにも負担をかけまいと、

  夜昼大変苦労して、働き続けたのです。

9 援助を受ける権利がわたしたちになかったからでは

  なく、あなたがたがわたしたちに倣うように、

  身をもって模範を示すためでした。

10 実際、あなたがたのもとにいたとき、

   わたしたちは、「働きたくない者は、食べて

   はならない」と命じていました。

11 ところが、聞くところによると、

   あなたがたの中には怠惰な生活をし、

   少しも働かず、余計なことをしている者が

   いるということです。

12 そのような者たちに、わたしたちは

   主イエス・キリストに結ばれた者として

   命じ、勧めます。

   自分で得た晩を食べるように落ち着いて

   仕事をしなさい。

ルカによる福音 (新約 ルカ 21・5-19)

5 〔そのとき、〕ある人たちが、神殿が見事な

  石と奉納物で飾られていることを話していると、

  イエスは言われた。

6 「あなたがたは、これらの物に見とれているが、

  ひとつの石も崩さずに他の石の上に残ることが

  ない日が来る。」

7 そこで、かれらはイエスに尋ねた。

  「先生、ではそのことはいつ起こるのですか。

  また、そのことが起こるときには、どんな

  徴があるのですか。」

8 イエスは言われた。

  「惑わされないように気をつけなさい。

  わたしの名を名乗るものが大勢現れ

  『私がそれだ』とか、『時が近づいた』

  とか言うが、ついて行ってはならない。

9 戦争とか、暴動のことを聞いても、

  おびえてはならない。

  こういうことがまず起こるに決まっているが、

  世の終りはすぐには来ないからである。」

10 そして更に、言われた。

   「民は民に、国は国に敵対して立ち上がる。

11 そして、大きな地震があり、方々に飢饉や

   疫病が起こり、恐ろしい現象や著しい

   徴が天に現れる。

12 しかし、これらのことがすべて起こる前に、

   人々はあなたがたに手を下して、迫害し、

   会堂や牢に引渡し、わたしの名のために

   王や総督の前に引っ張って行く。

13 それはあなたがたにとって証しをする

   機会となる。

14 だから、前もって弁明の準備をするまいと、

  心に決めなさい。

15 どんな反対者でも、対抗も反論もできないような

   言葉と知恵を、私があなたがたに

   授けるからである。

16 あなたがたは親、兄弟、親族、友人にまで

   裏切られる。

   中には、殺される者もいる。

17 また、わたしの名のために、

   あなたがたはすべての人に憎まれる。

18 しかし、あなたがたの髪の毛の

   一本も決してなくならない。

19 忍耐によって、あなたがたは命を

   かち取りなさい。」

2007年11月 8日 (木)

年間第32主日

11月11日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

マカバイ記 (旧約 マカバイ7・1-2、9-14)

1 〔その日〕七人の兄弟が母親と共に

  捕らえられ、鞭や皮ひもで暴行を受け、

  律法で禁じられている豚肉を口に

  するよう、王に強制された。

2 かれらの一人が、皆に代わって言った。

  「いったいあなたは、我々から何を聞き出し、

  何を知ろうというのか。

  我々は父祖伝来の律法に背くくらいなら、

  いつでも死ぬ用意はできているのだ。」

9 〔二番目の者も〕息を引き取る間際に言った。

  「邪悪な者よ、あなたはこの世から我々の命を

  消し去ろうとしているが、世界の王は、

  律法のために死ぬ我々を永遠の新しい命へと

  よみがえらせてくださるのだ。」

10 彼に続いて三番目のものもなぶりものに

   された。

   彼は、命ぜられると即座に舌を差し出し、

   勇敢に両手を差し伸べ、

11 毅然として言った。

   「わたしは、天からこの舌や手を授かったが、

   主の律法のためなら、惜しいとは思わない。

   わたしは、主からそれらを再びいただける

   のだと確信している。」

12 そこで、王自身も、供たちも、苦痛をいささかも

   意に介さないこの若者の精神に驚嘆した。

13 やがて、彼も息を引き取ると、彼らは四番目の

   者も同様に苦しめ、拷問にかけた。

14 死ぬ間際に彼は言った。

   「たとえ人の手で死に渡されようとも、

   神が再び立ち上がらせてくださるという

   希望をこそ選ぶべきである。

   だが、あなたはよみがえって再び命を

   得ることはない。」

使徒パウロのテサロニケの教会への手紙

(新約 テサロニケ 2・16-3・5)

16 〔みなさん〕わたしたちの主イエス・キリスト

   御自身、ならびに、わたしたちを愛して

   永遠の慰めと確かな希望と恵みによって

   与えてくださる、わたしたちの父である

   神が、どうかあなたがたの心を励まし、

   また強め、いつも善い働きををし、

   善い言葉を語るものとしてくださるように。

1  終りに、兄弟たち、わたしたちのために

   祈ってください。

   主の言葉が、あなたがたのところでそうであったように、

   速やかに宣ベ伝えられ、あがめられるように、

2  また、わたしたちが道に外れた悪人どもから、

   逃れられるように、と祈ってください。

   すべてのひとに、信仰があるわけではないのです。

3  しかし、主は真実な方です。

   必ずあなたがたを強め、悪い者から守ってくださいます。

4  そして、わたしたちが命令することを、

   あなたがたは現に実行しており、また、

   これからもきっと実行してくれることと、

   主によって確信しています。

5  どうか、主があなたがたに神の愛と

   キリストの忍耐とを深く悟らせて

   くださるように。

ルカによる福音 (新約 ルカ 20・27-28、27、34-38)

27 〔そのとき、〕復活があることを否定するサドカイ派の

   人々が何人か近寄って来て、イエスに尋ねた。

   《28 「先生、モーセはわたしたちのために

   書いています。『ある人は、兄の妻をめとり、

   こがなくて死んだ場合、その弟は、兄嫁と

   結婚して、兄の跡継ぎをもうけねばならない。』

   と。

29 ところで、七人の兄弟がいました。

   長男が妻を迎えましたが、子がないまま死にました。

30 次男、

31 三男と次々にこの女を妻にしましたが、

   七人とも同じように子供を残さないで

   死にました。

32 最後にその女も死にました。

33 すると、復活の時、その女は誰の妻に

   なるのでしょうか。

   七人ともその女を妻にしたのです。」》

34 イエスは言われた。

   「この世の子らはめとったり嫁いだりするが、

35 次の世に入って死者の中から復活するのに

   ふさわしいとされた人々はめとることも、

   嫁ぐこともない。

36 この人たちは、もはや死ぬことがない。

   天使に等しいものであり、復活にあずかる者

   として、神の子だからである。

37 死者が復活することは、モーセも『柴』の

   箇所で、主をアブラハムの神、イサクの神、

   ヤコブの神と呼んで、示している。

38 神は死んだ者の神ではなく、

   生きている者の神なのだ。

   すべての人は神によって生きているからである。」

   

2007年11月 1日 (木)

年間第31主日

11月4日に読まれる聖書

聖書と典礼の解説はこちら

知恵の書 (旧約 知恵11・22~12・2)

22 〔主よ〕御前では、全宇宙は秤をわずかに

   傾ける塵、

   朝早く地に降りる一滴の露にすぎない。

23 全能のゆえに、あなたはすべての人を憐れみ、

   回心させようとして、人々の罪を見過ごされる。

24 あなたは存在するものすべてを愛し、

   お造りになったものを何一つ嫌われない。

   憎んでおられるなら、造られなかったはずだ。

25 あなたがたがお望みにならないのに存続し、

   あなたが呼び出されないのに存在する

   ものが果たしてあるだろうか。

26 命を愛される主よ、すべてはあなたのもの、

   あなたはすべてをいとおしまれる。

1  あなたの不滅の霊がすべてのものの中にある

   主よ、あなたは罪に陥る者を少しずつ

   懲らしめ、

   罪のきっかけを思い出させて人を諭される

   悪をすててあなたを信じるようになるために。

使徒パウロのテサロニケの教会への手紙

(新約 テサロニケ 1・11~2・2)

11 〔皆さん、わたしたちは〕いつもあなたがたの

   ために祈っています。

   どうか、わたしたちの神が、あなたがたを

   招きにふさわしいものとしてくださり、

   また、その御力で、善を求めるあらゆる

   願いと信仰の働きを成就させてくださるように。

12 それは、わたしたちの神と主イエス・キリスト

   の恵みによって、わたしたちの主イエスの

   名があなたがたの間であがめられ、

   あなたがたも主の誉れを受けるように

   なるためです。

1  さて、兄弟たち、私たちの主イエス・キリストが

   来られることと、そのみもとにわたしたちが、

   集められることについてお願いしたい。

2 霊や言葉によって、あるいは、わたしたちから

  書き送られた手紙によって、主の日は既に

  来てしまったかのように言う者がいても、

  すぐに動揺して分別をなくしたり、

  慌てふためいたりしないでほしい。

ルカによる福音 (新約 ルカ19・1-10)

1 〔そのとき〕イエスは、エリコに入り、

  町を通っておられた。

2 そこにザアカイという人がいた。

  この人は徴税人の頭で、金持ちであった。

3 イエスがどんな人か見ようとしたが、

  背が低かったので、群衆に遮られて

  見ることができなかった。

4 それで、イエスを見るために、走って

  先回りし、いちじく桑の木に登った。

  そこを通り過ぎようとしておられたからである。

5 イエスはその場所に来ると、

  「ザアカイ、急いで降りて来なさい。

  今日は、是非あなたの家に泊まりたい。」

6 ザアカイは、急いで降りて来て、喜んで

  イエスを迎えた。

7 これを見た人たちは皆つぶやいた。

  「あの人は、罪深い男のところに行って、

  宿をとった」

8 しかし、ザアカイは立ち上がって、主に

  言った。

  「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に

  施します。また、だれかから何かだまし

  取っていたら、それを四倍にして返します。」

9 イエスは言われた。

  「今日救いがこの家を訪れた。

  この人もアブラハムの子なのだから。

10 人の子は、失われたものを

   探して救うために来たのである。」

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »