« 待 降 節 | トップページ | 待降節第4主日 »

2007年12月19日 (水)

降誕節

教会の暦   ≪降 誕 節≫

イエス・キリストの誕生をお祝いすると、教会の暦は、しばらく降誕節に入ります。教会では、クリスマス1日だけお祝いするのではなく、1月6日・「主の公現」の祭日(聖書にある東方の占星術の学者達がベツレヘムの馬小屋でお生まれになった幼子を礼拝する日、すなわち、神様がご自身を私たちにお示しになった日)を経て、1月13日・「主の洗礼」の祝日(成人したイエス・キリストが宣教活動を始めることを記念し祝う日)まで降誕節は続きます。

051224_042

主の降誕(クリスマス)の夜半のミサ

12月24日() 18:30~ プレミサ

19:00~ ミ  サ

主の降誕(クリスマス)の日中のミサ

     12月25日(火)  9:30~ 

   聖家族の祝日のミサ

    12月30日(日)  9:30~ 

   神の母聖マリア祭のミサ

     1月 1日(木) 10:00~ 

   主の公現祭のミサ

     1月 6日(日)  9:30~

   主の洗礼の祝日のミサ

     1月13日(日)  9:30~

« 待 降 節 | トップページ | 待降節第4主日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。