« 2月7日の「聖書と典礼」 | トップページ | 2月10日(水)「灰の水曜日」(大斎・小斎) »

2016年2月10日 (水)

2月10日の「聖書と典礼」

2月10日『灰の水曜日』

隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。

(マタイによる福音66節より)

 

第一朗読           ヨエル書

(2章1218節)

 ヨエルが預言した時代はペルシャ帝国の支配の末期にあたると言われる。当時は恐ろしいイナゴの襲来があったようで(ヨエル書14節参照)、ヨエルはこれを主の怒りの日の予兆として、民に回心を求めた。

 

                             

 

ヨエルの預言

 

12主は言われる。
「今こそ、心からわたしに立ち帰れ
断食し、泣き悲しんで。
13衣を裂くのではなく
お前たちの心を引き裂け。」

 

あなたたちの神、主に立ち帰れ。
主は恵みに満ち、憐れみ深く
忍耐強く、慈しみに富み
くだした災いを悔いられるからだ。
14あるいは、主が思い直され
その後に祝福を残し
あなたたちの神、主にささげる穀物とぶどう酒を
残してくださるかもしれない。

 

15シオンで角笛を吹き
断食を布告し、聖会を召集せよ。
16民を呼び集め、会衆を聖別し
長老を集合させよ。
幼子、乳飲み子を呼び集め
花婿を控えの間から
花嫁を祝いの部屋から呼び出せ。
17祭司は神殿の入り口と祭壇の間で泣き
主に仕える者は言うがよい。
「主よ、あなたの民を憐れんでください。
あなたの嗣業である民を恥に落とさず
国々の嘲りの種としないでください。
『彼らの神はどこにいるのか』と
なぜ諸国の民に言わせておかれるのですか。」

 

18そのとき
主は御自分の国を強く愛し
その民を深く憐れまれた。

(註)13衣を裂く・・・・・・これ自体回心のしるしだが、さらに「心を引き裂け」という表現で徹底した回心を求めている。

(註)主はめぐみに満ち・・・・・・出エジプト記346節参照。

(註)くだした災い・・・・・・イナゴの群れのこと。神にささげる作物も残らないほどの被害がもたらされた。

(註)15聖会・・・・・・拝礼のために召集された集会のこと。

(註)17嗣業・・・・・・賜物、所有、相続財産のこと。イスラエルの民は、神がエジプトから導き出し、ご自分のものとされた民であるので、神の嗣業と言われる。

 

 

第二朗読        二 コリントの信徒への手紙

(5章20節〜6章2節)

この手紙の中で、自分の使徒としての任務を明らかにしてきたパウロは、それが「和解のために奉仕する任務」(518節)であるという。そして、続くこの個所で、キリストによる神との和解を受け入れるよう呼びかける。

 

 

使徒パウロのコリントの教会への手紙

 520〔皆さん、〕神がわたしたちを通して勧めておられるので、わたしたちはキリストの使者の務めを果たしています。キリストに代わってお願いします。神と和解させていただきなさい。21罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。
 
61わたしたちはまた、神の協力者としてあなたがたに勧めます。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。2なぜなら、
 「恵みの時に、わたしはあなたの願いを聞き入れた。
 救いの日に、わたしはあなたを助けた」
と神は言っておられるからです。今や、恵みの時、今こそ、救いの日。

(註)62「恵みの時に――」・・・・・・イザヤ書498節からの引用。

 

 

福音朗読        マタイによる福音

(6章16節、1618節)

山上の説教の一節。「あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者になりなさい」(548節)ということばに続く個所。

 

 

 

 

マタイによる福音

 

 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕1「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。
 
2だから、あなたは施しをするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきりあなたがたに言っておく。彼らは既に報いを受けている。3施しをするときは、右の手のすることを左の手に知らせてはならない。4あなたの施しを人目につかせないためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる父が、あなたに報いてくださる。
 5祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。6だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。
 
16断食するときには、あなたがたは偽善者のように沈んだ顔つきをしてはならない。偽善者は、断食しているのを人に見てもらおうと、顔を見苦しくする。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。17あなたは、断食するとき、頭に油をつけ、顔を洗いなさい。18それは、あなたの断食が人に気づかれず、隠れたところにおられるあなたの父に見ていただくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。」

(註)2偽善者・・・・・・マタイでは律法学者やファリサイ派を指す。(2313節)。原語は「俳優」の意味があり、表の態度と心の中とが違うことを指す意味合いがある(1578節、2218節参照)。

 

(省略された715節では、祈りについての教えが続き、「主の祈り」が教えられる。

 

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2016 210より)

« 2月7日の「聖書と典礼」 | トップページ | 2月10日(水)「灰の水曜日」(大斎・小斎) »