« 2月28日の「聖書と典礼」 | トップページ | 3月13日の「聖書と典礼」 »

2016年3月 3日 (木)

3月 6日の「聖書と典礼」

3月 6日『四旬節第4主日』

神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させられた。

(第2朗読主題句  (二)コリントの信徒への手紙518節より)

 

第一朗読           ヨシュア記

(5章9節a、1012節)

                              モーセに率いられてエジプトを脱出したイスラエルの民は、40年間の荒れ野での生活の後、モーセの後継者ヨシュアに率いられてヨルダン川を渡り、約束の地に入った。

ヨシュア記

9a〔その日、〕主はヨシュアに言われた。「今日、わたしはあなたたちから、エジプトでの恥辱を取り除いた。」
10イスラエルの人々はギルガルに宿営していたが、その月の十四日の夕刻、エリコの平野で過越祭を祝った。11過越祭の翌日、その日のうちに彼らは土地の産物を、酵母を入れないパンや炒り麦にして食べた。12彼らが土地の産物を食べ始めたその日以来、マナは絶え、イスラエルの人々に、もはやマナはなくなった。彼らは、その年にカナンの土地で取れた収穫物を食べた。

(註)10ギルガル・・・・・・ヨルダン川西岸の町エリコの近く。カナン征服の出発点となった。

(註) その月・・・・・・第1の月(ニサンの月)と言われ、今の34月にあたる。

(註)12マナ・・・・・・荒れ野で神から与えられた食べ物。それが絶えたのは、荒れ野の旅が終わったことを意味する。

 

第二朗読       (二)コリントの信徒への手紙

(5章1721節)

  この手紙は、パウロが去った後にコリントの教会に入ってきた偽使徒に反対して書かれた。パウロは、自分が仕えている「新しい契約」(36節)について述べる。

使徒パウロのコリントの教会への手紙

17〔皆さん、〕キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。18これらはすべて神から出ることであって、神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。19つまり、神はキリストによって世を御自分と和解させ、人々の罪の責任を問うことなく、和解の言葉をわたしたちにゆだねられたのです。20ですから、神がわたしたちを通して勧めておられるので、わたしたちはキリストの使者の務めを果たしています。キリストに代わってお願いします。神と和解させていただきなさい。21罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。

(註)21罪と何のかかわりもない方を・・・・・・イエスは罪を犯さなかったが、罪のために神から離れていた人間とまったく同じようになった。「罪となさいました」は特に十字架の死を指している(ガラテヤの信徒への手紙313節参照)。

 

福音朗読         ルカによる福音

(15章13節、1132節)

  ユダヤ人にとって共に食事をすることは、救いの共同体を表すものだった。イエスは、その行動(罪びととの会食)とたとえ話によって、罪びとの滅びではなく、救いを望まれる神の心をはっきりと示される。

 ルカによる福音

1〔そのとき、〕徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。2すると、ファリサイ派の人々や律法学者たちは、「この人は罪人たちを迎えて、食事まで一緒にしている」と不平を言いだした。3そこで、イエスは次のたとえを話された。
11「ある人に息子が二人いた。12弟の方が父親に、『お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください』と言った。それで、父親は財産を二人に分けてやった。13何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、遠い国に旅立ち、そこで放蕩の限りを尽くして、財産を無駄遣いしてしまった。14何もかも使い果たしたとき、その地方にひどい飢饉が起こって、彼は食べるにも困り始めた。15それで、その地方に住むある人のところに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって豚の世話をさせた。16彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。17そこで、彼は我に返って言った。『父のところでは、あんなに大勢の雇い人に、有り余るほどパンがあるのに、わたしはここで飢え死にしそうだ。18ここをたち、父のところに行って言おう。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。19もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください」と。』20そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。21息子は言った。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』

22しかし、父親は僕たちに言った。『急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。23それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう。24この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。』そして、祝宴を始めた。25ところで、兄の方は畑にいたが、家の近くに来ると、音楽や踊りのざわめきが聞こえてきた。26そこで、僕の一人を呼んで、これはいったい何事かと尋ねた。27僕は言った。『弟さんが帰って来られました。無事な姿で迎えたというので、お父上が肥えた子牛を屠られたのです。』28兄は怒って家に入ろうとはせず、父親が出て来てなだめた。29しかし、兄は父親に言った。『このとおり、わたしは何年もお父さんに仕えています。言いつけに背いたことは一度もありません。それなのに、わたしが友達と宴会をするために、子山羊一匹すらくれなかったではありませんか。30ところが、あなたのあの息子が、娼婦どもと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠っておやりになる。』31すると、父親は言った。『子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ。32だが、お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに見つかったのだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか。』」

(註)3次のたとえ・・・・・・11節からのたとえ話は、「見失った羊」と「なくした銀貨」のたとえ(4-10節)に続いて語られている。

(註)12財産の分け前・・・・・・父が死んだときに相続する分のこと。(申命記2117節参照)。

(註)15豚の世話・・・・・・豚はユダヤ人にとって汚れた動物。

(註)16イナゴ豆・・・・・・家畜の飼料であるが、貧しい人の食物にもなった。

(註)22良い服 指輪 履物・・・・・・いずれも雇い人ではなく、子として迎え入れるしるし。

(註)29言いつけに背いたことは・・・・・・ファリサイハの態度が暗示されている。

(註) 子山羊一匹すら・・・・・・小牛よりもずっと価値が低い。

(註)30あなたのあの息子・・・・・・兄は自分の弟を兄弟として受け入れることができずにこのように言うが、父親は「お前のあの弟」(32)と言い換えている。

 

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2016・ 3・ 6より)

« 2月28日の「聖書と典礼」 | トップページ | 3月13日の「聖書と典礼」 »