« 6月19日の「聖書と典礼」 | トップページ | 7月 3日の「聖書と典礼」 »

2016年6月24日 (金)

6月26日の「聖書と典礼」

626() 年間第13主日  (C年)

あなたがおいでになる所なら、どこへでも従って参ります。

(ルカによる福音書957節より)

 

 紀元前9世紀、預言者エリヤは、北イスラエルの王アハブの妻、王妃イゼベルの迫害から逃れてホレブ山(シナイ山)に来た。彼はそこで新しい使命を神から授けられ、自分の後継者エリシャを召し出すように命じられる。

第一朗読           列王記上

エリシャは立ってエリヤに従った。

(19章16節b、1921節)

列王記

 〔その日、主はエリヤに言われた。〕16b「アベル・メホラのシャファトの子エリシャにも油を注ぎ、あなたに代わる預言者とせよ。」
19エリヤはそこをたち、十二軛の牛を前に行かせて畑を耕しているシャファトの子エリシャに出会った。エリシャは、その十二番目の牛と共にいた。エリヤはそのそばを通り過ぎるとき、自分の外套を彼に投げかけた。20エリシャは牛を捨てて、エリヤの後を追い、「わたしの父、わたしの母に別れの接吻をさせてください。それからあなたに従います」と言った。エリヤは答えた。「行って来なさい。わたしがあなたに何をしたというのか」と。
21エリシャはエリヤを残して帰ると、一軛の牛を取って屠り、牛の装具を燃やしてその肉を煮、人々に振る舞って食べさせた。それから彼は立ってエリヤに従い、彼に仕えた。

()19(くびき)……軛は農具などをひかせるために、牛やろば2頭を横に並べてつなぐもの。12軛は24頭ということになる。

() 外套……列王記下1章8節では、「毛衣(けごろも)」と言われ、エリヤの預言者としての特徴を示すもの。これを投げかけるのは、エリシャに預言者としての使命が与えられることのしるしのようである。

()20わたしがあなたに何をしたというのか……わたしがあなたにしたことを忘れないように、という意味であろうか。

()21牛を取って屠り……農耕用の家畜であった牛を屠ることは、古い生活に終止符を打つことを意味するようである。

 

 異邦人キリスト者に律法を守らせようとするユダヤ化主義者たちに対抗して、パウロは、キリストへの信仰によってキリスト者が律法から解放されたと主張した。ここでは律法から解放されたキリスト者の新しい生き方を語る。

第二朗読       ガラテヤ信徒への手紙

あなたがたは、自由を得るために召し出された。

(5章1節、1318節)

使徒パウロのガラテヤの教会への手紙

1〔皆さん、〕自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません。
13兄弟たち、あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。ただ、この自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕えなさい。14律法全体は、「隣人を自分のように愛しなさい」という一句によって全うされるからです。15だが、互いにかみ合い、共食いしているのなら、互いに滅ぼされないように注意しなさい。
16わたしが言いたいのは、こういうことです。霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。17肉の望むところは、霊に反し、霊の望むところは、肉に反するからです。肉と霊とが対立し合っているので、あなたがたは、自分のしたいと思うことができないのです。18しかし、霊に導かれているなら、あなたがたは、律法の下にはいません。

()14隣人を~……レビ記1918節、マタイによる福音書2237-40節参照。

()16霊の導き……キリスト者は、人を神の子とする御子の霊をいただいている(ガラテアの信徒への手紙46節参照)。この聖霊に導かれること。「肉の欲望」は神と無関係な自分勝手な欲望のこと。

 

ルカ福音書では、第1回の受難予告の後、951節からエルサレムに向かう旅が始まる。この旅の始めにあたるきょうの箇所は、十字架への道を歩むイエスに従うことがどういうことであるかを示している。

福音朗読        ルカによる福音書

イエスは、エルサレムに向かう決意を固められた。

「あなたがおいでになる所なら、どこへでも従って参ります。」

(9章5162節)

ルカによる福音

51イエスは、天に上げられる時期が近づくと、エルサレムに向かう決意を固められた。52そして、先に使いの者を出された。彼らは行って、イエスのために準備しようと、サマリア人の村に入った。53しかし、村人はイエスを歓迎しなかった。イエスがエルサレムを目指して進んでおられたからである。54弟子のヤコブとヨハネはそれを見て、「主よ、お望みなら、天から火を降らせて、彼らを焼き滅ぼしましょうか」と言った。55イエスは振り向いて二人を戒められた。56そして、一行は別の村に行った。
57一行が道を進んで行くと、イエスに対して、「あなたがおいでになる所なら、どこへでも従って参ります」と言う人がいた。58イエスは言われた。「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない。」59そして別の人に、「わたしに従いなさい」と言われたが、その人は、「主よ、まず、父を葬りに行かせてください」と言った。60イエスは言われた。「死んでいる者たちに、自分たちの死者を葬らせなさい。あなたは行って、神の国を言い広めなさい。」61また、別の人も言った。「主よ、あなたに従います。しかし、まず家族にいとまごいに行かせてください。」62イエスはその人に、「鋤に手をかけてから後ろを顧みる者は、神の国にふさわしくない」と言われた。

()52サマリア人の村……サマリア人はユダヤ人と反目し合っていた。彼らは独自の聖所を持ち、エルサレムの神殿の権威を否定していた。

()54天から火を降らせて・・・・・・かってエリヤはこのようにして自分を捕らえに来た兵士たちを滅ぼした(列王記下1)。しかし、イエスの道はそのような道ではない。

()60死んでいる者たち……イエスが示すいのちの道に従わない人のこと。

()62……牛にひかせて畑を耕す農具。右手に鞭を持ち、左手だけで扱うのでしっかり前を見ていなければならない。

 

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2016626より)

« 6月19日の「聖書と典礼」 | トップページ | 7月 3日の「聖書と典礼」 »