« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月28日 (金)

パンダネ「週報」 10月30日号

~~~カトリック兵庫教会報~~~

パンダネ「週報」

下記をクリックしてください。)

「1030.pdf」をダウンロード

 

10月30日の「聖書と典礼」

1030() 年間第31主日  (C年)

イエスを見るために、走って先回りし、いちじく桑の木に登った。

(ルカによる福音書194節より)

 

 〔知恵の書の1019章は救いの歴史における神の知恵の働きを述べる。この個所はエジプト脱出にあたって神が示されたエジプト人に対する忍耐の理由として、神の愛について述べている。〕

第一朗読           知恵の書

あなたはすべての人を憐れみ、存在するものすべてを愛される。

(11章22節〜12章2節)

知恵の書

1122〔主よ、〕
御前では、全宇宙は秤をわずかに傾ける塵、
朝早く地に降りる一滴の露にすぎない。

23全能のゆえに、あなたはすべての人を憐れみ、
回心させようとして、人々の罪を見過ごされる。

24あなたは存在するものすべてを愛し、
お造りになったものを何一つ嫌われない。
憎んでおられるのなら、造られなかったはずだ。

25あなたがお望みにならないのに存続し、
あなたが呼び出されないのに存在するものが
果たしてあるだろうか。

26命を愛される主よ、すべてはあなたのもの、
あなたはすべてをいとおしまれる。

                             

121あなたの不滅の霊がすべてのものの中にある。

2主よ、あなたは罪に陥る者を少しずつ懲らしめ、
罪のきっかけを思い出させて人を諭される。
悪を捨ててあなたを信じるようになるために。

(註) 1不滅の霊……人は神の霊()によって生きる(創世記27)ものであり、本来、不滅な者として創造されたと考えられた〔知恵の書223節〕。

 

 〔マケドニア州の首都テサロニケは、パウロが第2回の宣教旅行で福音を伝えた町。迫害や苦難の中で主の来臨への希望をもって日々を生きるキリスト者の生き方が語られる。〕

第二朗読    (二)テサロニケの信徒への手紙

主イエスの名があなたがたの間であがめられ、

あなたがたも主によって誉れを受けるように。

(1章11節〜2章2節)

使徒パウロのテサロニケの教会への手紙

111〔皆さん、わたしたちは〕いつもあなたがたのために祈っています。どうか、わたしたちの神が、あなたがたを招きにふさわしいものとしてくださり、また、その御力で、善を求めるあらゆる願いと信仰の働きを成就させてくださるように。12それは、わたしたちの神と主イエス・キリストの恵みによって、わたしたちの主イエスの名があなたがたの間であがめられ、あなたがたも主によって誉れを受けるようになるためです。
21さて、兄弟たち、わたしたちの主イエス・キリストが来られることと、そのみもとにわたしたちが集められることについてお願いしたい。2霊や言葉によって、あるいは、わたしたちから書き送られたという手紙によって、主の日は既に来てしまったかのように言う者がいても、すぐに動揺して分別を無くしたり、慌てふためいたりしないでほしい。

(註) 2主の日は既に来てしまった……「主の日」はキリストが栄光のうちに再び来られ、悪の支配を滅ぼす救いの完成の時。それがすでに実現したとするならば、現在の悪との戦いや忍耐は意味を持たなくなってしまう。続く個所でパウロはこの考えをはっきり否定している。

 

 〔エリコはヨルダン川下流の町。ガリラヤからエルサレムに向かうイエスの旅は終わりに近づいている。この話はルカ福音書だけが伝えている。〕

福音朗読         ルカによる福音 

人の子は、失われたものを捜して救うために来た。

(19章110節)

ルカによる福音

1〔そのとき、〕イエスはエリコに入り、町を通っておられた。2そこにザアカイという人がいた。この人は徴税人の頭で、金持ちであった。3イエスがどんな人か見ようとしたが、背が低かったので、群衆に遮られて見ることができなかった。4それで、イエスを見るために、走って先回りし、いちじく桑の木に登った。そこを通り過ぎようとしておられたからである。5イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われた。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。」6ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエスを迎えた。7これを見た人たちは皆つぶやいた。「あの人は罪深い男のところに行って宿をとった。」8しかし、ザアカイは立ち上がって、主に言った。「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します。」9イエスは言われた。「今日、救いがこの家を訪れた。この人もアブラハムの子なのだから。10人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」

(註) 5ぜひ~泊まりたい……直訳では「泊まらなければならない」。これはそのことが神の計画であることを表す表現である。

(註) 7罪深い男……徴税人はローマに納める関税の徴収を請け負っていたユダヤ人。人々からだまし取ると考えられ、罪人のレッテルを張られていた。ザアカイはこの徴税人の頭であった。

(註) 9アブラハムの子……アブラハムの子孫であるイスラエルの民族ということよりも、神の救いの計画にあずかるべき者ということが考えられている(ルカによる福音323節―38節参照)

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」20161030より)

2016年10月27日 (木)

熊本地震被災者支援バザー

                             20161023日(日)ミサ後、午前11時過ぎから午後2時まで熊本地震被災Img_0568_2 者支援バザーを行いました。

 当日は、心配された天候も持ち直し時々青空ものぞく秋空のもと、地域の人々、子どもたち、合同ミサで来られた“たかとり教会”、同じ中ブロックの“鈴蘭台教会”、近隣の“神戸中央教会”などの人々が来場されて大変にぎわいました。

  兵庫教会名物の「ちらし寿司」、「おでん」、にImg_0566 「焼きそば」、「焼き鳥」、昨年から始めたミケランジェロ神父様(サクラファミリア)直伝の大なべで炊く本格的な「パエリア」、飲み物など出店。

いろいろな料理・飲み物に舌鼓を打つ人々…。喫茶コーナーではお茶とお菓子で一休み。

   Dsc_0835 子どもたちのコーナーでは、綿菓子、手作りコーナー、ゲームコーナーなど、ゲームコーナーでは最後まで元気な歓声が上がりにぎわっていました。

 また、毎年行われている「日用品」の販売コーナーDsc_0836 も好評でたくさん購入していただきました。

 ご無理をお願いし出店していただいた「パウロ書店」、「フリーマーケット」の方々、大変ご苦労様でした。ありがとうございました。

 終了後、打ち上げ(反省会)を行い互いの苦労をねぎらうと共に無事終えることができたことを互いに喜び感謝し、次のバザーに向けて決意を新たにしました。

 

2016年10月21日 (金)

パンダネ「週報」10月23日号

~~~カトリック兵庫教会報~~~

パンダネ「週報」

下記をクリックしてください。)

「1023.pdf」をダウンロード

10月23日の「聖書と典礼」

1023() 年間第30主日  (C年)

今や、義の栄冠を受けるばかりです。

(テモテへの手紙() 48節より)

 

 〔紀元前2世紀に著されたシラ書は、神を畏れることに始まる知恵に従う生活を勧めるすぐれた智恵文学である。「集会の書」とも呼ばれ、カトリック教会では第2正典に属する。〕

第一朗読           シラ書

謙虚な人の祈りは、雲を突き抜けていく。

(35章15b17節、2022節a)

シラ書

15b主は裁く方であり、
人を偏り見られることはないからだ。

16貧しいからといって主はえこひいきされないが、
虐げられている者の祈りを聞き入れられる。

17主はみなしごの願いを無視されず、
やもめの訴える苦情を顧みられる。

20御旨に従って主に仕える人は受け入れられ、
その祈りは雲にまで届く。

21謙虚な人の祈りは、雲を突き抜けて行き、
それが主に届くまで、彼は慰めを得ない。
彼は祈り続ける。いと高き方が彼を訪れ、

22a正しい人々のために裁きをなし、
正義を行われるときまで。

(註)17みなしご やもめ……自分を守ってくれる人のいない弱者の代表。

(註)21謙虚な人……元のギリシャ語の「タペイノス」は、「本来身分の低い()という意味である。自分を低くするという意味で「謙虚な人」の意味にもなる。

 

〔パウロが弟子のテモテに向けて書いた遺言のような個所。〕

第二朗読       (二)テモテへの手紙

今や、義の栄冠を受けるばかりである。

(4章68節、1618節)

使徒パウロのテモテへの手紙

6〔愛する者よ、〕わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。世を去る時が近づきました。7わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。

8今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれをわたしに授けてくださるのです。しかし、わたしだけでなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます。
16わたしの最初の弁明のときには、だれも助けてくれず、皆わたしを見捨てました。彼らにその責めが負わされませんように。17しかし、わたしを通して福音があまねく宣べ伝えられ、すべての民族がそれを聞くようになるために、主はわたしのそばにいて、力づけてくださいました。そして、わたしは獅子の口から救われました。18主はわたしをすべての悪い業から助け出し、天にある御自分の国へ救い入れてくださいます。主に栄光が世々限りなくありますように、アーメン。

(註) 6いけにえとして献げられています……神に奉納の酒を注ぐことを意味することばが使われている。殉教を暗示しているようである。

(註) 8義の栄冠……永遠のいのちを指すのであろう(一コリントへの手紙924-26節参照)

(註)16最初の弁明……本書が書かれる少し前に行われたローマでの取り調べの時のことのようである。

(註)17獅子の口……大きな危険を意味する象徴的な表現。

 

〔失望せずに絶えず祈ることを弟子たちに教えた(先週の福音)後、このたとえでも祈りの姿勢について教えられる。〕

福音朗読         ルカによる福音

義とされた家に帰ったのは徴税人であって、ファリサイ派の人ではない。

(18章914節)

ルカによる福音

9〔そのとき、〕自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している人々に対しても、イエスは次のたとえを話された。10「二人の人が祈るために神殿に上った。一人はファリサイ派の人で、もう一人は徴税人だった。11ファリサイ派の人は立って、心の中でこのように祈った。『神様、わたしはほかの人たちのように、奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でなく、また、この徴税人のような者でもないことを感謝します。12わたしは週に二度断食し、全収入の十分の一を献げています。』13ところが、徴税人は遠くに立って、目を天に上げようともせず、胸を打ちながら言った。『神様、罪人のわたしを憐れんでください。』14言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」

(註) 9人々……ファリサイ派ではなく、むしろイエスの弟子たちのことであろう。

(註)12週に二度断食し……律法上の義務ではないが、熱心なユダヤ人は自発的に毎週月曜日と木曜日に断食した。

(註) 全収入の十分の一……これも律法の要求以上のことである(申命記1422-23節参照)

(註)14義とされて……「神に正しい者と認められて」の意味。

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」20161023より)

2016年10月19日 (水)

◇熊本地震被災者支援バザーのお知らせ

~~~兵庫教会バザー~~~

 

熊本地震被災者支援バザー

 

20161023日(日)

 

ミ サ:午前9時~

 

バザー:午前1115分~午後2

 

下記をクリックしてください。)

                                                                                                  「2016a.pdf」をダウンロード

 

 

 

続きを読む "◇熊本地震被災者支援バザーのお知らせ" »

2016年10月14日 (金)

10月16日の「聖書と典礼」

1016() 年間第29主日  (C年)

御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。

( テモテへの手紙() 42節より )

 

 〔エジプトを脱出したイスラエルの民は、荒れ野でさまざまな困難に遭遇した。この個所は異民族との最初の衝突を伝える。〕

第一朗読          出エジプト記

モーセが手を上げている間、イスラエルは優勢になった。

(17章813節)

出エジプト記

8アマレクがレフィディムに来てイスラエルと戦ったとき、9モーセはヨシュアに言った。
 「男子を選び出し、アマレクとの戦いに出陣させるがよい。明日、わたしは神の杖を手に持って、丘の頂に立つ。」
10ヨシュアは、モーセの命じたとおりに実行し、アマレクと戦った。モーセとアロン、そしてフルは丘の頂に登った。11モーセが手を上げている間、イスラエルは優勢になり、手を下ろすと、アマレクが優勢になった。12モーセの手が重くなったので、アロンとフルは石を持って来てモーセの下に置いた。モーセはその上に座り、アロンとフルはモーセの両側に立って、彼の手を支えた。その手は、日の沈むまで、しっかりと上げられていた。13ヨシュアは、アマレクとその民を剣にかけて打ち破った。 

(註) 8アマレク……ヤコブの兄エサウの子孫とされる遊牧民族。イスラエル民族と常に敵対していた。

(註) 9ヨシュア……モーセの従者。

(註)  神の杖……この枝で、モーセは葦の海を二つに分ける(出エジプト記1416節参照)などの軌跡を行った。

(註)10フル……祭司アロンと並んでモーセが不在の時の代理者でもあった(出エジプト記2414節参照)

(註)11手を上げている……手を上げるのは祈りの一つの姿勢で、元来、神の加護を求めることを意味していたらしい。

 

 〔世を去る時が近づいたと感じていた(46節参照)パウロが弟子のテモテに書き送った最後の指示。〕

第二朗読       (二)テモテへの手紙

神の仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、

十分に整えられる。

( 3章14節〜4章2節 )

使徒パウロのテモテへの手紙

314〔愛する者よ、〕自分が学んで確信したことから離れてはなりません。あなたは、それをだれから学んだかを知っており、15また、自分が幼い日から聖書に親しんできたことをも知っているからです。この書物は、キリスト・イエスへの信仰を通して救いに導く知恵を、あなたに与えることができます。16聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。17こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです。
41神の御前で、そして、生きている者と死んだ者を裁くために来られるキリスト・イエスの御前で、その出現とその御国とを思いつつ、厳かに命じます。2御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。

(註)14だれから学んだか……テモテの父はギリシャ人、母はユダヤ人であった。彼は母と祖母によってユダヤ人としての教育を受け、聖書(旧約聖書)を学んだ。さらに、パウロからキリストについての教えを受けた。

 

 〔ルカ福音書はイエスが祈る姿や、祈りについて教える姿をたびたび伝えている。きょうの個所は、「人の子が現れる日」(1730節)について語る言葉に続いている。〕

福音朗読        ルカによる福音書 

神は、叫び求めている

選ばれた人たちのために裁きを行われる。

( 18章18節 )

ルカによる福音

1〔そのとき、〕イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。2「ある町に、神を畏れず人を人とも思わない裁判官がいた。3ところが、その町に一人のやもめがいて、裁判官のところに来ては、『相手を裁いて、わたしを守ってください』と言っていた。4裁判官は、しばらくの間は取り合おうとしなかった。しかし、その後に考えた。『自分は神など畏れないし、人を人とも思わない。5しかし、あのやもめは、うるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう。さもないと、ひっきりなしにやって来て、わたしをさんざんな目に遭わすにちがいない。』」6それから、主は言われた。「この不正な裁判官の言いぐさを聞きなさい。7まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。

8言っておくが、神は速やかに裁いてくださる。しかし、人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか。」

(註) 3やもめ……弱者の代表である。彼女の訴えは財産に関するものであろう。

(註) 相手をさばいて~……原文は、文字通りには「相手に対して私を正しくさばいてください」というような言い方である。悪に苦しめられている人は神の正義が実現するこのような[裁き]を待ち望む。

(註) 7選ばれた人……神は、特別な能力を持つ人ではなく、弱く、神の助けを待ち望む人を選ばれる。

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」20161016より)

2016年10月 7日 (金)

10月 9日の「聖書と典礼」

109() 年間第28主日  (C年)

耐え忍ぶなら、キリストと共に支配するようになる。

(第2朗読主題句 (二)テモテへの手紙212節より)

 

 〔ナアマンはアラム(現在のシリア)の王の軍司令官であった。重い皮膚病にかかった彼は、「ヨルダン川(イスラエルの川)で身を洗え」という預言者エリシャのことばをはじめは受け入れようとしなかったが、思い直して出かける。〕

第一朗読          列王記(下)

ナアマンは神の人のところに引き返し、神への信仰を告白した。

(5章1417節)

列王記

14〔その日、シリアの〕ナアマンは神の人〔エリシャ〕の言葉どおりに下って行って、ヨルダン〔川〕に七度身を浸した。彼の体は元に戻り、小さい子供の体のようになり、清くなった。
15
彼は随員全員を連れて神の人のところに引き返し、その前に来て立った。「イスラエルのほか、この世界のどこにも神はおられないことが分かりました。今この僕からの贈り物をお受け取りください。」16神の人は、「わたしの仕えている主は生きておられる。わたしは受け取らない」と辞退した。ナアマンは彼に強いて受け取らせようとしたが、彼は断った。17ナアマンは言った。「それなら、らば二頭に負わせることができるほどの土をこの僕にください。僕は今後、主以外の他の神々に焼き尽くす献げ物やその他のいけにえをささげることはしません。」

(註)16主は生きておられる……人の手で作られた偶像に過ぎない異国の神々への礼拝に反対した預言者が、唯一の神への信仰を表明する典型的なことば(列王記上171節など参照)。

(註)17……この出来事を記念し、この地の土を用いて、主のために祭壇を築こうとしたのであろう。

 

 〔ローマで監禁され、殉教を目前にしていたパウロが弟子たちに書き送った手紙。〕

第二朗読         ()テモテへの手紙

耐え忍ぶなら、キリストと共に支配するようになる。

(2章813節)

使徒パウロのテモテへの手紙

8〔愛する者よ、〕イエス・キリストのことを思い起こしなさい。わたしの宣べ伝える福音によれば、この方は、ダビデの子孫で、死者の中から復活されたのです。9この福音のためにわたしは苦しみを受け、ついに犯罪人のように鎖につながれています。しかし、神の言葉はつながれていません。10だから、わたしは、選ばれた人々のために、あらゆることを耐え忍んでいます。彼らもキリスト・イエスによる救いを永遠の栄光と共に得るためです。11次の言葉は真実です。
 「わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、
 キリストと共に生きるようになる。
 12耐え忍ぶなら、
 キリストと共に支配するようになる。
 キリストを否むなら、
 キリストもわたしたちを否まれる。
 13わたしたちが誠実でなくても、
 キリストは常に真実であられる。
 キリストは御自身を
 否むことができないからである。」

(註) 8ダビデの子孫で、死者の中から復活された……人間から生ま

           れた方であるとともに、神から生まれた方であること

           を表している(ローマの信徒への手紙13-4節参照)。

(註)11-13わたしたちは~……迫害の中にあるキリスト者を励ます

 賛歌からの引用のようである。

(註)12共に支配する……王であるキリストは、良い羊飼いとして群

          れを守り、一つに集める。このキリストの栄誉と務め

          にあずかること。

 

 

 〔サマリア地方はガリラヤとユダヤの間にある。サマリア人は、民族的にも宗教的にもユダヤ人(ガリラヤの人も含まれる)と対立していた。〕

福音朗読        ルカによる福音書

この外国人のほかに、神を賛美するために

戻って来た者はいないのか。

(17章1119節)

ルカによる福音

11 イエスはエルサレムへ上る途中、サマリアとガリラヤの間を通られた。12ある村に入ると、重い皮膚病を患っている十人の人が出迎え、遠くの方に立ち止まったまま、13声を張り上げて、「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください」と言った。14イエスは重い皮膚病を患っている人たちを見て、「祭司たちのところに行って、体を見せなさい」と言われた。彼らは、そこへ行く途中で清くされた。15その中の一人は、自分がいやされたのを知って、大声で神を賛美しながら戻って来た。

16そして、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。この人はサマリア人だった。17そこで、イエスは言われた。「清くされたのは十人ではなかったか。ほかの九人はどこにいるのか。18この外国人のほかに、神を賛美するために戻って来た者はいないのか。」19それから、イエスはその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」

(註)12遠くのほうに立ち止まったまま……重い皮膚病の人は他の

           人に近づくことが許されなかった。(レビ記13

           45-46節参照)。

(註)14祭司たちのところに……この病気がいやされたことを証明

           するのは祭司の務めであった(レビ記141-32

           参照)。サマリア 人とユダヤ人は別々の祭司を

           持っていたから、別々に出かけたのである。

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」201610 9より)

2016年10月 4日 (火)

神戸地区中ブロック3教会のミサの予定

~~~神戸地区中ブロック~~~

(鈴蘭台教会・たかとり教会・兵庫教会)

201610月のミサの予定

下記をクリックしてください。

「3_b.pdf」をダウンロード

神戸地区中ブロック3教会の勉強会の予定

~~~神戸地区中ブロック~~~

(鈴蘭台教会・たかとり教会・兵庫教会)

 

201610月の講座の予定

(下記をクリックしてください。)

「3.pdf」をダウンロード

 

 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »