« 2017年 1月22日の「聖書と典礼」 | トップページ | 神戸地区中ブロック(鈴蘭台・たかとり・兵庫教会)の2月の講座予定 »

2017年1月27日 (金)

2017年 1月29日の「聖書と典礼」

129日 年間第4主日 (A年)

「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである」

(マタイによる福音書5章3節より)

 

 〔ゼファニヤはヨシヤ王時代(紀元前七世紀)の預言者。民の背信に対する主の怒りの日の到来を告げた。〕

第一朗読         ゼファニヤ書

わたしはお前の中に、苦しめられ、卑しめられた民を残す。

(2章3節、3章1213節)

ゼファニヤの預言

23主を求めよ。

主の裁きを行い、苦しみに耐えてきた
この地のすべての人々よ
恵みの業を求めよ、苦しみに耐えることを求めよ。
主の怒りの日に
あるいは、身を守られるであろう。

                             

312わたしはお前の中に
苦しめられ、卑しめられた民を残す。
彼らは主の名を避け所とする。

13イスラエルの残りの者は
不正を行わず、偽りを語らない。
その口に、欺く舌は見いだされない。
彼らは養われて憩い
彼らを脅かす者はない。

(註) 3苦しみに耐え……本節に2回出てくるこのことばは、「貧しい」とか「へりくだる、柔和な」とも訳される。他人の力や圧迫によって、あるいは自ら進んで、身を小さくしている様を表すことば。312節の「苦しめられ」も同じことばである。

(註)13イスラエルの残りの者……神に背いた民の破滅の中で、神がご自分の救いの実現のために残しておく人々のこと。

 

 〔人間的な知恵や力に頼り、分派争いをしているコリントのキリスト者に対して、パウロは神の知恵、神の力であるキリストを思い出させ、ここでは自分たちの召命の原点を見つめ直させる。〕

第二朗読     一コリントの信徒への手紙

神は世の無力な者を選ばれた。

(1章2631節)

使徒パウロのコリントの教会への手紙

26兄弟たち、あなたがたが召されたときのことを、思い起こしてみなさい。人間的に見て知恵のある者が多かったわけではなく、能力のある者や、家柄のよい者が多かったわけでもありません。27ところが、神は知恵ある者に恥をかかせるため、世の無学な者を選び、力ある者に恥をかかせるため、世の無力な者を選ばれました。28また、神は地位のある者を無力な者とするため、世の無に等しい者、身分の卑しい者や見下げられている者を選ばれたのです。29それは、だれ一人、神の前で誇ることがないようにするためです。30神によってあなたがたはキリスト・イエスに結ばれ、このキリストは、わたしたちにとって神の知恵となり、義と聖と贖いとなられたのです。31「誇る者は主を誇れ」と書いてあるとおりになるためです。

(註)31誇る者は主を誇れ……エレミヤ書923節をパウロが短くしたらしい。元の箇所では「誇る者は、この事を誇るがよい、目覚めてわたしを知ることを」となっている。

 

 〔漁師であった弟子たちと、「いろいろな病気や苦しみに悩む」(424節)群衆を前にしてイエスは語り始める。マタイ福音書57章の「山上の説教」の冒頭の部分。ここで幸いと呼ばれる人々のうち36節は苦しみに耐えている人々の姿、711節はその苦しみの中でより積極的に生きようとしている人々の姿と言ってよいであろう。〕

福音朗読       マタイによる福音書 

心の貧しい人々は、幸いである。

(5章112節a)

マタイによる福音

1〔そのとき、〕イエスは群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。2そこで、イエスは口を開き、教えられた。
3「心の貧しい人々は、幸いである、
 天の国はその人たちのものである。
4悲しむ人々は、幸いである、
 その人たちは慰められる。
5柔和な人々は、幸いである、
 その人たちは地を受け継ぐ。
6義に飢え渇く人々は、幸いである、
 その人たちは満たされる。
7憐れみ深い人々は、幸いである、
 その人たちは憐れみを受ける。
8心の清い人々は、幸いである、
 その人たちは神を見る。
9平和を実現する人々は、幸いである、
 その人たちは神の子と呼ばれる。
10義のために迫害される人々は、幸いである、
 天の国はその人たちのものである。
11わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。12a喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。」

(註) 3心の貧しい人々……直訳では「霊において貧しい人々」(ルカ福音書620節参照)。

(註) 5柔和な人々は~……詩編3711節に似ている。「柔和な」は3節の「貧しい」と同じヘブライ語のことばに行き着く。第1朗読〔ゼファニヤ書23節〕の注参照。

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2017 129より)

 

« 2017年 1月22日の「聖書と典礼」 | トップページ | 神戸地区中ブロック(鈴蘭台・たかとり・兵庫教会)の2月の講座予定 »