« 神戸地区中ブロック(鈴蘭台・たかとり・兵庫教会)の2月のミサの予定 | トップページ | 2017年 2月12日の「聖書と典礼」 »

2017年2月 3日 (金)

2017年 2月 5日の「聖書と典礼」

2 5日 年間第5主日 (A年)

あなたの光は曙のように射し出でる。

(第一朗読主題句 イザヤの預言 588節より)

 

  〔バビロン捕囚から解放され、祖国の再建を始めた民に、預言者は愛と正義に基づく根本的な回心を求める。形式的に断食しながら、人を虐げ、争いやいさかいを起こしている人々が強烈に批判される。〕

 第一朗読          イザヤ書

あなたの光は曙のように射し出でる。

(58章710節)

イザヤの預言

〔主は言われる。
わたしの選ぶ断食とは〕
7飢えた人にあなたのパンを裂き与え
さまよう貧しい人を家に招き入れ
裸の人に会えば衣を着せかけ
同胞に助けを惜しまないこと。
8そうすれば、あなたの光は曙のように射し出で
あなたの傷は速やかにいやされる。
あなたの正義があなたを先導し
主の栄光があなたのしんがりを守る。
9あなたが呼べば主は答え
あなたが叫べば
「わたしはここにいる」と言われる。
軛を負わすこと、指をさすこと
呪いの言葉をはくことを
あなたの中から取り去るなら
10飢えている人に心を配り
苦しめられている人の願いを満たすなら
あなたの光は、闇の中に輝き出で
あなたを包む闇は、真昼のようになる。

(註) 8あなたの光……この光の源は神ご自身である。「主があなたのとこしえの光となり、あなたの神があなたの輝きとなられる」(イザヤ書6019節)。

(註) しんがり……隊列の最後にあって、後方を守る人々のこと(出エジプト記1419節参照)。

 

 〔さまざまな哲学や弁論術が盛んだったアテネで、パウロは思うように宣教の成果を上げられなかった。次に訪れたコリントでもユダヤ人から拒否されたが、「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。わたしがあなたと共にいる」という主の声を聞いて一年六ヵ月滞在しコリントの人々に福音を伝えた(使徒言行録18章参照)。〕

第二朗読     一コリントの信徒への手紙

わたしは、十字架につけられたキリストの

秘められた計画を宣べ伝えた。

(2章15節)

使徒パウロのコリントの教会への手紙

1兄弟たち、わたし〔は〕そちらに行ったとき、神の秘められた計画を宣べ伝えるのに優れた言葉や知恵を用いませんでした。

2なぜなら、わたしはあなたがたの間で、イエス・キリスト、それも十字架につけられたキリスト以外、何も知るまいと心に決めていたからです。3そちらに行ったとき、わたしは衰弱していて、恐れに取りつかれ、ひどく不安でした。4わたしの言葉もわたしの宣教も、知恵にあふれた言葉によらず、と力の証明によるものでした。5それは、あなたがたが人の知恵によってではなく、神の力によって信じるようになるためでした。 

(註) 1秘められた計画……ギリシア語で「ミュステーリオン」。「神秘、秘義」とも訳されるが、ここでは、キリストの十字架によって神が世を救われたことを意味する。なおこの個所は、「あかし(マルトゥリオン)となっている写本も多い。

 

 〔山上の説教(マタイ福音書57章)の冒頭の八つの幸(先週の福音)に続く個所。マタイ福音書でこれまでにイエスの弟子となった人々は皆、無学な漁師であり、ここに集まっていた群衆は「いろいろな病気や苦しみに悩むもの」(424節)だった。この人々にイエスは語りかける。〕

福音朗読       マタイによる福音書

あなたがたは世の光である。

(5章1316節)

マタイによる福音

 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕13「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。14あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。15また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。

16そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」

(註)14世の光……ヨハネ福音書では、イエス自身が「世の光」と言われる(ヨハネ福音書812節、95節参照)。

(註)16立派な……原語「カロス」は「よい、美しい」の意味であるが、単に外観の良さだけでなく、役に立つものとして良いこと、倫理的に良いことをも表すことば。

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2017 2 5より)

 

« 神戸地区中ブロック(鈴蘭台・たかとり・兵庫教会)の2月のミサの予定 | トップページ | 2017年 2月12日の「聖書と典礼」 »