« 2017年 9月10日の「聖書と典礼」 | トップページ | 2017年 9月24日の「聖書と典礼」 »

2017年9月15日 (金)

2017年 9月17日の「聖書と典礼」

2017年 9月17日の「聖書と典礼」

「年間第24主日」 A

生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものである。

(第二朗読主題句 ローマの信徒への手紙148節より)

 

 〔シラ書(「集会の書」とも言う)は紀元前二世紀に、シラの子イエスによって書かれた律法の解説書のようなもの。この個所全体がレビ記1918節の解説のようになっている。レビ記の箇所では「復習してはならない。民の人々に恨みを抱いてはならない。自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。わたしは主である」と言われている。〕

第一朗読            シラ書

隣人から受けた不正を赦せ。

そうすれば、願いを求めるとき、お前の罪は赦される。

(27章30節〜28章7節)

シラ書

2730憤りと怒り、これはひどく忌まわしい。
罪人にはこの両方が付きまとう。

281 復讐する者は、主から復讐を受ける。

主はその罪を決して忘れることはない。

2 隣人から受けた不正を赦せ。そうすれば、
願い求めるとき、お前の罪は赦される。

 人が互いに怒りを抱き合っていながら、
どうして主からいやしを期待できようか。

 4 自分と同じ人間に憐れみをかけずにいて、
どうして自分の罪の赦しを願いえようか。

弱い人間にすぎない者が、
憤りを抱き続けるならば、
いったいだれが彼の罪を赦すことができようか。

6 自分の最期に心を致し、敵意を捨てよ。
滅びゆく定めと死とを思い、掟を守れ。

7 掟を忘れず、隣人に対して怒りを抱くな。
いと高き方の契約を忘れず、
他人のおちどには寛容であれ。

(註) 2隣人から受けた~・・・・・・人をゆるすことと、ゆるした人が神にゆるされることが結びついている。同様な教えは、きょうの福音や「主の祈り」(マタイ福音書612節、ルカ福音書114節)にも見られる。

 

 〔当時、キリスト者が律法で禁じられている食べ物を食べてもよいかどうか、また、ユダヤ人の暦を守るのはどうかなどに関して論争があった(1416節)。それに対して、パウロは主のために生きることこそが重要で、互いを裁かず、配慮すべきことを語る(1410節以下参照)。〕

第二朗読      ローマの信徒への手紙 

生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものである。

(14章79節)

使徒パウロのローマの教会への手紙

 7〔皆さん、〕わたしたちの中には、だれ一人自分のために生きる人はなく、だれ一人自分のために死ぬ人もいません。8わたしたちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死ぬのです。従って、生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものです。9キリストが死に、そして生きたのは、死んだ人にも生きている人にも主となられるためです。

 

 

 〔先週の箇所に続いて、教会共同体の問題として、兄弟同士のゆるし合いについて語られる。このたとえは、「主の祈り」の解説のようである。〕

福音朗読       マタイによる福音書

あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。

(18章2135節)

マタイによる福音

21そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」22イエスは言われた。「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。23そこで、天の国は次のようにたとえられる。ある王が、家来たちに貸した金の決済をしようとした。24決済し始めたところ、一万タラントン借金している家来が、王の前に連れて来られた。25しかし、返済できなかったので、主君はこの家来に、自分も妻も子も、また持ち物も全部売って返済するように命じた。26家来はひれ伏し、『どうか待ってください。きっと全部お返しします』としきりに願った。27その家来の主君は憐れに思って、彼を赦し、その借金を帳消しにしてやった。28ところが、この家来は外に出て、自分に百デナリオンの借金をしている仲間に出会うと、捕まえて首を絞め、『借金を返せ』と言った。29仲間はひれ伏して、『どうか待ってくれ。返すから』としきりに頼んだ。30しかし、承知せず、その仲間を引っぱって行き、借金を返すまでと牢に入れた。31仲間たちは、事の次第を見て非常に心を痛め、主君の前に出て事件を残らず告げた。32そこで、主君はその家来を呼びつけて言った。『不届きな家来だ。お前が頼んだから、借金を全部帳消しにしてやったのだ。33わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。』34そして、主君は怒って、借金をすっかり返済するまでと、家来を牢役人に引き渡した。35あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」

(註)22七の七十倍・・・・・・「限りなく」の意味。創世記424節参照。

(註)24一万タラントン・・・・・・普通の労働者の十数万年分の賃金に相当する。この天文学的な数値によって神のあわれみの深さを強調している。

(註)27憐れに思って・・・・・・原語は「はらわたを痛める」といった意味で、深い共感を表す。放蕩息子の父のたとえでも使われる(ルカ福音書1520節)。

(註)28百デナリオン・・・・・・労働者の数ヶ月分の賃金。現実的な数字である。

(註)35あなたがたの一人一人が~・・・・・・マタイ福音書615節参照。

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2017917より)

« 2017年 9月10日の「聖書と典礼」 | トップページ | 2017年 9月24日の「聖書と典礼」 »