« 2017年10月22日の「聖書と典礼」 | トップページ | 2017年11月 5日の「聖書と典礼」 »

2017年10月28日 (土)

2017年10月29日の「聖書と典礼」

2017年10月29日の「聖書と典礼」

「年間第30主日」 A

あなたの神である主を愛しなさい。

隣人を自分のように愛しなさい。

(福音朗読主題句マタイ福音書223739節より)

 

 〔出エジプト記2022節~2333節は「契約の書」と呼ばれる。このことばに基づいて契約が締結される(24章)。エジプトの奴隷状態からの解放という救いの体験をした民には、弱い立場の人間への共感と愛が特別に求められている〕。

第一朗読出エジプト

あなたが寡婦や孤児を苦しめる場合は、わたしの怒りは燃え上がる。

(22章2026節)

出エジプト記

 〔主は言われる。〕20寄留者を虐待したり、圧迫したりしてはならない。あなたたちはエジプトの国で寄留者であったからである。
 
21寡婦や孤児はすべて苦しめてはならない。22もし、あなたが彼を苦しめ、彼がわたしに向かって叫ぶ場合は、わたしは必ずその叫びを聞く。23そして、わたしの怒りは燃え上がり、あなたたちを剣で殺す。あなたたちの妻は寡婦となり、子供らは、孤児となる。
 
24もし、あなたがわたしの民、あなたと共にいる貧しい者に金を貸す場合は、彼に対して高利貸しのようになってはならない。彼から利子を取ってはならない。25もし、隣人の上着を質にとる場合には、日没までに返さねばならない。26なぜなら、それは彼の唯一の衣服、肌を覆う着物だからである。彼は何にくるまって寝ることができるだろうか。もし、彼がわたしに向かって叫ぶならば、わたしは聞く。わたしは憐れみ深いからである。

(註)20寄留者・・・・・・次節の「寡婦」、「孤児」と並んで社会的弱者の代表であった。

(註)22叫びを聞く・・・・・・神が苦しむ人々の叫び声を聞くことは、エジプト脱出という救いの業の出発点でもあった(出エジプト記223節、37節参照)。

 

 〔テサロニケの教会は、パウロが第二回宣教旅行で創設した教会であった。この個所は手紙の冒頭にある神への感謝の一部分にあたる。〕

第二朗読     (一)テサロニケの信徒への手紙

あなたがたは偶像から離れて神に立ち返り、

御子が来られるのを待ち望むようになった。

(1章5節c10節)

使徒パウロのテサロニケの教会への手

5c〔皆さん、〕わたしたちがあなたがたのところで、どのようにあなたがたのために働いたかは、御承知のとおりです。6そして、あなたがたはひどい苦しみの中で、聖霊による喜びをもって御言葉を受け入れ、わたしたちに倣う者、そして主に倣う者となり、7マケドニア州とアカイア州にいるすべての信者の模範となるに至ったのです。8主の言葉があなたがたのところから出て、マケドニア州やアカイア州に響き渡ったばかりでなく、神に対するあなたがたの信仰が至るところで伝えられているので、何も付け加えて言う必要はないほどです。9彼ら自身がわたしたちについて言い広めているからです。すなわち、わたしたちがあなたがたのところでどのように迎えられたか、また、あなたがたがどのように偶像から離れて神に立ち帰り、生けるまことの神に仕えるようになったか、10更にまた、どのように御子が天から来られるのを待ち望むようになったかを。この御子こそ、神が死者の中から復活させた方で、来るべき怒りからわたしたちを救ってくださるイエスです。

(註) 6ひどい苦しみの中で・・・・・・パウロがテサロニケで宣教したとき、ユダヤ人はねたんで暴動を起こし、キリスト信者が襲われた(使徒言行録1719節参照)。

(註) 7マケドニア州とアカイア州・・・・・・ギリシアのこと。当時のローマ帝国ではこの二州に分けられていた。テサロニケはマケドニアの中心都市。

 

 〔イエスは神殿の境内で、当時のユダヤ人の指導者たちと論争していくが、この個所の直前には、サドカイ派との復活をめぐる論争がある。〕

福音朗読          マタイ福音書 

あなたの神である主を愛しなさい。

隣人を自分のように愛しなさい。

(22章3440節)

マタイによる福音

 34〔そのとき、〕ファリサイ派の人々は、イエスがサドカイ派の人々を言い込められたと聞いて、一緒に集まった。35そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。36「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」37イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』38これが最も重要な第一の掟である。39第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』40律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」

(註)37心を尽くし~・・・・・・申命記65節の引用。「聞け、イスラエルよ。我らの神、主は唯一の主である」(同64節)に続く掟で、「シェマー(聞け)の祈りとしてユダヤ人が日々唱えるものとされていた。

(註)39隣人を自分のように~・・・・・・レビ記1918節。

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」20171029より)

« 2017年10月22日の「聖書と典礼」 | トップページ | 2017年11月 5日の「聖書と典礼」 »