« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月28日 (土)

2018年 4月29日の「聖書と典礼」

2018年 4月29日の「聖書と典礼」

「復活節第5主日」 B

サウロが旅の途中で主に出会い、

……イエスの名によって大胆に宣教した。

(使徒言行録 927節より)

 

 〔サウロ(ローマ名パウロ)はファリサイ派に属しキリスト者を迫害していた。ダマスコに向かう途中でイエスに出会って回心し、ダマスコでイエスのことを宣べ伝えた。〕

第一朗読          使徒言行録

バルナバは、サウロが旅の途中で主に出会ったことを説明した。

(9章2631節)

使徒たちの宣教

26 〔その日、〕サウロはエルサレムに着き、弟子の仲間に加わろうとしたが、皆は彼を弟子だとは信じないで恐れた。27しかしバルナバは、サウロを連れて使徒たちのところへ案内し、サウロが旅の途中で主に出会い、主に語りかけられ、ダマスコでイエスの名によって大胆に宣教した次第を説明した。28それで、サウロはエルサレムで使徒たちと自由に行き来し、主の名によって恐れずに教えるようになった。29また、ギリシア語を話すユダヤ人と語り、議論もしたが、彼らはサウロを殺そうとねらっていた。30それを知った兄弟たちは、サウロを連れてカイサリアに下り、そこからタルソスへ出発させた。
31 こうして、教会はユダヤ、ガリラヤ、サマリアの全地方で平和を保ち、主を畏れ、聖霊の慰めを受け、基礎が固まって発展し、信者の数が増えていった。

()27バルナバ・・・キプロス島生まれで本名はヨセフ。バルナバは、〈慰めの子〉の意味。

()29ギリシア語を話すユダヤ人・・・パレスチナ以外の地で生まれ育ったユダヤ人のこと。

()30カイサリア・・・パレスチナの地中海岸にある港町。当時の交通の要所。

() タルソス・・・小アジア南東部キリキア地方の都市(今のトルコのアダナに近い)。パウロの出身地。

()31聖霊の慰め・・・聖霊がそばにいて助けてくださること。

 

 〔イエスの十字架によって愛を知ったわたしたちが兄弟をも愛すべきことをこの手紙は強調する。そのことによってわたしたちは永遠のいのちを受け、神と一つに結ばれる。〕

                             

第二朗読        (一)ヨハネの手紙 

神の掟とは、わたしたちが信じ、愛し合うことである。

(3章1824節)

使徒ヨハネの手紙

18 子たちよ、言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に愛し合おう。
19 これによって、わたしたちは自分が真理に属していることを知り、神の御前で安心できます、20心に責められることがあろうとも。神は、わたしたちの心よりも大きく、すべてをご存じだからです。21愛する者たち、わたしたちは心に責められることがなければ、神の御前で確信を持つことができ、22神に願うことは何でもかなえられます。わたしたちが神の掟を守り、御心に適うことを行っているからです。23その掟とは、神の子イエス・キリストの名を信じ、この方がわたしたちに命じられたように、互いに愛し合うことです。24神の掟を守る人は、神の内にいつもとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。神がわたしたちの内にとどまってくださることは、神が与えてくださったによって分かります。

 

()18行いをもって誠実に・・・直訳では「行いと真実をもって」となり、この場合「真実」は次節の「真理」と同じ語である。

()19真理・・・神ご自身と御子イエスを意味する。

()24“霊”・・・この手紙の中で、「霊」ということばはこの個所に初めて出てくる。4章以下に多い。

 

 〔最後の晩さんの席での長い説教の一部であり、弟子たちへの遺言とも言えることば。〕

福音朗読       ヨハネによる福音書

人がわたしにつながっており、

わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。

(15章18節)

ヨハネによる福音

 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕1「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。2わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。3わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。4わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。5わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。6わたしにつながっていない人がいれば、枝のように外に投げ捨てられて枯れる。そして、集められ、火に投げ入れられて焼かれてしまう。7あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。8あなたがたが豊かに実を結び、わたしの弟子となるなら、それによって、わたしの父は栄光をお受けになる。」 

() 2手入れをなさる・・・次節の「清くなる」と原文は同じことばで「選定する、刈り込む」ことを意味する。

() 4つながって・・・47節の「つながっている」ということばと、910節で「とどまる」と訳されていることばとは、原文では同じ「メノー」という動詞である(なお、2節の「つながって」は原文では動詞がない)

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2018429より)

パンダネ「週報」2018年 4月29日号

~~~カトリック兵庫教会報~~~

パンダネ「週報」

下記をクリックしてください。)

「2018_429_syuhou_aa.pdf」をダウンロード

2018年4月21日 (土)

2018年 4月22日の「聖書と典礼」

2018年 4月22日の「聖書と典礼」

「復活節第4主日」

良い羊飼いは羊のために命を捨てる。

(ヨハネによる福音書1011節より)

 

 〔ペトロとヨハネは足の不自由な人をいやし、イエスの復活を宣べ伝えていたが、祭司たちによって捕らえられ、議会で取り調べを受けることになった。その時のペトロの証言。〕

第一朗読          使徒言行録 

ほかのだれによっても、救いは得られない。

(4章812節)

使徒たちの宣教

8 そのとき、ペトロは聖霊に満たされて言った。「民の議員、また長老の方々、9今日わたしたちが取り調べを受けているのは、病人に対する善い行いと、その人が何によっていやされたかということについてであるならば、10あなたがたもイスラエルの民全体も知っていただきたい。この人が良くなって、皆さんの前に立っているのは、あなたがたが十字架につけて殺し、神が死者の中から復活させられたあのナザレの人、イエス・キリストの名によるものです。11この方こそ、
 『あなたがた家を建てる者に捨てられたが、
 隅の親石となった石』
です。12ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。」

() 9病人に対する善い行い・・・使徒言行録3110節参照。

()10・・・単なる呼び名ではなく、そのもの自体やそのもののもつ力を表すことば。

()11あなたがた家をたてる者に~・・・詩編11822(きょうの答唱詩編)参照。「隅の親石」は家を建てるとき土台となる大切な石。人によって捨てられたが、神によって復活させられたキリストのことを言う。

 

 〔終の時が来ている(218節参照)ことを確信しながら、終末におけるキリスト者の希望を語る。〕

第二朗読       (一)ヨハネの手紙 

わたしたちは御子をありのままに見る。

(3章12節)

使徒ヨハネの手紙

1 〔愛する皆さん、〕御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。世がわたしたちを知らないのは、御父を知らなかったからです。2愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。なぜなら、そのとき御子をありのままに見るからです。 

() 2御子・・・原文は「御子」ではなく代名詞の「彼」。そこでこの文章の中の「御子」と訳された部分はすべて「神(御父)ととることもできる。「御子が現れるとき」についてはコロサイの信徒への手紙334節などを参照。

 

 〔毎年、復活節第4主日にはヨハネ福音書10章の羊飼いと羊のたとえが読まれる。羊の囲い、羊の門のたとえに続く個所。〕

                             福音朗読       ヨハネによる福音書 

良い羊飼いは羊のために命を捨てる。

(10章1118節)

ヨハネによる福音

 〔そのとき、イエスは言われた。〕11「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。12羊飼いでなく、自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。――狼は羊を奪い、また追い散らす。――13彼は雇い人で、羊のことを心にかけていないからである。14わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。15それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである。わたしは羊のために命を捨てる。16わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。17わたしは命を、再び受けるために、捨てる。それゆえ、父はわたしを愛してくださる。18だれもわたしから命を奪い取ることはできない。わたしは自分でそれを捨てる。わたしは命を捨てることもでき、それを再び受けることもできる。これは、わたしが父から受けた掟である。」

()11良い・・・善悪の「善」ではなく、「目的にかなっている、役に立つ」という意味での「良い」ことを表すことば。

() 捨てる・・・原文は「置く」ということば(151718節も同じ)。「すすんで差し出す」という意味か。

()14知っており・・・ただ単に知識と知っているのではなく、両者の間の深い交わりを表すことば。

()16聞き分ける・・・原文は「聞く」ということば。「聞き従う」という意味もある。

()18・・・「命令」とも訳されることば(フランシスコ会訳参照)

 

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2018422より)

パンダネ「週報」2018年 4月22日号

~~~カトリック兵庫教会報~~~

パンダネ「週報」

下記をクリックしてください。)

「2018_422_syuhou_aa.pdf」をダウンロード

2018年4月13日 (金)

2018年 4月15日の「聖書と典礼」

2018年 4月15日の「聖書と典礼」

「復活節第3主日」

あなたがたに平和があるように。

(ルカによる福音書2436節より)

 

 〔ペトロは神殿の門のところにいた足の不自由な男をいやした。そのことに驚いたエルサレムの群集に向かってイエスのことを語る。〕

第一朗読使徒言行録 

あなたがたは命への導き手である方を殺してしまったが、

神はこの方を死者の中から復活させてくださった。

(3章1315節、1719節)

使徒たちの宣教

 〔その日、ペトロは民衆に言った。〕13「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、わたしたちの先祖の神は、その僕イエスに栄光をお与えになりました。ところが、あなたがたはこのイエスを引き渡し、ピラトが釈放しようと決めていたのに、その面前でこの方を拒みました。14聖なる正しい方を拒んで、人殺しの男を赦すように要求したのです。15あなたがたは、命への導き手である方を殺してしまいましたが、神はこの方を死者の中から復活させてくださいました。わたしたちは、このことの証人です。17ところで、兄弟たち、あなたがたがあんなことをしてしまったのは、指導者たちと同様に無知のためであったと、わたしには分かっています。18しかし、神はすべての預言者の口を通して予告しておられたメシアの苦しみを、このようにして実現なさったのです。19だから、自分の罪が消し去られるように、悔い改めて立ち帰りなさい。」

()13僕イエス・・・イザヤ書の苦しむ主の僕のことが考えられているのであろう。イザヤ書5213節~5312節参照。

()14人殺しの男・・・バラバのこと。ルカ福音書231325節参照。

()15命への導き手・・・「いのちの創始者」とも訳せる。なお、省略された16節は、足の不住な人のいやしが、イエスの名を信じる信仰によることを述べる。

()17無知のため・・・ルカ福音書2334節参照。

()18預言者の口を~・・・ルカ福音書2427節、4446節参照。

 

 〔この個所に直前で「罪を犯したことがないと言うなら、それは神を偽り者とすること」(110)と言われたのに続き、ここではキリストによる罪からの救いが語られる。〕

第二朗読       (一)ヨハネの手紙 

イエス・キリストこそ、わたしたちの罪ばかりでなく、

全世界の罪を償ういけにえである。

(2章15節a)

使徒ヨハネの手紙

1 わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。2この方こそ、わたしたちの罪、いや、わたしたちの罪ばかりでなく、全世界の罪を償ういけにえです。3わたしたちは、神の掟を守るなら、それによって、神を知っていることが分かります。4「神を知っている」と言いながら、神の掟を守らない者は、偽り者で、その人の内には真理はありません。5aしかし、神の言葉を守るなら、まことにその人の内には神の愛が実現しています。

() 1弁護者・・・ヨハネ福音書では聖霊のことがこう呼ばれている(ヨハネ福音書1416節、26節、1526節 など)

() 2罪を償ういけにえ・・・直訳では、「罪のためのいけにえ」。「世の罪を取り除く神の子羊」(ヨハネ福音書129)としてのイエス理解が前提に考えられる。

() 3神の掟・・・兄弟を愛すること。323節、421節参照。

 

 〔復活の日、イエスはエマオに向かう途上で二人の弟子に姿を現し語りかけた。そして宿屋で食事をしたときに、彼らはそれがイエスだと気づき、急いでエルサレムに引き返していった。〕

福音朗読        ルカによる福音書 

次のように書いてある。

「メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する」

(24章3548節)

ルカによる福音

35 〔そのとき、エルサレムに戻った二人の弟子は、〕道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。
36 こういうことを話していると、イエス御自身が彼らの真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。37彼らは恐れおののき、亡霊を見ているのだと思った。38そこで、イエスは言われた。「なぜ、うろたえているのか。どうして心に疑いを起こすのか。39わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしだ。触ってよく見なさい。亡霊には肉も骨もないが、あなたがたに見えるとおり、わたしにはそれがある。」40こう言って、イエスは手と足をお見せになった。41彼らが喜びのあまりまだ信じられず、不思議がっているので、イエスは、「ここに何か食べ物があるか」と言われた。42そこで、焼いた魚を一切れ差し出すと、43イエスはそれを取って、彼らの前で食べられた。
44 イエスは言われた。「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、必ずすべて実現する。これこそ、まだあなたがたと一緒にいたころ、言っておいたことである。」45そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、46言われた。「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。47また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。エルサレムから始めて、48あなたがたはこれらのことの証人となる。」

()36あなたがたに平和~・・・ヨハネ福音書2019節、21節、26節参照。

()44モーセの律法と預言者の書と詩編・・・旧約聖書全体を指す。

()46次のように書いてある・・・「メシアは……」以下は聖書の特定の箇所の引用ではない。旧約聖書全体がこのことを語っているという意味。

 

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2018415より)

パンダネ「週報」2018年 4月15日号

~~~カトリック兵庫教会報~~~

パンダネ「週報」

下記をクリックしてください。)

「2018_415_syuhou.pdf」をダウンロード

2018年4月 7日 (土)

2018年 4月 8日の「聖書と典礼」

2018年 4月 8日の「聖書と典礼」

「復活節第2主日(神のいつくしみの主日)

信じない者ではなく、信じる者になりなさい。

(ヨハネによる福音書2027節より)

 

 〔誕生したばかりの教会共同体の一致の姿を伝える個所。24345節にも同様の記述がある。〕

第一朗読使徒言行録 

信じた人々の群れは心も思いも一つにした。

(4章3235節)

使徒たちの宣教

 信じた人々の群れは心も思いも一つにし、一人として持ち物を自分のものだと言う者はなく、すべてを共有していた。使徒たちは、大いなる力をもって主イエスの復活を証しし、皆、人々から非常に好意を持たれていた。信者の中には、一人も貧しい人がいなかった。土地や家を持っている人が皆、それを売っては代金を持ち寄り、使徒たちの足もとに置き、その金は必要に応じて、おのおのに分配されたからである。 

 

 〔わたしたちのために命を捨ててくださったイエスの愛の勝利にあずかる道が示される。〕

第二朗読       (一)ヨハネの手紙 

神から生まれた人は皆、世に打ち勝つ。

(5章16節)

使徒ヨハネの手紙

1 〔愛する皆さん、〕イエスがメシアであると信じる人は皆、神から生まれた者です。そして、生んでくださった方を愛する人は皆、その方から生まれた者をも愛します。2このことから明らかなように、わたしたちが神を愛し、その掟を守るときはいつも、神の子供たちを愛します。3神を愛するとは、神の掟を守ることです。神の掟は難しいものではありません。4神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。5だれが世に打ち勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか。
6 この方は、水と血を通って来られた方、イエス・キリストです。水だけではなく、水と血とによって来られたのです。そして、はこのことを証しする方です。は真理だからです。

() 2・・・この手紙でいう神の掟とは「互いに愛し合うこと」にほかならない(ヨハネ福音書1334節、1512節。一ヨハネの手紙323節、421節参照)

() 6水と血・・・「水」はヨルダン川での洗礼、「血」は十字架を指すと考えられる。

() “霊”・・・聖霊のこと。

 

 〔ヨハネ福音書で、復活したイエスが男の弟子たちに初めて姿を現す個所。復活の日(つまり、ペトロたちが空の墓を見た日)の夕方の出来事と、それから1週間後の出来事。〕

福音朗読        ヨハネによる福音書 

八日の後、イエスが来られた。

(20章1931節)

ヨハネによる福音

19 その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。20そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。21イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」22そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。23だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」
24 十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。25そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」

26さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。27それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」28トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。29イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」
30 このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。31これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。

()19週の初めの日・・・今の日曜日。26節の「八日の後」も同じく日曜日にあたる。

() 平和があるように・・・平和は、欠けたもののない状態を意味する。ヨハネ福音書1427節で「わたしの平和を与える」と約束されていた。

()20手とわき腹・・・手には十字架に釘づけられた傷、わき腹には槍で貫かれた傷がある。

()22息を吹きかけて・・・聖霊を与えることを表す動作。創世記27節参照。なお、聖霊を与える約束についてはヨハネ福音書141617節参照。

()23だれの罪でも~・・・マタイ福音書1619節、1818節参照。

()24ディディモ・・・ギリシヤ語で「双子」の意味。「トマス」はアラム語でやはり「双子」を意味する。

()28わたしの主、わたしの神よ・・・詩編3523節参照。

()29見ないのに~・・・出現したイエスに出会わないで、使徒たちの証言を受け入れる後の時代の人々のことを言う。

()3031このほかにも~・・・本来のヨハネ福音書の結びのことばと考えられる(21章は後で書き加えられた)

 

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」201848より)

パンダネ「週報」2018年 4月 8日号

~~~カトリック兵庫教会報~~~

パンダネ「週報」

下記をクリックしてください。)

「2018_4_8_syuhou_a.pdf」をダウンロード

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »