« 主日のミサ(7月21日) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(7月15日) »

2019年7月14日 (日)

ベロー神父様追悼の共同祈願

「行け。地の果てまで主のみことばを告げるため」

ベロー神父様は、この派遣のみことばを生涯の使命として、司祭叙階後は日本への宣教を志願され、1949年神戸の地に着任されました。以来60年余り、はかり知れない苦労や困難を乗り越えて多くの人々に神様の教えを伝え洗礼を授けてこられました。

信徒一人ひとりを温かく見守り、信仰を生涯にわたり深めていくように導いて下さったベロー神父様。戦後の神戸地区の宣教司牧活動に力を尽くし、帰国後も絶えず神戸のことを気にかけておられた神父様は、6月3日フランスの地から天の御父の元に帰って行かれました。

長い司祭生活を全うされたベロー神父様が御父の元で永遠の安息を得られますように。

« 主日のミサ(7月21日) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(7月15日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 主日のミサ(7月21日) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(7月15日) »