« 聖書と典礼(年間第21主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(年間第21主日:ルカによる福音) »

2019年8月20日 (火)

聖書と典礼(年間第21主日:ヘブライ人への手紙)

ヘブライ人への手紙(ヘブライ12・5-7,11-13)
〔皆さん、あなたがたは、〕子供たちに対するようにあなたがたに話されている次の勧告を忘れています。
「わが子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。
主から懲らしめられても、力を落としてはいけない。
なぜなら、主は愛する者を鍛え、
子として受け入れる者を皆、鞭打たれるからである。」
あなたがたは、これを鍛錬として忍耐しなさい。神は、あなたがたを子として取り扱っておられます。いったい、父から鍛えられない子があるでしょうか。およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのです。
だから、萎えた手と弱くなったひざをまっすぐにしなさい。
また、足の不自由な人が踏み外すことなく、むしろいやされるように、自分の足でまっすぐな道を歩きなさい。

« 聖書と典礼(年間第21主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(年間第21主日:ルカによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(年間第21主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(年間第21主日:ルカによる福音) »