« 聖書と典礼(年間第21主日:ヘブライ人への手紙) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(8月24日) »

2019年8月22日 (木)

聖書と典礼(年間第21主日:ルカによる福音)

ルカによる福音(ルカ13・22-30)
〔そのとき、〕イエスは町や村を巡って教えながら、エルサレムへ向かって進んでおられた。すると、「主よ、救われる者は少ないのでしょうか」と言う人がいた。イエスは一同に言われた。 「狭い戸口から入るように努めなさい。言っておくが、入ろうとしても入れない人が多いのだ。
家の主人が立ち上がって、戸を閉めてしまってからでは、あなたがたが外に立って戸をたたき、『御主人様、開けてください』と言っても、『お前たちがどこの者か知らない』という答えが返ってくるだけである。 そのとき、あなたがたは、『御一緒に食べたり飲んだりしましたし、また、わたしたちの広場でお教えを受けたのです』と言いだすだろう。 しかし主人は、『お前たちがどこの者か知らない。不義を行う者ども、皆わたしから立ち去れ』と言うだろう。
あなたがたは、アブラハム、イサク、ヤコブやすべての預言者たちが神の国に入っているのに、自分は外に投げ出されることになり、そこで泣きわめいて歯ぎしりする。 そして人々は、東から西から、また南から北から来て、神の国で宴会の席に着く。そこでは、後の人で先になる者があり、先の人で後になる者もある。」

« 聖書と典礼(年間第21主日:ヘブライ人への手紙) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(8月24日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(年間第21主日:ヘブライ人への手紙) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(8月24日) »