« 主日のミサ(8月18日) | トップページ | 聖書と典礼(年間第20主日:ヘブライ人への手紙) »

2019年8月16日 (金)

聖書と典礼(年間第20主日:エレミヤの預言)

エレミヤの預言(エレミヤ384-6,8-10

 

〔その日、役人たちはエレミヤについて〕王に言った。

「どうか、この男を死刑にしてください。あのようなことを言いふらして、この都に残った兵士と民衆の士気を挫いています。この民のために平和を願わず、むしろ災いを望んでいるのです。」

ゼデキヤ王は答えた。「あの男のことはお前たちに任せる。王であっても、お前たちの意に反しては何もできないのだから。」

そこで、役人たちはエレミヤを捕らえ、監視の庭にある王子マルキヤの水溜めへ綱でつり降ろした。水溜めには水がなく泥がたまっていたので、エレミヤは泥の中に沈んだ。

エベド・メレクは宮廷を出て王に訴えた。

「王様、この人々は、預言者エレミヤにありとあらゆるひどいことをしています。彼を水溜めに投げ込みました。エレミヤはそこで飢えて死んでしまいます。もう都にはパンがなくなりましたから。」

王はクシュ人エベド・メレクに、「ここから三十人の者を連れて行き、預言者エレミヤが死なないうちに、水溜めから引き上げるがよい」と命じた。

 

 

« 主日のミサ(8月18日) | トップページ | 聖書と典礼(年間第20主日:ヘブライ人への手紙) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 主日のミサ(8月18日) | トップページ | 聖書と典礼(年間第20主日:ヘブライ人への手紙) »