« 聖書と典礼(年間第24主日:出エジプト記) | トップページ | 聖書と典礼(年間第24主日:ルカによる福音) »

2019年9月11日 (水)

聖書と典礼(年間第24主日:使徒パウロのテモテへの手紙)

使徒パウロのテモテへの手紙(一テモテ1・12-17)
〔愛する者よ、わたしは、〕わたしを強くしてくださった、わたしたちの主キリスト・イエスに感謝しています。この方が、わたしを忠実な者と見なして務めに就かせてくださったからです。 以前、わたしは神を冒涜する者、迫害する者、暴力を振るう者でした。しかし、信じていないとき知らずに行ったことなので、憐れみを受けました。 そして、わたしたちの主の恵みが、キリスト・イエスによる信仰と愛と共に、あふれるほど与えられました。 「キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた」という言葉は真実であり、そのまま受け入れるに値します。わたしは、その罪人の中で最たる者です。 しかし、わたしが憐れみを受けたのは、キリスト・イエスがまずそのわたしに限りない忍耐をお示しになり、わたしがこの方を信じて永遠の命を得ようとしている人々の手本となるためでした。 永遠の王、不滅で目に見えない唯一の神に、誉れと栄光が世々限りなくありますように、アーメン。

« 聖書と典礼(年間第24主日:出エジプト記) | トップページ | 聖書と典礼(年間第24主日:ルカによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(年間第24主日:出エジプト記) | トップページ | 聖書と典礼(年間第24主日:ルカによる福音) »