« 聖書と典礼(年間第29主日:出エジプト記) | トップページ | 聖書と典礼(年間第29主日:ルカによる福音) »

2019年10月16日 (水)

聖書と典礼(年間第29主日:使徒パウロのテモテへの手紙)

使徒パウロのテモテへの手紙(二テモテ3・14~4・2)
〔愛する者よ、〕自分が学んで確信したことから離れてはなりません。あなたは、それをだれから学んだかを知っており、また、自分が幼い日から聖書に親しんできたことをも知っているからです。この書物は、キリスト・イエスへの信仰を通して救いに導く知恵を、あなたに与えることができます。聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです。
神の御前で、そして、生きている者と死んだ者を裁くために来られるキリスト・イエスの御前で、その出現とその御国とを思いつつ、厳かに命じます。御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。

« 聖書と典礼(年間第29主日:出エジプト記) | トップページ | 聖書と典礼(年間第29主日:ルカによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(年間第29主日:出エジプト記) | トップページ | 聖書と典礼(年間第29主日:ルカによる福音) »