« パンダネ週報10月20日 | トップページ | 聖書と典礼(年間第30主日:ルカによる福音) »

2019年10月23日 (水)

聖書と典礼(年間第30主日:使徒パウロのテモテへの手紙)

使徒パウロのテモテへの手紙(二テモテ4・6-8,16-18)

〔愛する者よ、〕わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。世を去る時が近づきました。わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれをわたしに授けてくださるのです。しかし、わたしだけでなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます。
わたしの最初の弁明のときには、だれも助けてくれず、皆わたしを見捨てました。彼らにその責めが負わされませんように。
しかし、わたしを通して福音があまねく宣べ伝えられ、すべての民族がそれを聞くようになるために、主はわたしのそばにいて、力づけてくださいました。そして、わたしは獅子の口から救われました。主はわたしをすべての悪い業から助け出し、天にある御自分の国へ救い入れてくださいます。主に栄光が世々限りなくありますように、アーメン。

« パンダネ週報10月20日 | トップページ | 聖書と典礼(年間第30主日:ルカによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンダネ週報10月20日 | トップページ | 聖書と典礼(年間第30主日:ルカによる福音) »