« 聖書と典礼(王であるキリスト:サムエル記) | トップページ | 聖書と典礼(王であるキリスト:ルカによる福音) »

2019年11月20日 (水)

聖書と典礼(王であるキリスト:使徒パウロのコロサイの教会への手紙)

使徒パウロのコロサイの教会への手紙(コロサイ1・12-20)
〔皆さん、わたしたちは、〕光の中にある聖なる者たちの相続分に、あなたがたがあずかれるようにしてくださった御父に感謝するように。御父は、わたしたちを闇の力から救い出して、その愛する御子の支配下に移してくださいました。わたしたちは、この御子によって、贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。御子は、見えない神の姿であり、すべてのものが造られる前に生まれた方です。天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、王座も主権も、支配も権威も、万物は御子において造られたからです。つまり、万物は御子によって、御子のために造られました。御子はすべてのものよりも先におられ、すべてのものは御子によって支えられています。また、御子はその体である教会の頭です。御子は初めの者、死者の中から最初に生まれた方です。こうして、すべてのことにおいて第一の者となられたのです。神は、御心のままに、満ちあふれるものを余すところなく御子の内に宿らせ、その十字架の血によって平和を打ち立て、地にあるものであれ、天にあるものであれ、万物をただ御子によって、御自分と和解させられました。

« 聖書と典礼(王であるキリスト:サムエル記) | トップページ | 聖書と典礼(王であるキリスト:ルカによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(王であるキリスト:サムエル記) | トップページ | 聖書と典礼(王であるキリスト:ルカによる福音) »