« 聖書と典礼(年間第33主日:マラキの預言) | トップページ | 聖書と典礼(年間第33主日:ルカによる福音) »

2019年11月14日 (木)

聖書と典礼(年間第33主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙)

使徒パウロのテサロニケの教会への手紙(二テサロニケ3・7-12)

〔皆さん、あなたがたは、〕わたしたちにどのように倣えばよいか、よく知っています。わたしたちは、そちらにいたとき、怠惰な生活をしませんでした。また、だれからもパンをただでもらって食べたりはしませんでした。むしろ、だれにも負担をかけまいと、夜昼大変苦労して、働き続けたのです。援助を受ける権利がわたしたちになかったからではなく、あなたがたがわたしたちに倣うように、身をもって模範を示すためでした。
実際、あなたがたのもとにいたとき、わたしたちは、「働きたくない者は、食べてはならない」と命じていました。ところが、聞くところによると、あなたがたの中には怠惰な生活をし、少しも働かず、余計なことをしている者がいるということです。そのような者たちに、わたしたちは主イエス・キリストに結ばれた者として命じ、勧めます。自分で得たパンを食べるように、落ち着いて仕事をしなさい。

« 聖書と典礼(年間第33主日:マラキの預言) | トップページ | 聖書と典礼(年間第33主日:ルカによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(年間第33主日:マラキの預言) | トップページ | 聖書と典礼(年間第33主日:ルカによる福音) »