« パンダネ週報11月3日 | トップページ | 聖書と典礼(年間第32主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙) »

2019年11月 5日 (火)

聖書と典礼(年間第32主日:マカバイ記)

マカバイ記(二マカバイ7・1-2,9-14)

〔その日、〕七人の兄弟が母親と共に捕らえられ、鞭や皮ひもで暴行を受け、律法で禁じられている豚肉を口にするよう、王に強制された。 彼らの一人が皆に代わって言った。「いったいあなたは、我々から何を聞き出し、何を知ろうというのか。我々は父祖伝来の律法に背くくらいなら、いつでも死ぬ用意はできているのだ。」
〔二番目の者も〕息を引き取る間際に言った。「邪悪な者よ、あなたはこの世から我々の命を消し去ろうとしているが、世界の王は、律法のために死ぬ我々を、永遠の新しい命へとよみがえらせてくださるのだ。」
彼に続いて三番目の者もなぶりものにされた。彼は命ぜられると即座に舌を差し出し、勇敢に両手を差し伸べ、毅然として言った。「わたしは天からこの舌や手を授かったが、主の律法のためなら、惜しいとは思わない。わたしは、主からそれらを再びいただけるのだと確信している。」
そこで、王自身も、供の者たちも、苦痛をいささかも意に介さないこの若者の精神に驚嘆した。
やがて彼も息を引き取ると、彼らは四番目の者も同様に苦しめ、拷問にかけた。死ぬ間際に彼は言った。「たとえ人の手で、死に渡されようとも、神が再び立ち上がらせてくださるという希望をこそ選ぶべきである。だがあなたは、よみがえって再び命を得ることはない。」

« パンダネ週報11月3日 | トップページ | 聖書と典礼(年間第32主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンダネ週報11月3日 | トップページ | 聖書と典礼(年間第32主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙) »