« 聖書と典礼(待降節第2主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(12月7日) »

2019年12月 5日 (木)

聖書と典礼(待降節第2主日:マタイによる福音)

マタイによる福音(マタイ3・1-12)

そのころ、洗礼者ヨハネが現れて、ユダヤの荒れ野で宣べ伝え、
「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言った。これは預言者イザヤによってこう言われている人である。
「荒れ野で叫ぶ者の声がする。
『主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。』」
ヨハネは、らくだの毛衣を着、腰に革の帯を締め、いなごと野蜜を食べ物としていた。そこで、エルサレムとユダヤ全土から、また、ヨルダン川沿いの地方一帯から、人々がヨハネのもとに来て、罪を告白し、ヨルダン川で彼から洗礼を受けた。
ヨハネは、ファリサイ派やサドカイ派の人々が大勢、洗礼を受けに来たのを見て、こう言った。「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。悔い改めにふさわしい実を結べ。『我々の父はアブラハムだ』などと思ってもみるな。言っておくが、神はこんな石からでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。斧は既に木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。わたしは、悔い改めに導くために、あなたたちに水で洗礼を授けているが、わたしの後から来る方は、わたしよりも優れておられる。わたしは、その履物をお脱がせする値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる。」

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2019・12・8 より)

« 聖書と典礼(待降節第2主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(12月7日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(待降節第2主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(12月7日) »