« 聖書と典礼(待降節第3主日:使徒ヤコブの手紙) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(12月14日) »

2019年12月12日 (木)

聖書と典礼(待降節第3主日:マタイによる福音)

マタイによる福音(マタイ11・2-11)

〔そのとき、〕ヨハネは牢の中で、キリストのなさったことを聞いた。そこで、自分の弟子たちを送って、尋ねさせた。「来るべき方は、あなたでしょうか。それとも、ほかの方を待たなければなりませんか。」 イエスはお答えになった。「行って、見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。わたしにつまずかない人は幸いである。」
ヨハネの弟子たちが帰ると、イエスは群衆にヨハネについて話し始められた。「あなたがたは、何を見に荒れ野へ行ったのか。風にそよぐ葦か。では、何を見に行ったのか。しなやかな服を着た人か。しなやかな服を着た人なら王宮にいる。では、何を見に行ったのか。預言者か。そうだ。言っておく。預言者以上の者である。
『見よ、わたしはあなたより先に使者を遣わし、
あなたの前に道を準備させよう』
と書いてあるのは、この人のことだ。はっきり言っておく。およそ女から生まれた者のうち、洗礼者ヨハネより偉大な者は現れなかった。しかし、天の国で最も小さな者でも、彼よりは偉大である。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2019・12・15 より)

« 聖書と典礼(待降節第3主日:使徒ヤコブの手紙) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(12月14日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(待降節第3主日:使徒ヤコブの手紙) | トップページ | こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(12月14日) »