« 聖書と典礼(待降節第2主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(待降節第2主日:マタイによる福音) »

2019年12月 4日 (水)

聖書と典礼(待降節第2主日:使徒パウロのローマの教会への手紙)

使徒パウロのローマの教会への手紙(ローマ15・4-9)

〔皆さん、〕かつて書かれた事柄は、すべてわたしたちを教え導くためのものです。それでわたしたちは、聖書から忍耐と慰めを学んで希望を持ち続けることができるのです。忍耐と慰めの源である神が、あなたがたに、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、心を合わせ声をそろえて、わたしたちの主イエス・キリストの神であり、父である方をたたえさせてくださいますように。
だから、神の栄光のためにキリストがあなたがたを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに相手を受け入れなさい。わたしは言う。キリストは神の真実を現すために、割礼ある者たちに仕える者となられたのです。それは、先祖たちに対する約束を確証されるためであり、異邦人が神をその憐れみのゆえにたたえるようになるためです。
「そのため、わたしは異邦人の中であなたをたたえ、あなたの名をほめ歌おう」と書いてあるとおりです。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2019・12・8 より)

« 聖書と典礼(待降節第2主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(待降節第2主日:マタイによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(待降節第2主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(待降節第2主日:マタイによる福音) »