« 聖書と典礼(1月12日主の洗礼:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(1月12日主の洗礼:マタイによる福音) »

2020年1月 7日 (火)

聖書と典礼(1月12日主の洗礼:使徒たちの宣教)

使徒たちの宣教(使徒言行録10・34-38)

〔その日、〕ペトロは口を開きこう言った。「神は人を分け隔てなさらないことが、よく分かりました。どんな国の人でも、神を畏れて正しいことを行う人は、神に受け入れられるのです。神がイエス・キリストによって―この方こそ、すべての人の主です―平和を告げ知らせて、イスラエルの子らに送ってくださった御言葉を、あなたがたはご存知でしょう。ヨハネが洗礼を宣べ伝えた後に、ガリラヤから始まってユダヤ全土に起きた出来事です。つまり、ナザレのイエスのことです。神は、聖霊と力によってこの方を油注がれた者となさいました。イエスは、方々を巡り歩いて人々を助け、悪魔に苦しめられている人たちをすべていやされたのですが、それは、神が御一緒だったからです。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・1・12より)

« 聖書と典礼(1月12日主の洗礼:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(1月12日主の洗礼:マタイによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(1月12日主の洗礼:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(1月12日主の洗礼:マタイによる福音) »