« パンダネ週報2月9日 | トップページ | 聖書と典礼(2月16日年間第6主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙) »

2020年2月12日 (水)

聖書と典礼(2月16日年間第6主日:シラ書)

シラ書(シラ15・15~20)

その意志さえあれば、お前は掟を守り、
しかも快く忠実にそれを行うことができる。
主は、お前の前に火と水を置かれた。
手を差し伸べて、欲しい方を取ればよい。
人間の前には、生と死が置かれている。
望んで選んだ道が、彼に与えられる。
主の知恵は豊かであり、主の力は強く、すべてを見通される。
主は、御自分を畏れる人たちに目を注がれる。
人間の行いはすべて主に知られている。
主は、不信仰であれとは、だれにも命じたことはなく、
罪を犯すことを、許されたこともなかった。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・2・16・より)

« パンダネ週報2月9日 | トップページ | 聖書と典礼(2月16日年間第6主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンダネ週報2月9日 | トップページ | 聖書と典礼(2月16日年間第6主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙) »