« 聖書と典礼(3月1日四旬節第1主日:マタイによる福音) | トップページ | 3月1日主日のミサ(ネット配信) »

2020年2月29日 (土)

主日のミサ中止のお知らせ

大阪教区より第2次の「新型コロナウイルス感染症にともなう措置」が発表されました。

それに伴い3月1日、および8日の主日のミサを中止いたします。

ご理解のうえ、感染症予防に努めましょう。

<参照>

新型コロナウイルス感染症にともなう措置(第2次)

http://www.osaka.catholic.jp/c_oshirase_bun2019.html#200228

« 聖書と典礼(3月1日四旬節第1主日:マタイによる福音) | トップページ | 3月1日主日のミサ(ネット配信) »

コメント

はじめまして。福井市在住の王島将春(おうしままさはる)と言います。聖霊のバプテスマを推し進める活動をしている者です。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。もしもエゼキエル戦争と携挙が連動しているなら、一日でも早く聖霊を受け取って、主の日に備える必要があると思っています。そこで、神父にお願いします。日曜礼拝の時に「聖霊を受け取っていない人は聖霊を受け取ってください」と勧めてください。

宗教でキリスト教をしている人達や、聖霊を受け取っていない自称クリスチャン達が、携挙で挙げられることはありません。彼らが携挙に取り残される事によって生じる後悔や苦痛の度合いは、未信者のそれとは比べ物にならないほどだと思っています。彼らが取り残されて、激烈な後悔と耐え難い苦痛を経験しないためにも、御教会に属する全員に、聖霊のバプテスマを勧めて下さい。

どうぞ、よろしくお願いします。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。返信は不要です(送信専用メールです)。それと、本件とは関係の無い話なのですが、出来れば、御教会のホームページをより充実させてほしいです。分かりやすく紹介されたホームページを設けることで、若い世代に安心感を与える事ができるはずです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(3月1日四旬節第1主日:マタイによる福音) | トップページ | 3月1日主日のミサ(ネット配信) »