« 3月1日「四旬節第1主日」のミサ | トップページ | 聖書と典礼(3月1日四旬節第1主日:マタイによる福音) »

2020年2月27日 (木)

聖書と典礼(3月1日四旬節第1主日:使徒パウロのローマの教会への手紙)

使徒パウロのローマの教会への手紙(ローマ5・12-19)

〔皆さん、〕一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。すべての人が罪を犯したからです。
《律法が与えられる前にも罪は世にあったが、律法がなければ、罪は罪と認められないわけです。しかし、アダムからモーセまでの間にも、アダムの違犯と同じような罪を犯さなかった人の上にさえ、死は支配しました。実にアダムは、来るべき方を前もって表す者だったのです。
しかし、恵みの賜物は罪とは比較になりません。一人の罪によって多くの人が死ぬことになったとすれば、なおさら、神の恵みと一人の人イエス・キリストの恵みの賜物とは、多くの人に豊かに注がれるのです。この賜物は、罪を犯した一人によってもたらされたようなものではありません。裁きの場合は、一つの罪でも有罪の判決が下されますが、恵みが働くときには、いかに多くの罪があっても、無罪の判決が下されるからです。》
一人の罪によって、その一人を通して死が支配するようになったとすれば、なおさら、神の恵みと義の賜物とを豊かに受けている人は、一人のイエス・キリストを通して生き、支配するようになるのです。そこで、一人の罪によってすべての人に有罪の判決が下されたように、一人の正しい行為によって、すべての人が義とされて命を得ることになったのです。一人の人の不従順によって多くの人が罪人とされたように、一人の従順によって多くの人が正しい者とされるのです。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・3・1より)

« 3月1日「四旬節第1主日」のミサ | トップページ | 聖書と典礼(3月1日四旬節第1主日:マタイによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月1日「四旬節第1主日」のミサ | トップページ | 聖書と典礼(3月1日四旬節第1主日:マタイによる福音) »