« 聖書と典礼(2月9日年間第5主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(2月9日年間第5主日:マタイによる福音) »

2020年2月 6日 (木)

聖書と典礼(2月9日年間第5主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙)

使徒パウロのコリントの教会への手紙(一コリント2・1-5)

兄弟たち、わたし〔は〕そちらに行ったとき、神の秘められた計画を宣べ伝えるのに優れた言葉や知恵を用いませんでした。なぜなら、わたしはあなたがたの間で、イエス・キリスト、それも十字架につけられたキリスト以外、何も知るまいと心に決めていたからです。そちらに行ったとき、わたしは衰弱していて、恐れに取りつかれ、ひどく不安でした。わたしの言葉もわたしの宣教も、知恵にあふれた言葉によらず、“霊”と力の証明によるものでした。それは、あなたがたが人の知恵によってではなく、神の力によって信じるようになるためでした。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・2・9より)

« 聖書と典礼(2月9日年間第5主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(2月9日年間第5主日:マタイによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(2月9日年間第5主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(2月9日年間第5主日:マタイによる福音) »