« 聖書と典礼(2月23日年間第7主日:レビ記) | トップページ | 聖書と典礼(2月23日年間第7主日:マタイによる福音) »

2020年2月20日 (木)

聖書と典礼(2月23日年間第7主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙)

使徒パウロのコリントの教会への手紙(一コリント3・16-23)

〔皆さん、〕あなたがたは、自分が神の神殿であり、神の霊が自分たちの内に住んでいることを知らないのですか。神の神殿を壊す者がいれば、神はその人を滅ぼされるでしょう。神の神殿は聖なるものだからです。あなたがたはその神殿なのです。
だれも自分を欺いてはなりません。もし、あなたがたのだれかが、自分はこの世で知恵のある者だと考えているなら、本当に知恵のある者となるために愚かな者になりなさい。この世の知恵は、神の前では愚かなものだからです。
「神は、知恵のある者たちを
その悪賢さによって捕らえられる」
と書いてあり、また、
「主は知っておられる、
知恵のある者たちの論議がむなしいことを」
とも書いてあります。ですから、だれも人間を誇ってはなりません。すべては、あなたがたのものです。パウロもアポロもケファも、世界も生も死も、今起こっていることも将来起こることも。一切はあなたがたのもの、あなたがたはキリストのもの、キリストは神のものなのです。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・2・23より)

« 聖書と典礼(2月23日年間第7主日:レビ記) | トップページ | 聖書と典礼(2月23日年間第7主日:マタイによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(2月23日年間第7主日:レビ記) | トップページ | 聖書と典礼(2月23日年間第7主日:マタイによる福音) »