« 聖書と典礼(2月16日年間第6主日:シラ書) | トップページ | 聖書と典礼(2月16日年間第6主日:マタイによる福音) »

2020年2月13日 (木)

聖書と典礼(2月16日年間第6主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙)

使徒パウロのコリントの教会への手紙(一コリント2・6-10)

〔皆さん、〕わたしたちは、信仰に成熟した人たちの間では知恵を語ります。それはこの世の知恵ではなく、また、この世の滅びゆく支配者たちの知恵でもありません。わたしたちが語るのは、隠されていた、神秘としての神の知恵であり、神がわたしたちに栄光を与えるために、世界の始まる前から定めておられたものです。この世の支配者たちはだれ一人、この知恵を理解しませんでした。もし理解していたら、栄光の主を十字架につけはしなかったでしょう。しかし、このことは、
「目が見もせず、耳が聞きもせず、人の心に思い浮かびもしなかったことを、神は御自分を愛する者たちに準備された」
と書いてあるとおりです。わたしたちには、神が“霊”によってそのことを明らかに示してくださいました。“霊”は一切のことを、神の深みさえも究めます。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・2・16より)

« 聖書と典礼(2月16日年間第6主日:シラ書) | トップページ | 聖書と典礼(2月16日年間第6主日:マタイによる福音) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖書と典礼(2月16日年間第6主日:シラ書) | トップページ | 聖書と典礼(2月16日年間第6主日:マタイによる福音) »