« 3月15日四旬節第3主日のミサ(ネット配信) | トップページ | 聖書と典礼(3月22日四旬節第4主日:使徒パウロのエフェソの教会への手紙) »

2020年3月18日 (水)

聖書と典礼(3月22日四旬節第4主日:サムエル記)

サムエル記(サムエル上16・1b,6-7,10-13a)

〔その日、主はサムエルに言われた。〕「角に油を満たして出かけなさい。あなたをベツレヘムのエッサイのもとに遣わそう。わたしはその息子たちの中に、王となるべき者を見いだした。」
彼らがやって来ると、サムエルはエリアブに目を留め、彼こそ主の前に油を注がれる者だ、と思った。しかし、主はサムエルに言われた。「容姿や背の高さに目を向けるな。わたしは彼を退ける。人間が見るようには見ない。人は目に映ることを見るが、主は心によって見る。」
エッサイは七人の息子にサムエルの前を通らせたが、サムエルは彼に言った。「主はこれらの者をお選びにならない。」サムエルはエッサイに尋ねた。「あなたの息子はこれだけですか。」「末の子が残っていますが、今、羊の番をしています」とエッサイが答えると、サムエルは言った。「人をやって、彼を連れて来させてください。その子がここに来ないうちは、食卓には着きません。」エッサイは人をやって、その子を連れて来させた。彼は血色が良く、目は美しく、姿も立派であった。主は言われた。「立って彼に油を注ぎなさい。これがその人だ。」サムエルは油の入った角を取り出し、兄弟たちの中で彼に油を注いだ。その日以来、主の霊が激しくダビデに降るようになった。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・3・22より)

« 3月15日四旬節第3主日のミサ(ネット配信) | トップページ | 聖書と典礼(3月22日四旬節第4主日:使徒パウロのエフェソの教会への手紙) »