« 新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り | トップページ | 聖書と典礼(5月3日復活節第4主日:使徒ペトロの手紙) »

2020年4月30日 (木)

聖書と典礼(5月3日復活節第4主日:使徒たちの宣教)

使徒たちの宣教(使徒言行録2・14a,36-41)
〔五旬祭の日、〕ペトロは十一人と共に立って、声を張り上げ、話した。「イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです。」人々はこれを聞いて大いに心を打たれ、ペトロとほかの使徒たちに、「兄弟たち、わたしたちはどうしたらよいのですか」と言った。
すると、ペトロは彼らに言った。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。この約束は、あなたがたにも、あなたがたの子供にも、遠くにいるすべての人にも、つまり、わたしたちの神である主が招いてくださる者ならだれにでも、与えられているものなのです。」ペトロは、このほかにもいろいろ話をして、力強く証しをし、「邪悪なこの時代から救われなさい」と勧めていた。ペトロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・5・3より)

« 新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り | トップページ | 聖書と典礼(5月3日復活節第4主日:使徒ペトロの手紙) »