« 聖書と典礼(5月24日主の昇天:使徒たちの宣教) | トップページ | 聖書と典礼(5月24日主の昇天:マタイによる福音) »

2020年5月21日 (木)

聖書と典礼(5月24日主の昇天:使徒パウロのエフェソの教会への手紙)

使徒パウロのエフェソの教会への手紙(エフェソ1・17-23)
〔皆さん、〕どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の源である御父が、あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、神を深く知ることができるようにし、心の目を開いてくださるように。そして、神の招きによってどのような希望が与えられているか、聖なる者たちの受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているか悟らせてくださるように。また、わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように。神は、この力をキリストに働かせて、キリストを死者の中から復活させ、天において御自分の右の座に着かせ、すべての支配、権威、勢力、主権の上に置き、今の世ばかりでなく、来るべき世にも唱えられるあらゆる名の上に置かれました。神はまた、すべてのものをキリストの足もとに従わせ、キリストをすべてのものの上にある頭として教会にお与えになりました。教会はキリストの体であり、すべてにおいてすべてを満たしている方の満ちておられる場です。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・5・24より)

« 聖書と典礼(5月24日主の昇天:使徒たちの宣教) | トップページ | 聖書と典礼(5月24日主の昇天:マタイによる福音) »