« 聖書と典礼(5月3日復活節第4主日:使徒たちの宣教) | トップページ | 聖母月ロザリオの祈り(5月3日大阪教区ネット配信) »

2020年5月 1日 (金)

聖書と典礼(5月3日復活節第4主日:使徒ペトロの手紙)

使徒ペトロの手紙(一ペトロ2・20b-25)
〔愛する皆さん、〕善を行って苦しみを受け、それを耐え忍ぶなら、これこそ神の御心に適うことです。あなたがたが召されたのはこのためです。というのは、キリストもあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に続くようにと、模範を残されたからです。
「この方は、罪を犯したことがなく、その口には偽りがなかった。」ののしられてもののしり返さず、苦しめられても人を脅さず、正しくお裁きになる方にお任せになりました。そして、十字架にかかって、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。わたしたちが、罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです。そのお受けになった傷によって、あなたがたはいやされました。あなたがたは羊のようにさまよっていましたが、今は、魂の牧者であり、監督者である方のところへ戻って来たのです。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・5・3より)

« 聖書と典礼(5月3日復活節第4主日:使徒たちの宣教) | トップページ | 聖母月ロザリオの祈り(5月3日大阪教区ネット配信) »