« 5月3日復活節第4主日のミサ(名古屋教区ネット配信) | トップページ | 第7次新型コロナウイルス感染症にともなう措置(大阪教区) »

2020年5月 6日 (水)

聖書と典礼(5月10日復活節第5主日:使徒たちの宣教)

使徒たちの宣教(使徒言行録6・1-7)
 そのころ、弟子の数が増えてきて、ギリシア語を話すユダヤ人から、ヘブライ語を話すユダヤ人に対して苦情が出た。それは、日々の分配のことで、仲間のやもめたちが軽んじられていたからである。そこで、十二人は弟子をすべて呼び集めて言った。「わたしたちが、神の言葉をないがしろにして、食事の世話をするのは好ましくない。それで、兄弟たち、あなたがたの中から、“霊”と知恵に満ちた評判の良い人を七人選びなさい。彼らにその仕事を任せよう。わたしたちは、祈りと御言葉の奉仕に専念することにします。」一同はこの提案に賛成し、信仰と聖霊に満ちている人ステファノと、ほかにフィリポ、プロコロ、ニカノル、ティモン、パルメナ、アンティオキア出身の改宗者ニコラオを選んで、使徒たちの前に立たせた。使徒たちは、祈って彼らの上に手を置いた。
 こうして、神の言葉はますます広まり、弟子の数はエルサレムで非常に増えていき、祭司も大勢この信仰に入った。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・5・10より)

« 5月3日復活節第4主日のミサ(名古屋教区ネット配信) | トップページ | 第7次新型コロナウイルス感染症にともなう措置(大阪教区) »