« 第7次新型コロナウイルス感染症にともなう措置(大阪教区) | トップページ | 聖書と典礼(5月10日復活節第5主日:ヨハネによる福音) »

2020年5月 7日 (木)

聖書と典礼(5月10日復活節第5主日:使徒ペトロの手紙)

使徒ペトロの手紙(一ペトロ2・4-9)
〔愛する皆さん、〕主のもとに来なさい。主は、人々からは見捨てられたのですが、神にとっては選ばれた、尊い、生きた石なのです。あなたがた自身も生きた石として用いられ、霊的な家に造り上げられるようにしなさい。そして聖なる祭司となって神に喜ばれる霊的ないけにえを、イエス・キリストを通して献げなさい。聖書にこう書いてあるからです。
「見よ、わたしは、選ばれた尊いかなめ石を、シオンに置く。
これを信じる者は、決して失望することはない。」
従って、この石は、信じているあなたがたには掛けがえのないものですが、信じない者たちにとっては、
「家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった」
のであり、また、
「つまずきの石、妨げの岩」
なのです。彼らは御言葉を信じないのでつまずくのですが、実は、そうなるように以前から定められているのです。しかし、あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・5・10より)

« 第7次新型コロナウイルス感染症にともなう措置(大阪教区) | トップページ | 聖書と典礼(5月10日復活節第5主日:ヨハネによる福音) »