« 5月24日主の昇天(名古屋教区ネット配信) | トップページ | 聖書と典礼(5月31日聖霊降臨の主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙) »

2020年5月27日 (水)

聖書と典礼(5月31日聖霊降臨の主日:使徒たちの宣教)

使徒たちの宣教(使徒言行録2・1-11)
 五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。
 さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・5・31より)

« 5月24日主の昇天(名古屋教区ネット配信) | トップページ | 聖書と典礼(5月31日聖霊降臨の主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙) »