« カトリック新聞:今週の記事1本 | トップページ | 聖書と典礼(6月28日年間第13主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) »

2020年6月24日 (水)

聖書と典礼(6月28日年間第13主日:列王記)

列王記(列王記下4・8-11,14-16a)

 ある日、エリシャはシュネムに行った。そこに一人の裕福な婦人がいて、彼を引き止め、食事を勧めた。以来彼はそこを通るたびに、立ち寄って食事をするようになった。彼女は夫に言った。「いつもわたしたちのところにおいでになるあの方は、聖なる神の人であることが分かりました。
 あの方のために階上に壁で囲った小さな部屋を造り、寝台と机と椅子と燭台を備えましょう。おいでのときはそこに入っていただけます。」ある日、エリシャはそこに来て、その階上の部屋に入って横にな〔った。〕エリシャは、「彼女のために何をすればよいのだろうか」と言うので、ゲハジは、「彼女には子供がなく、夫は年を取っています」と答えた。そこでエリシャは彼女を呼ぶように命じた。ゲハジが呼びに行ったので、彼女は来て入り口に立った。エリシャは、「来年の今ごろ、あなたは男の子を抱いている」と告げた。

オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・6・28より)

« カトリック新聞:今週の記事1本 | トップページ | 聖書と典礼(6月28日年間第13主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) »