« 聖書と典礼(6月28日年間第13主日:列王記) | トップページ | 聖書と典礼(6月28日年間第13主日:マタイによる福音) »

2020年6月25日 (木)

聖書と典礼(6月28日年間第13主日:使徒パウロのローマの教会への手紙)

使徒パウロのローマの教会への手紙(ローマ6・3-4,8-11)

〔皆さん、〕あなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたちが皆、またその死にあずかるために洗礼を受けたことを。わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きることにもなると信じます。そして、死者の中から復活させられたキリストはもはや死ぬことがない、と知っています。死は、もはやキリストを支配しません。キリストが死なれたのは、ただ一度罪に対して死なれたのであり、生きておられるのは、神に対して生きておられるのです。このように、あなたがたも自分は罪に対して死んでいるが、キリスト・イエスに結ばれて、神に対して生きているのだと考えなさい。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・6・28より)

« 聖書と典礼(6月28日年間第13主日:列王記) | トップページ | 聖書と典礼(6月28日年間第13主日:マタイによる福音) »