« 聖書と典礼(8月2日年間第18主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) | トップページ | 8月2日年間第18主日のミサ(東京ネット配信) »

2020年7月30日 (木)

聖書と典礼(8月2日年間第18主日:マタイによる福音)

マタイによる福音(マタイ14・13-21)

イエスは〔洗礼者ヨハネが死んだこと〕を聞くと、舟に乗ってそこを去り、ひとり人里離れた所に退かれた。しかし、群衆はそのことを聞き、方々の町から歩いて後を追った。イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て深く憐れみ、その中の病人をいやされた。夕暮れになったので、弟子たちがイエスのそばに来て言った。「ここは人里離れた所で、もう時間もたちました。群衆を解散させてください。そうすれば、自分で村へ食べ物を買いに行くでしょう。」イエスは言われた。「行かせることはない。あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。」弟子たちは言った。「ここにはパン五つと魚二匹しかありません。」イエスは、「それをここに持って来なさい」と言い、群衆には草の上に座るようにお命じになった。そして、五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて弟子たちにお渡しになった。弟子たちはそのパンを群衆に与えた。すべての人が食べて満腹した。そして、残ったパンの屑を集めると、十二の籠いっぱいになった。食べた人は、女と子供を別にして、男が五千人ほどであった。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」202082より

« 聖書と典礼(8月2日年間第18主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) | トップページ | 8月2日年間第18主日のミサ(東京ネット配信) »